[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
〈短説の会〉掲示板
〈短説の会〉掲示板−−短説作品のご感想、公式サイトへのご意見、各座会の事務連絡、近況報告等、お気軽にご利用下さい。−−

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



79.インターネット版『短説百葉集』完成!  
名前:WEB版『短説』編集長    日付:2007/04/03(火) 23:04
 この度、短説の会・公式サイトに掲載している(つまり、インターネット上に公開されている)作品が、芦原修二作品を別枠として、ちょうど一〇〇作になりました。
 平成一五年の六月、すだとしお同人が短説『百葉』を編纂しました。公式サイトはその同じ月に西山が立ち上げたものですが、それから三年一〇か月、ここにWEB版『百葉』が完成したという次第です。
 すだ版は、短説の歴史を俯瞰するという側面もあり、最初期のものから、単行本時代の『年鑑』を彩った招待作や、ゲスト参加なども多く含まれています。
 対してネット版は、現役作家を中心に組まれているのが特徴です。もちろん短説の歴史を踏まえ、すでに短説から離れている作家についても、外せない作家やすだ版未収録でこれはと思うものは収録していますが、一作家一作品に限りました。
 また、翻訳版があるものを優先的に掲載しましたので、大井正博氏によりフランス語に訳された作品は、原作・翻訳ともに網羅されています。
 二つの『百葉』に収録された作家は、すだ版六七名、ネット版七〇名、重複を除き、別名を一人と数え、合計八五作家にのぼります。いよいよ「百人一短説」も夢ではなくなってきました。総収録作品は、重複を除き別枠の芦原作品を含め一七五作。
 以下、発表年代順にネット版『百葉』の一覧を掲げます。(これをご覧の方は上の「ホームページ」をクリック)。洩れているからといってがっかりしないでください。ここ最近の会員の中にも注目されるべき作家が何人かいますが、現時点では収録し得ませんでした。
 しかし、公開形式を見直すため、しばらくサイト本編での更新はストップしますが、これ以外の過去の秀作や最近会員になられた方の作品は、引き続きブログ版のほうでアップしていく予定です。
 なお、芦原作品は八作公開されていますので、合計一〇八。すなわち、いわゆる煩悩の数と言われている数だけあり、「百葉集」というより「短説煩悩集」といったほうがいいかもしれません。
                (平成一九年四月一日・西山正義)
http://tansetsu.at.infoseek.co.jp/

「79.インターネット版『短説百葉集』完成!」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb