[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



35472.冬靴談義  
名前:エントツ山    日付:2021年12月18日(土) 18時49分
Original Size: 900 x 506, 143KB Original Size: 900 x 507, 145KB Original Size: 506 x 900, 146KB

黒河ジュニアさんのスポルティバ  マーシーさんのローバー 同じくのーちゃんのローバー(新型)

急に雪山の様相となり、犬返し仲間の黒河ジュニアさんが今日から冬靴を履いて雪の西赤石へ出かけたと言う

ジュニアさんの冬靴はスポルティバ トランゴタワー エクストリーム 片足 745g やはり最近の冬靴は軽くなっている

のーちゃんの冬靴は ローバー マウンティン エキスパートの新型で片足880g

対するマーシーさんの同じローバー マウンティン エキスパートの旧型は片足 1200gもあるらしい

10年程前までは冬靴といえば片足 1200g位が常識で確かに保温材が入って暖かいが重たい!
これにアイゼンかスノーシューを履くのだから雪山は太腿や脚の筋肉への負担は相当なもんだった

それに冬靴はスキーのプラブーツ程ではないにしても硬くて歩き難い

アルプスの冬山で何日も歩く訳ではないのだから夏山登山靴同様に冬靴も軽量化されているようです

エントツ山



35473.Re: 冬靴談義
名前:エントツ山    日付:2021年12月18日(土) 19時01分
Original Size: 900 x 675, 150KB

エントツ山の冬靴 ガルモントとノースフェース

ちなみに私も昔、バーゲンでガルモントの冬靴を初めて買いました
これで雪の伊予富士〜鷹ノ巣山を歩いたりしていましたが、なにせ重い

このガルモント マウントガイドも片足 1,150gだからマーシーさんのとほぼ同じ重さ

で、数年前にノースフェースのヴェルト S6Kグレイシアという靴に変えました これは片足 850gだから少し軽い

四国の冬山では片足1kgを越える様な頑丈な冬靴はオーバースペック扱いになりつつあります
登山靴、特に冬靴は高価なのでなるべく軽い物を買う方が長く使えそうです

アイゼンでさえ、ここ数年はチェーンスパイクで事足りております

山歩きを長く続けるには道具は「軽い」に越したことはなさそうです

エントツ山



「35472.冬靴談義」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb