[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



35089.コロナ禍での遠征 その3 恵那山(えなさん)  
名前:エントツ山    日付:2021年08月30日(月) 07時02分
Original Size: 786 x 1024, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 600, 162KB

恵那山登山GPSログ図  阿智パーキングエリアにてテント泊 ガ〜〜ン 登山口への林道が通行止め??

遠征3座目はいつも長〜〜い恵那山トンネルを通る度に「次についでに登ろう・・・」と何度もすっぽかして来た興味の余り湧かない恵那山でした

最初から「帰りに絶対寄ろう」との決意でこの今一つ魅力に欠ける日本百名山を目指しました

登山口への林道入り口が夜間走行で見つける自信が無かったので阿智パーキングエリアに入ってテント泊を試みる事に・・・

所が、この阿智パーキングエリアの駐車場がほぼトラックで占領されており普通車のスペースすらありません
(普通車のスペース6台分にトラックが横付けされている)

3台分程残されていた普通車駐車場に何とか入れて草地にテントを張る
トラックのエンジン音とコオロギの鳴く音で中々厳しい夜でした

未明に中津川インターを降りて右往左往しながら何とか登山口「神坂峠」(みさかとうげ)への林道へ07時頃入る
するといきなりの林道工事の為通行止めとなってコーンとバーが置かれているではあ〜りませんか

この山は南側にも登山口があるのですが、林道崩壊の為に通行止めとなっている事を事前にネットで調べていたので「神坂峠」登山口しか選択の余地は無かったのに・・・

ここまで来たのに諦めたらもう2度と来れないかも・・・と嫌がるエントツ山2号を追い立てて林道歩きをする事に

所が、先の二又で直進方向の林道が崩壊修理工事をしているが、神坂峠方面へは通れる状態だった
そこで車まで引き返して通れる所まで行く事にする

途中で「強清水」という水場(飲料不可)と風穴がある場所に「登山口」の標識が立っている
ここに車を留めて登山道を歩くが、林道を何度も交差して神坂峠方面へ続いている
又、私が車まで引き返して途中でE2号を拾い神坂峠まで車で入った
結局この通行止め騒動の為にスタートが2時間ロスとなった

やっぱり恵那山をどうも好きになれなかった予感が的中した

エントツ山


 
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-9g-kumonodaira-1st.html



35090.Re: コロナ禍での遠征 その3 恵那山(えなさん)
名前:エントツ山    日付:2021年08月30日(月) 07時32分
Original Size: 900 x 600, 164KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 600, 163KB

神坂峠登山口(既に相当疲れた) え〜〜あんなに遠いんか〜〜(千両山) 大判山から恵那山(まだまだ遠い〜)

恵那山の語源は胞衣(えな)=胎盤の事でイザナギとイザナミが天照大神を産んだときにその胞衣(えな)を納めたという伝説から来ているらしい

登山口の神坂峠は東山道(中山道)の難所であり行き倒れや盗賊が出没するヤバい場所だったらしく、中山道自体がここを避けるルートに変更されてからは人の往来が減ったと言われている

神坂峠から恵那山の高低差は620m程で楽勝の尾根歩きと思っていたのだが、この木曽川と天竜川の分水嶺は幾ら歩いても恵那山が近づかない

千両山に大判山、景気が良さそうなピーク名だがそんなに花も無い単調な歩きが続くし、暑い〜〜

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-9g-kumonodaira-1st.html



35091.Re: コロナ禍での遠征 その3 恵那山(えなさん)
名前:エントツ山    日付:2021年08月30日(月) 07時58分
Original Size: 900 x 600, 164KB Original Size: 900 x 600, 165KB Original Size: 675 x 900, 165KB

ウバナギとか天狗ナギとか北側に崩壊地がある 5時間かかって肩分岐に着く 更に30分かけて恵那山最高点到達〜

大判山を過ぎて天狗ナギ辺りから標高差を詰める急傾斜となる
特に恵那山の右肩、川上道分岐までが急登で登山の雰囲気を味わえた

この分岐からウナギの寝床みたいな尾根を奥へ奥へと進み、左手にE2号が恵那山最高点の標識を発見し記念撮影する

と言ってもこの最高点の標高が2,191m
先の三角点標高が2,190.28mだからたった72センチ高い場所だ

エントツ山2号はこの最高点踏破で満足して先の三角点へは行かないと言って下の避難小屋付近で座って動かない
(どうも三角点だけがあると思っていたらしい)

この恵那山三角点には恵那山神社奥宮(小さな祠だた)と展望台、山頂標識があった
(展望台は周りの樹が伸びて展望が無かった)

恵那山最高点の標識さえ見つけなかったならば正式の山頂へ行ってた筈だった

エントツ山
 
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-9g-kumonodaira-1st.html



35092.Re: コロナ禍での遠征 その3 恵那山(えなさん)
名前:エントツ山    日付:2021年08月30日(月) 09時20分
Original Size: 900 x 600, 164KB Original Size: 900 x 600, 164KB Original Size: 900 x 600, 138KB

一等三角点「恵那山」2,190.28m 展望の無い展望台から山頂標識を眺める 千両山から日没近くの恵那山にご挨拶

恵那山の山頂は広場になっており展望台があった
そのすぐ近くに一等三角点、北側に山頂標識が二つ立っている

避難小屋バイオトイレ近くに待機していたE2号と15時に下山開始
暗くなる前に下山しようと急かして3時間40分で日没直後の神坂峠に辿り着く

花としては四国でも見慣れているアキノキリンソウ、ホツツジ、ヒヨドリソウ、モミジガサ等で唯一シラタマノキだけが四国外に来た気分になる

ナビを新居浜駅にセットして暗い林道を小石でパンクしない様にゆっくり下り中津川インターから中央道に乗る
途中、エントツ山2号も利用している名神、多賀SAで200円コインシャワー(9分間お湯が出る)で汗を流し2〜3時間程仮眠の後、運転を交代しながら08時頃新居浜に着く

宿泊は赤岳展望荘の13,000円のみ、後はテント泊だったので高速代とガソリン代、少しの食糧代だけでエコな遠征となった

コロナ禍での遠征を決して皆様にお勧めする訳ではありません
ただ、何でも自粛、自粛と叫ぶだけでなく、私はこんな方法でコロナ感染のリスクを最小限に抑えて遠征したという一例をお見せ致しました

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-9g-kumonodaira-1st.html



35093.Re: コロナ禍での遠征 その3 恵那山(えなさん)
名前:高御位山    日付:2021年08月30日(月) 20時05分
Original Size: 724 x 1024, 92KB Original Size: 1024 x 724, 92KB

師匠とお兄さん、お帰りなさい。悪天候の為に八ヶ岳縦走が出来なくて
断念でしたね。主峰の赤岳からの硫黄尾根下降、私は積雪期しか経験あり
ませんが傾斜は相当な物でした。強風の中での下降大変だったでしょう。

 八ヶ岳は独立山群の為に強風で有名です。昔吉野満彦氏が冬季に遭難し
岳友が凍死、自身も命からがら救助され、両足指切断、5文足となり乍も
日本人初のマッターホツン北壁登攀で有名になった山です。山頂までのア
プローチが短い為に人気が有りますが、急峻で決して易しい山では有りません。

 恵那山、登られましたか。何故この山が100名山に選ばれたのか、不思議です。以前稲美山の会が山行計画を立てた時、私は反対し参加せず。菅さん、西川さんは参加して居ましたが深田100名山に惹かれたかもしれません。但しスキーを使って山頂を踏んだ事が有ります。

 師匠と兄上の感想は如何でしたか・・・
雨の日も良し、風の日も良し 山頭火では有りませんが山登りは春夏秋冬何時でも良しです。もう直ぐ秋ですね。涸沢の紅葉が待っていますよ。


1 11月の裏劒岳 小窓尾根、池の谷
2 小窓尾根 池の谷 三の窓 劒尾根 長次郎の頭 劒岳



35094.Re: コロナ禍での遠征 赤岳、蓼科山、恵那山
名前:エントツ山    日付:2021年08月30日(月) 19時56分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 675 x 900, 163KB Original Size: 600 x 600, 32KB

カミナモノポールテントにも慣れました やはり岩場は面白い レッドレンザーMH5

高御位山さん  今晩は

暑い日が続きますね
今日は庭の草引き、剪定、トマトの後始末など結構忙しくしておりました
それと山道具の防水処理や補修なども・・・

退職してからは山道具の後片づけがゆっくりと出来るので良いですねえ

ヘッドランプはレッドレンザーのMH5を使っています
このメーカーは28年程前にドイツで双子の兄弟が手持ち資金7万円で起こした懐中電灯のガレージメーカーでした

何が良いかって単三電池一本でとても広い範囲を照らす事が出来る優れものです (スペア電池1本で済む)
電池が少なくなるまで光量が落ちずに、少なくなると点滅サインが出て知らせてくれます

ヘッドランプはペツルとかマイルストーンとか有名ですが、ほとんど単四電池3本使用で面倒です

高御位山さんの時代には四角いナショナルの豆電球みたいな物だったと聞いております
LEDになってからは球が切れる事も無く明るくなりました

高御位山さんの時代には全ての道具、食糧が重くて相当体力が要ったと思います

そのレッドレンザーMH5がドイツ製だけあって質実剛健な作りの為に電池の入れ替え作業が硬くて少し面倒ではあります
今回の山行で無理に捩じって壊れてしまい、先ほど瞬間接着剤で補修しておりました

今回は九州の兄弟が北アルプスへ行きたいと意気込んで帰省して来たのですがず〜〜っと全国的に雨でした
先週やっと回復の兆しがあったのですが、北アルプスの山は全て登山不可C判定が続いており八ヶ岳としました

天気予報では曇り時々晴れみたいでしたが、やはり八ヶ岳の稜線は下界とは違っていますねえ
夜から暴風雨となりました

高御位山さんが紹介してくれた吉野満彦さんについては新田次郎著「栄光の岩壁」のモデルになっていますね
確か17歳の早稲田中学時代に友人に誘われて冬の八ヶ岳へ登り友人は亡くなり本人は足に凍傷を負って足指やかかとの一部を切断したって・

今、パラリンピックで体の不自由なアスリートが脚光を浴びて活躍されていますが、吉野満彦さんも相当リハビリを頑張って前穂冬季岩稜やマッターホルンなどを登られたんですねえ

パラリンピックの水泳で両手が無い人が足だけで競泳してる姿には心打たれました

「無くした事を嘆いて生きるのではなく、残された機能を使って前向きに生きる」って選手の言葉や行動を見習わなくてはいけませんねえ

山歩きの醍醐味はやはり「北アルプス」ですね
又こうとは思っております

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-9g-kumonodaira-1st.html



35095.Re: コロナ禍での遠征 その3 恵那山(えなさん)
名前:高御位山    日付:2021年08月31日(火) 06時59分
Original Size: 1024 x 796, 92KB Original Size: 1024 x 682, 90KB Original Size: 765 x 1024, 91KB

師匠、庭の剪定、山道具の後始末、実に多忙ですね。ある意味では
私には羨ましいです。ヘッドランプは昔はナショナルの角ランプ、petzul
懐かしいです。台風時等の非常用にpetzlは今も愛用して居ます。兄上は
那岐山の最後まで足を延ばされませんでしたか。此れと言った特徴の無い、どてっとした中年のおっさんが寝そべった様な山ですからね。

カメラの話 一眼レフ ミラーレス フルサイズ、 フイルム時代は全てフルサイズ35ミリ版と言うよりもライカ版と言って居ました。又二眼レフも有りました。私も安物のリコーフレックスというカメラを持って居ました。高級品のローライフレックスは高嶺の花でした。

1 ナショナルのヘッドランプ
2 petzlのランプ
3 八ケ岳赤岳鉱泉のベースキャンプ



35096.Re: コロナ禍での遠征 その3 恵那山(えなさん)
名前:高御位山    日付:2021年08月30日(月) 21時53分
Original Size: 1024 x 755, 91KB Original Size: 1024 x 759, 91KB Original Size: 761 x 1024, 91KB

1 赤岳鉱泉のベースキャンプ
2 会員とくつろぐ
3 稜線に向かう



35097.Re: コロナ禍での遠征 その3 恵那山(えなさん)
名前:高御位山    日付:2021年08月30日(月) 22時00分
Original Size: 1024 x 712, 92KB Original Size: 1024 x 752, 91KB Original Size: 753 x 1024, 91KB

1 縦走を終えて一息つく
2 大同心の壁 以前この氷壁を登りました
3 氷瀑のトレーニング



35098.Re: 窓の滝でミラーレスカメラ実習〜
名前:エントツ山    日付:2021年09月01日(水) 07時07分
Original Size: 600 x 800, 165KB Original Size: 600 x 800, 145KB Original Size: 600 x 800, 157KB

こんな場所ですから持って行った三脚は使わず 露出調整は未だ出来ない まあピントは良く合いそうです


高御位山さん  お早うございます

パナソニックやペツルのヘッドランプは形を見るに当時としては最新の物だったのではないでしょうか
松明(たいまつ)、蝋燭(ろうそく)行燈(あんどん)から油ランプ、〜懐中電灯、LEDと電球と電池で夜間も少し安心して歩けるようになりました

最近はキャーリーザサンと言うソーラー式のランタンもテント内で使っております

雪と岩の登攀に山人生を送られてきたんですね
体力的に50歳の半ばまでの世界でしょうか
年齢的な体力の限界を自覚してレベルを落としてでも山を楽しもうと考えています

蓼科山の天祥寺原でロングを歩いて来られた85歳の男性にお会いしました
矍鑠(かくしゃく)としておられて「あと5年は山を歩きます」と言われてました
エントツ山2号も尊敬のまなざしでこの老登山家の後ろ姿を見送っていました

昨日は野暮用で新居浜でした
オリンパス E−M5 MarkV のテスト撮影に窓の滝へ行ったのですが、やはりまだ各種設定の方法を習得出来ていないので散々でした

秋の紅葉季節までには何とか使える様になりたいものです

エントツ山 
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-9g-kumonodaira-1st.html



「35089.コロナ禍での遠征 その3 恵那山(えなさん)」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb