[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



35951.息子と滑川渓谷&石鎚へ  
名前:弁天山    日付:2022年05月03日(火) 23時22分
Original Size: 1024 x 727, 163KB Original Size: 1024 x 768, 164KB Original Size: 1024 x 762, 165KB

@滑川渓谷 前の滝にて 水量はやや少なめか
A2010年 息子が小6の時の前の滝
B滑川の代名詞の大ナメ


エントツ山さん、こんばんは。

この連休に久々に北九州で学生の息子が帰省してきたので、何年振りかに一緒に山や川に行くことに。
まず1日は息子が小学6年以来となる東温市の滑川渓谷で沢歩き。

水量は少な目でしたが、息子には10数年ぶりの沢遊びで、結構楽しんでもらったようです。
今や身長180p超で手足も長いので、私より楽に小滝や岩も乗り越えられますね。

息子が話すに、昔は山や川に連れられて行っても、早く家に帰ってゲームがしたいので早く終わらないかとばかり考えていたとのこと。
でも、今となっては懐かしい思い出のようで、当日もこの滝やあの小淵はこうだったとか意外と記憶に残っているようで驚きました。



35952.Re: 息子と滑川渓谷&石鎚へ
名前:弁天山    日付:2022年05月03日(火) 23時25分
Original Size: 1024 x 734, 165KB Original Size: 1024 x 763, 165KB Original Size: 1024 x 719, 165KB

C奥の滝にて 一般行楽客はここまで
D奥の滝の手前ではコスプレイヤー達が何時間も撮影をしていた
 風邪ひかなかったかな?
E捲道を登って奥の滝の落口へ 落ちるなよ



35953.Re: 息子と滑川渓谷&石鎚へ
名前:弁天山    日付:2022年05月03日(火) 23時28分
Original Size: 717 x 1024, 162KB Original Size: 790 x 1024, 165KB Original Size: 682 x 1024, 165KB

F奥の分岐の右にあるナメ滝を登る 手足が長いので余裕
Gその奥にある滝で引き返す
H帰りにナメ滝で懸垂下降の練習を



35954.Re: 息子と滑川渓谷&石鎚へ
名前:弁天山    日付:2022年05月03日(火) 23時31分
Original Size: 740 x 1024, 164KB Original Size: 1024 x 758, 165KB Original Size: 753 x 1024, 163KB

I帰路、奥の分岐の左にある滝にも寄ってみる
J翌2日は石鎚へ 登山道沿いにアケボノが咲いている
K鎖を余裕で嬉しそうに登るなあ



35955.Re: 息子と滑川渓谷&石鎚へ
名前:弁天山    日付:2022年05月03日(火) 23時37分
Original Size: 1024 x 767, 164KB Original Size: 1024 x 768, 160KB Original Size: 1024 x 714, 164KB

L天狗が見える 通常逆光気味で顔が暗くなるが、
 息子のiPhoneのカメラで撮れば写真がきれいに写る
M天狗山頂にて
N2009年 息子小5の時に職場の同僚と行った際の写真


翌2日は前日の疲れもないとのことで、一緒に手軽な石鎚に行ってみることに。
息子にとっては中学校の行事で登って以来のこと。
駐車場に着くと、県外ナンバーの車も多かったですね。

私は東陵コースを誘ったのですが、息子はどうしても鎖を登ってみたいと言うので、そちらへ。
きつかったけど、やはり鎖道は登り甲斐がありますね。
さていつまでこれを登れるのか?

天狗岳の後、久々に南尖峰にも寄ったので、ついでに東陵コースで下山しました。
ここを5年ぶりに歩きましたが、以前にも増して道が明確になっているような。

こんなに傾斜が急だったのか?転がるように下りました。私は5年前でも記憶が定かでない…
このコース初めての息子はこれが登りだったら絶対歩きたくない、下山で良かったと言っておりました。

まあ何とか無事下山しましたが、二日間お付き合いいただいた息子には感謝ということで。



35956.Re: 息子と滑川渓谷&石鎚へ
名前:弁天山    日付:2022年05月03日(火) 23時39分
Original Size: 1024 x 737, 161KB Original Size: 715 x 1024, 165KB Original Size: 712 x 1024, 165KB

O南尖峰にて 年甲斐もなく岩にしがみつく
P東陵コースを下る 見上げると天狗岳が
Q南尖峰のギザギザには見覚えが…



35961.Re: 息子と滑川渓谷&石鎚へ
名前:エントツ山    日付:2022年05月04日(水) 21時31分
Original Size: 600 x 900, 162KB Original Size: 600 x 900, 165KB Original Size: 600 x 900, 162KB

遠登志(おとし)橋から本谷川  本谷川へ落ちる滝(東平付近) 東平分岐の橋(ペルトン橋)から本谷川上流 

弁天山さん  今晩は

子供達もあっと言う間に成長しますねぇ
小さかった子供がデカくなって沢でも山でも引けを取らなくなって嬉しいですね
家でゲーム三昧の子供であるよりは外に連れ出して正解でしたわ

これで彼女が山ガールだったりしたらもう言う事ありませんがな
素直に沢や山に付き合ってくれる息子さんを持って羨ましい限りです

こちらは鹿森ダムから遠登志(おとし)橋を渡り東平への旧道(?)を歩いて来ました

下流では国領川と言う名前ですが、山根運動公園辺りから足谷川と名前が変わります

更に上流では小女郎川となります
鹿森ダム付近から分かれて東平への支流は地形図に小女郎川と記されておりますが、実際はこちらが本谷川とか
足谷川(悪しき谷川=銅の鉱毒で魚が居なくなっていた)と呼ばれていたらしいです

鹿森ダムに下山すると男の人が立っており(立川出身)しきりに川の名前が間違っている事を説明してくれました
歳の頃からして同級生だったかも知れません

この東平への本谷川はV字渓谷で遡行が難しい谷として知られています
上から眺めても厳しい地形の間を急流が続いていました

やはり遡行はナメ沢が良いですね

エントツ山



「35951.息子と滑川渓谷&石鎚へ」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb