[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



34975.滑床渓谷沢歩き&薬師谷左俣・鹿のコル沢を探訪  
名前:弁天山    日付:2021年07月26日(月) 21時49分
Original Size: 1024 x 682, 163KB Original Size: 1024 x 682, 159KB Original Size: 1024 x 682, 162KB

@滑床渓谷の出合滑(であいなめ)で沢靴初体験
A名所の千畳敷の手前にある中滑(なかなめ)
BS字峡 水流が強くて登れない

エントツ山さん、こんばんは。
さて、オリンピックも始まり夏本番ですね。
4連休は宇和島にいたので、この周辺の沢レポです。

22日の木曜は、職場の若者3人を連れて滑床渓谷で沢歩きをしてきました。
3人とも沢歩きは初体験でしたが、皆体力があって運動神経もよく、沢靴にもすぐに慣れて楽しく遡行。
水量も普通で天気も良く、濡れてちょうど気持ちいいくらいでした。

3時間ちょっとでゴールの二ノ俣の途中まで行って、昼食後に折り返し。
帰路、沢用フル装備の男女連れに会って話すと、延々とナメが続きお腹いっぱいとのこと。
本格沢屋さんにとっては、大きな滝もないしきっと物足りないんでしょうね。
ネットでもこの類の感想が多く見受けられます。初心者には最高のゲレンデなんですが…

最後は日本100名滝の雪輪ノ滝で滝滑りをして帰りました。当日はキャニオニングツアーのお客も多かったです。
ただ、梅雨の終わりに大雨が降って沢全体の泥や苔が流されてきれいになったのはいいのですが、その分滑りは今一つでした。

今回連れて行った若者に感想を聞くと、マイ沢靴がほしいというくらい気に入ってもらってよかったです。

自宅に帰った後は、自分のを含め4人分の沢靴・ヘルメット・スパッツ・沢靴下などの掃除・洗濯が本当に大変でした。
夜遅く4人分を洗濯し終えたらぐったり。ツアーガイド料をもらいたいほどでした…



34976.Re: 滑床渓谷沢歩き&薬師谷左俣・鹿のコル沢を探訪
名前:弁天山    日付:2021年07月26日(月) 21時51分
Original Size: 1024 x 694, 162KB Original Size: 704 x 1024, 162KB Original Size: 1024 x 682, 162KB

C最も広々した三ノ滑との合流点
Dかずらにぶら下り「アッア、ア〜〜」
E二ノ俣の優しく美しいナメを行く



34977.Re: 滑床渓谷沢歩き&薬師谷左俣・鹿のコル沢を探訪
名前:弁天山    日付:2021年07月26日(月) 21時53分
Original Size: 1024 x 719, 161KB Original Size: 1024 x 701, 162KB Original Size: 1024 x 690, 164KB

Fすっかり沢歩きに慣れてナメの小滝を登る
G今回はここで折り返し
H帰りに百名滝に雪輪の滝で滝滑り



34978.Re: 滑床渓谷沢歩き&薬師谷左俣・鹿のコル沢を探訪
名前:弁天山    日付:2021年07月26日(月) 21時56分
Original Size: 1024 x 683, 160KB Original Size: 738 x 1024, 162KB Original Size: 1024 x 717, 165KB

I7/24薬師谷左俣 遡行図
J薬師谷のシンボルの雪輪の滝(滑床の有名な雪輪の滝とは別物)
K砂防堰堤から入渓すると1時間以上ゴーロの河原歩き

1日置いて24日の土曜は、単独で宇和島市内の薬師谷左俣を遡行。
22日に行った滑床渓谷とは鬼ヶ城を挟んで反対側となります。
昨年も薬師谷左俣を遡行していますが、今回は直接鹿のコルに這い上がるコースを選択。

渓谷に整備されている遊歩道は梅雨末期の大雨のため結構傷んだ箇所が目立ちました。
砂防堰堤の箇所から入渓するとすぐに左俣に入り、ゴーロの河原歩きが1時間ほど続く。
標高450m位からゴーロ帯が終わって、小滝やナメが出てくる。

標高 mの分岐で直接鹿のコルに向かう左側の谷に入ると、すぐにこの谷最大の15m位ある大滝に遭遇。
右岸の崖をなんとか登ってこれを捲くと、今度は長いナメやナメ滝が続いて気持いい。
3年ほど前に遡行した右俣は、途中から間伐された植林が谷に捨てられ、せっかくの景観が台無しでしたが、今回の谷はあまり荒れておらず歩きやすかったです。

高度を上げるにつれ、水量が減り苔むして滑りやすく注意を要しましたが、特段の危険個所はありませんでした。
標高 mくらいで水が完全に枯れるも、ここは最後の詰めにスズタケがないのが本当にありがたい。
30分も急斜面を登れば鹿のコル手前のスーパー林道に到着。出発から5時間20分でした。

帰路はゆったりと登山道を3時間弱かけて無事下山。
滑床界隈の谷は、どこを歩いてもナメやナメ滝がありますね。
次回、どの谷を遡行しようか思案中です。



34979.Re: 滑床渓谷沢歩き&薬師谷左俣・鹿のコル沢を探訪
名前:弁天山    日付:2021年07月26日(月) 21時58分
Original Size: 1024 x 717, 162KB Original Size: 1024 x 751, 165KB Original Size: 731 x 1024, 165KB

L標高450mを超えるとゴーロ帯が終わり小滝やナメが出てくる
M左俣最大の15m程の大滝 右岸をなんとか捲く
N大滝を超えると今度はナメ帯に入る



34980.Re: 滑床渓谷沢歩き&薬師谷左俣・鹿のコル沢を探訪
名前:弁天山    日付:2021年07月26日(月) 21時59分
Original Size: 1024 x 693, 164KB Original Size: 1024 x 762, 164KB Original Size: 1024 x 724, 164KB

O長いナメを見下ろす
P何段ものナメ滝を超える
Qナメ帯が終わり傾斜が増して険しくなってくる



34981.Re: 滑床渓谷沢歩き&薬師谷左俣・鹿のコル沢を探訪
名前:弁天山    日付:2021年07月26日(月) 22時00分
Original Size: 728 x 1024, 164KB Original Size: 1024 x 682, 163KB Original Size: 1024 x 682, 158KB

R水量はかなり減って苔だらけとなって滑りやすい
S水が何とか流れる最後の滝 もうちょっとでゴールのスーパー林道
㉑4時間20分でスーパー林道に到着 林道から見下ろす宇和島市街



34985.Re: 滑床渓谷沢歩き&薬師谷左俣・鹿のコル沢を探訪
名前:エントツ山    日付:2021年07月27日(火) 07時40分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 600, 155KB

こちらは尾根歩きでございました 涼しさでは沢歩きに負けますが・・・烏ヶ山の雲海を眺めながら・・・

弁天山さん  おはよう

沢バカ日誌が続きますね
滑床渓谷ならば職場の若者を連れだしても安全だから気が楽ですよねえ
でもさあ、ヘルメットはまあサイズがほぼ不要ですが、沢靴なんかは余分に揃って無いと素人さんに配分がうまくいかない場合もありますよねえ

まあ、滑沢歩きの伝道師としては若い人が楽しんでくれるのを見ると至福の時間ですわ
沢って普通水の中なんだから綺麗だと考えるのだけれど、靴や道具、衣服が予想以上に臭くなるよね
今の天気ならば洗ってもカラッと乾くからいいんだけど・・・

私も沢道具は去年から押入れの中で眠っています
近くに滑沢があれば一人で遊びに行けるんだけどねえ

スーパー林道から眺める宇和島の街はいい写真です
でも弁天山さんの転勤中は南海地震が起こらない事を祈ってます

大山ユートピアでテン泊中に大きな地響きがあり地震かと思った
沢が大規模に崩れる振動や音は凄いわ
登山道も各所で傷んでおります

お互い普段から体を鍛えて怪我をしないように遊ぼうよね

宇和島界隈の沢総ナメ作戦 頑張ってよ!

エントツ山 
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-daisen2012.html



「34975.滑床渓谷沢歩き&薬師谷左俣・鹿のコル沢を探訪」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb