[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
激動する現代 戦争と平和

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
 



12849.「新しい日中関係を考える研究者の会」の声明文  
名前:伊豆利彦転載    日付:2014/01/15(水) 13:09
朝日 2013年10月23日00時29分
 排他的なナショナリズムを越えて

「新しい日中関係を考える研究者の会」は訴える

 私たちは、昨年9月の尖閣諸島(中国名・釣魚島)をめぐる衝突をきっかけとして深まった日本と中国の対立に強い懸念を抱いています。対立の緩和と関係の再構築に力を尽くしたいと考え、志を同じくする呼びかけ人が、2013年7月、「新しい日中関係を考える研究者の会」を発足させようと集まりました。

 1972年、国際環境が大転換する中で、日本と中国の国交が正常化しました。しかし、きわめて遺憾なことですが、40年たった今、日本と中国は、政府間でも世論のレベルでも強い緊張の状態に入ってしまいました。東シナ海(中国名・東海)では、両国の漁船や巡視船の衝突が突発的に起こりうる、そして軍事衝突さえ起こりうる危険な状況が続いています。東アジアの平和と発展の鍵を握る両国の間で、小さな島を巡る争いで軍事衝突が起こるなど、白昼の悪夢以外のなにものでもありません。こうした状況から脱し、事態を緩和させるために、私たちは、両国の政府、関係機関、教育・研究者、国民の皆さんに次の点を訴えたいと思います。

以下全文
http://digital.asahi.com/articles/TKY201310220238.html?iref=comkiji_redirect
ntkngw576002.kngw.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp (116.82.51.2)


「12849.「新しい日中関係を考える研究者の会」の声明文」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb