[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



35358.鬼が城山系縦走+沢登りで高月山へ  
名前:弁天山    日付:2021年11月08日(月) 22時50分
Original Size: 1024 x 712, 161KB Original Size: 1024 x 678, 162KB Original Size: 1024 x 709, 163KB

@11/6の経路
A鬼が城山頂にて ここまでの30分弱が一番きつかったとのこと
B大久保山に向かう途中で見える権現山と宇和海

エントツ山さん、こんばんは。
四国を離れ、本州へ遠征中のようですね。

先週末は宇和島にいたので、6日の土曜は職場の若者3人を誘って、紅葉狩りに鬼が城から三本杭までお手軽縦走をしました。
スタートの鹿のコルは標高約1000mで、スーパー林道を車で上がれば市街から40分程度。
新居浜市街から別子に上がる感覚に似ています。(道は狭いけど)

ここからは、多少のアップダウンがありますが、標高差も少なく、鬼が城→大久保山→八面山→三本杭と4つもの山頂を踏める、初心者に最適のコースです。
若者のうち2人は全くの初心者でしたが、それでも全然余裕の2時間半くらいでゴールの三本杭(標高1226m)まで行けました。

山頂では日本300名山登頂を目指す3組の方と話をしましたが、いずれも本州からの万年橋から登ってきた方々でした。
コロナ感染が落ち着いているので、四国外からの登山者が増えていますね。
皆さん登山道が寸断されるなど荒れていて道に迷ったとか、何か所も渡渉する必要があるため、4時間以上もかかって大変だったとか言われてました。

帰りには黒尊川の源流部にも寄ってみました。来年はここを遡行してみたいですね。
実は11/3の文化の日にマウンテンバイクで四万十川の沿道を走ってみたのですが、滑床から流れ出る目黒川及びその南隣から流れ出る黒尊川と四万十川との合流点を見てきました。
水量は目黒川の方が多く、黒尊川に至っては最後の合流点手前で覆水して流れが消えてました。

天気は良いとの予報でしたが、ずっと薄曇りで風があると少々寒かったです。
肝心の紅葉は既に落葉しているものが多く、終盤ではありました、何とか間に合いました。
ちょうど1週間前くらいがベストだったかもしれませんが、参加した若者も満足してくれました。



35359.Re: 鬼が城山系縦走+沢登りで高月山へ
名前:弁天山    日付:2021年11月08日(月) 22時52分
Original Size: 1024 x 714, 160KB Original Size: 1024 x 674, 164KB Original Size: 1024 x 682, 164KB

C大久保山山頂にて 眺望よし
D紅葉は最終盤 いくつか紅葉も残っていた
E雰囲気のいい落ち葉の絨毯の吊尾根歩き



35360.Re: 鬼が城山系縦走+沢登りで高月山へ
名前:弁天山    日付:2021年11月08日(月) 22時55分
Original Size: 1024 x 725, 163KB Original Size: 1024 x 734, 163KB Original Size: 1024 x 730, 164KB

F三本杭山頂にて バックは高月山
 ここに来るたびに全滅して移植した笹が育っているのが分かる
G帰路、黒尊川の源流部に向かう ここの雰囲気が一番良かった
H黒尊川の源流部にて わずかに流れがあった



35361.Re: 鬼が城山系縦走+沢登りで高月山へ
名前:弁天山    日付:2021年11月08日(月) 23時06分
Original Size: 1024 x 689, 164KB Original Size: 698 x 1024, 164KB Original Size: 1024 x 699, 164KB

I11/7日曜の行程図
J1時間ほど林道を歩くと、見覚えのある三ノ滑に到着 林道の下にナメ滝がある
 向かいにはどっしりと三本杭の姿が
K200m下の三ノ滑の入口 下から上までナメだらけの沢(写真は今年の夏のもの)


翌7日の日曜、朝目覚めると天気予報と違って晴天の青空。
当初、休養日の予定でしたが、こんな秋の晴天の日にどこにも行かないのは、もったいなさ過ぎる。
ということで、前日同様に鹿のコルまで車で上がって、来年の沢登りの下見として滑床支流の上部がどうなっているか林道を歩いてみることに。

1時間ほど林道を下ると、見覚えある場所に到着。
7年前に単独遡行した滑床支流の「三ノ滑」と林道との交点でした。
三ノ滑はこの支流自体がナメ滝のような傾斜の急なナメ沢で、この入口から標高差200m以上遡行すればこの林道にぶつかります。
7年前はこの林道を下って、万年橋まで下山したのを、思い出しました。

最近雨が降ってないので、水の流れは非常に少なく、林道から見えている砂防堰堤の先がどうなっているか偵察するため少し登る。
砂防堰堤を越えると、びっくり!何と、岩の露出した水のない枯れ沢が稜線近くまで高く伸びているではないですか!

なんとか登れそうなので、急遽予定変更し、標高差約100mの枯れ沢登りに挑戦してみることに。
ほとんど崖登りのような感じで高度感やスリルがありましたが、足場もあって楽しく登れました。
ただ、ここの岩の全てにびっしりカラカラに乾いた苔が付いており、たまたまこの日は登れましたが、もし雨が降った後ならズルズル滑って危なく、とても登れなかったもの思われます。

稜線まで標高差約20mを残して岩の露出が終わり、その先は密生したシャクナゲ地獄が待ち受ける。
わずか20mではありましたが、密度が濃くてなかなか進めず、ヘトヘトになって稜線の登山道に合流できました。

せっかく稜線に出て、登山道もはっきりしているので、12年ぶりに高月山にも登ってみることに。
山頂の展望は今一でしたが、一方向だけ開けた箇所から宇和島の市街や港・九島が望めました。
この山頂から、未踏の東高月山へ向かう道もあったので、次の機会に行ってみたいと思っています。

沢靴は履いていませんでしたが、思いがけず(枯)沢登りができ、満足な山行となりました。



35362.Re: 鬼が城山系縦走+沢登りで高月山へ
名前:弁天山    日付:2021年11月08日(月) 23時09分
Original Size: 1024 x 807, 164KB Original Size: 1024 x 761, 164KB Original Size: 1024 x 761, 165KB

L林道から砂防堰堤が見えるので、偵察に行ってみる
M何と!堰堤の上は稜線近くまで岩の露出した枯沢が続いている
N枯沢は急斜面だが足場があって何とか登れた
 しかし、ひとたび雨が降れば苔で滑って登れないと思われる



35363.Re: 鬼が城山系縦走+沢登りで高月山へ
名前:弁天山    日付:2021年11月08日(月) 23時14分
Original Size: 744 x 1024, 165KB Original Size: 1024 x 682, 163KB Original Size: 1024 x 698, 153KB

O岩の露出が終わる源流点の先のシャクナゲ地獄を抜けて登山道に
 樹間から高月山が見える
P12年ぶりの高月山山頂にて
Q山頂から唯一の展望 宇和島の街や港、九島が見える



35371.Re: 鬼が城山系縦走+沢登りで高月山へ
名前:エントツ山    日付:2021年11月10日(水) 19時50分
Original Size: 1108 x 1477, 370KB

弁天山さん 今晩は

相変わらず週末は精力的にアウトドア活動されていますね 
後輩に山の良さを伝えて行く事が四国の山好きの裾野を広げていく効率的な活動です

楽しく頑張って下さい

こちらは気楽な車中泊の旅をしています
今日は日光男体山に登ってから華厳の滝を覗いて来ました

エントツ山



「35358.鬼が城山系縦走+沢登りで高月山へ」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb