[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



35201.奥秩父の僻地で同類に遭遇しました。  
名前:六甲山のキセキ    日付:2021年10月05日(火) 21時11分
Original Size: 711 x 684, 406KB

エントツ山さん、こんばんわ。
六甲山のキセキです。

3回も剱岳を踏まれたとは、うらやましい限りです。
小窓方面、そんなに厳しいルートがあるのですね。
僕には無理です。というかザイルやヘルメットが必要な登山はちと無理です。

週末は、奥秩父の和名倉山(200名山)をメインに攻めてきましたよ。
そうしていたら夕暮れ迫る山頂手前で単独の外国人に出会いました。
この方も、ビバーグを前提に山登りをしていてビバーグ地もほぼ同じでしたー

その方と水場への径、「ヤマゴヤハタカイ、セマイ、キライデス」などと話してきましたので、同感の意思を告げました。とても短い時間でしたが、こんな人里離れたマニアックな山奥で同類に逢えたのでルンルンでしたし、その晩の雷雨もスヤスヤと寝ることが出来ましたよ。

そうそう、その方にビバーグと言っても全然通じなかった。たぶん発音が全然違ったのでしょう。エントツ山さん、不意に同類に会えたら、この上なくうれしかったです。

それではー



35202.Re: 奥秩父の僻地で同類に遭遇しました。
名前:六甲山のキセキ    日付:2021年10月05日(火) 21時18分
Original Size: 580 x 386, 82KB Original Size: 580 x 386, 81KB Original Size: 580 x 386, 65KB

写真UPします。

@和名倉山(200名山)日帰りは厳しい山です。
A理想的なところでビバーグ(外国人さんは、少し上のところでビバーグ)
B翌日は笹原尾根が永遠と続いた。



35205.Re: 奥秩父の僻地で同類に遭遇しました。
名前:エントツ山    日付:2021年10月06日(水) 09時32分
Original Size: 900 x 600, 165KB Original Size: 900 x 600, 162KB Original Size: 900 x 675, 161KB

剱岳・早月尾根の天然杉     剱岳・早月尾根のダケカンバ  後立山連峰を眺めながらビバーク


六甲山のキセキさん  お早うございます

奥秩父の和名倉山を歩かれてましたか
マイカーの方だと六甲のキセキさんと同じ登山口から和名倉山へ行って、東側の尾根伝いに大洞川へ下山して日帰り縦走されている人が多いですね

そちらの二日目は結構ロングですわ
首都圏から電車やバスを利用した週末2日間の山行は下調べと工夫が必要ですから計画の時点から楽しんでおられますね

雷雨に遭われたと言う事ですが、こちらも最終下山時に雷雨があり雹(ヒョウ)がバラバラヘルメットに当って音を立てていました

山で同類の人に会うとそりゃ嬉しいもんですわ (非常に稀ですけど・・・)
自由自在にビバークしながら歩くってスタイルは六甲山のキセキさんと私はまあ同類みたいなものでしょうか

外国人の登山者やバックパッカーって結構倹約ですから理解出来ます
今、北アルプスの山小屋料金は食事付きで12,000程しますから、その分 別な山行に資金を回したいのは私も同じ考えです

今回、1泊目の早月小屋でのテント泊は私以外に1名だけでした
その大阪から来たって言う登山者は重さセーブの為に火気類は一切持たず普段からカロリーメイトを大量に買い込んで食事はこれだけと言って見せてくれました

私もそんなに山食に拘る方ではありませんが、さすがにカロリーメイトだけって侘しいですよねえ

但し、今回はお湯を入れて作るモンベルのリゾッタなどがメインでしたので水が不足気味でスープも含めて沢山使わずに下山しましたわ

六甲のキセキさんのツェルトは活躍されてますね
私は軽さと風に強い点を重視してモンベルのモノフレームシェルター 650グラムを使いました
このシェルターは中央部が広いのでザックなどを収納出来るのですが、頭部と足分が細まっており寝心地はあまり良くありません

それにシングルウォールなので2度目に登り返した翌日は台風の影響で強風と雨でシェルター内で傘を差していました
その為、下山時も濡れ物でザックが13キロ程ありました

日帰り山行も良さがありますが、山に泊まる山行は色んなドラマがあって楽しいですね
知らない場所を歩いていて、何時だろうがビバーク適地があると何だか嬉しくなって泊りもしないのに写真に収めたりするクセが付いています

一人歩きのリスクを考えながらより一層安全な山歩きを心がけたい物だと今回つくづく思いました

追)本来はこの月曜日に糖尿病定期検査の予約でしたが、山から電話して金曜日に延期して貰いました
内蔵脂肪率は登山前 8〜8.5でしたのが、帰宅後 3.5になっておりました
現在体調を戻す為に食べまくっております

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



「35201.奥秩父の僻地で同類に遭遇しました。」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb