[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
日本史関係情報掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



1301.古事記小事典の転載と批評  
名前:西田英樹    日付:2013/09/06(金) 10:06
>「日本書紀」を原本に忠実に現代語訳なさった山田宗睦さんによると、どうも倭国史が基礎本だったのが濃厚だそうだ。
日本国成立以前に倭〔俀国*1〕という国があり、すでに史書が存在した。
それを『古事記』や『日本紀』のもとになったと1989年以降総論で論じている。*2

つまり、記紀の神代の舞台は北九州である。

後に近畿日本が成立し、「人代」の舞台が近畿である。

後、日本を統一した政権の正当性を示すために倭〔俀〕国史書を捏造して『記紀』を編纂した。

その捏造を見破る方法があるという。

古事記と日本書紀の記事に整合の跡があるからそれを復元すればいいという。
古事記は国生み神話のなかで島の名を2様に表現。
例「津島(つしま)」を生みき、亦(また)の名をアマノサデヨリヒメと謂う。
「津島」は、7世紀末から8世紀初めの呼び名で、亦の名のアマノサデヨリヒメは、もっと古く『元本』の呼び名ではなかったかと推理した。
これをいくつかつなげると
アマノオシコロワケ(隠岐)→アマヒトツバシラ(壱岐)→アマノサデヨリヒメ(対馬)→アマノヒトツネ(姫島)→アマノオシオ(五島列島)→アマノフタヤ(沖ノ島)

これはいったい何を意味するか・・・。

邪馬タイ*国に渡った魏の使者のコースだとわかる。

沖ノ島。對馬、壱岐を経て筑紫にいたる経路を示している*ヤマイチとも
日本国は統一を果たした時点で、佐渡と大八州(おおやしま)を構成に加えたので、古事記国生み島々の配列を『元本』、と混雑錯綜して取り違えたというのだ。*3この推理の原動力に古田武彦氏の「盗まれた神話」がある。

つまり、魏誌を参考にしているかも知れないということ。ほかにもたくさんの書物から採用している。

『日本書紀』を見ますと、文章を修飾するために当時の中国の受験参考書が利用されている。
官吏になるための受験勉強を中国人がする際の参考 書ですが、『芸文類聚』のような、類書と呼ばれる参考 書で,できていまして、そこにはテーマ別に分類した古来の名文が乗っているんですね。
それを『日本書記』の古いところは片っ端から引いているんですね。*


「1301.古事記小事典の転載と批評」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb