[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



34930.四国山脈横断の山旅もリーチがかかりました  
名前:エントツ山    日付:2021年07月18日(日) 18時57分
Original Size: 1011 x 798, 162KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 533, 91KB

引地山(皿ヶ峰連峰)から大川原高原まで  尾根は風車建設現場に 徳島の山は風車銀座に・・・

皆さん  今日は

明日から梅雨明けの暑い日となりそうですね
「安心安全教」の教祖となってしまった我が国総理大臣は相変わらず安心安全のお題目を唱えています

コロナ第五波が来てしまった現在、今年も遠征が難しい状況です
この為に最近ではマイナーな登山者との出会いも少ない「雲早山」から西側の分水嶺歩きを行って参りました

地図でお分かりの様に石鎚山系と剣山系を繋いだその先は雲早山北尾根(あけぼの峠)から柴小屋山〜旭ヶ丸(大川原高原)への分水嶺が続きます

吉野川水系と勝浦川水系の分水嶺が地形的には石鎚〜剣山系の続き尾根となって紀伊水道へと落ちて行きます

今回歩いた柴小屋休憩所〜旭ヶ丸(大川原高原)までの尾根には現在風力発電の風車15基が建設中となり、「四国のみち」「柴小屋〜大川原高原 分水嶺のみち」は通行する事が難しい場所があります

徳島県は林道「大川原旭丸線」を「新・四国のみち」に変更して尾根歩きが窮屈になってしまいました

最後のチャンスと思い尾根沿いを歩いて見ましたが、成程大がかりな道路造成、風車建設地造成の為に美しい徳島の尾根筋が変わり果てておりました

長い目でみると自然に優しいクリーンエネルギーの為ですから、大義をもって小さな自然破壊には目を瞑(づぶ)らなければならないのかも知れません

何だかんだと複雑な心境で今回柴小屋〜大川原高原を歩きましたので、残りは今年の晩秋辺りに紀伊水道まで一気に歩こうかと考えております

分水嶺歩きに興味がある登山者の為に最新の尾根事情をアップしておりますのでご参考までに

下のURLです

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r3-5g-shibakoya-asahigamaru-2.html



34931.Re: 四国山脈横断の山旅もリーチがかかりました
名前:高御位山    日付:2021年07月18日(日) 20時59分
Original Size: 721 x 1024, 80KB Original Size: 768 x 1024, 92KB Original Size: 768 x 1024, 92KB

師匠、熱いですね、此方もやっと梅雨が明けました。香川では未だの様
ですね。四国横断山行リーチが掛かりましたか、凄い山行ですね。
 50年以上も前になりますが、愛媛の女子高の山岳部が当時としては
凄い縦走、四国中央山脈?を成し遂げた記事を岳人で読んだことが有りますが、師匠の縦走はそれを遥に上回る物です。

 序に思い切って紀伊水道迄、西は佐多岬迄繋いだら如何ですか。
此のままでは心残りな気がしませんか。88か所巡りでは有りませんが此処は端から端まで繋がれん事を一読者として切に期待して止みません。

1 小槍の岩場 2P程の快適な岩場、此処でアルペン踊りをしました
2 滝谷の第二尾根P2フランケの岩場 師匠も縦走中に見て居れます
3 北穂のチムニー マーシーさんが喜ぶエントツ登り。


   



34932.Re: 北アルプスも随分縦走を重ねました
名前:エントツ山    日付:2021年07月19日(月) 14時22分
Original Size: 958 x 1024, 286KB Original Size: 786 x 382, 92KB

北アルプスを歩いた縦走ルート図  去年はコロナ禍で遠征は一度だけでした

高御位山さん  今日は

四国地方も梅雨明けして急に暑くなりました
天気が良くなったのですが孫当番が続きます

一年待てば何とかなるだろうと去年ほぼ棒に振った遠征ですが、ここに来て感染拡大となりガッカリです

公共交通機関を使わない遠征はごく限られてきますので悩ましい限りです

高御位山さんのジャンルは命を懸ける様な厳しい岩稜帯への挑戦だったですねえ これは技術、体力、統制の取れた仲間が必須条件です

私のジャンルは「四国の山岳縦走」ですからまあユルいもんです
四国の縦走に関してはコロナ時代もそんなに影響を受ける事はありませんでした

高御位山さんから北アルプスの魅力を伝授して頂き、それ以来日本アルプスも歩いて参りましたが、結構なログ図になっております

主な北アルプスの縦走を完了し、心残りは扇沢(種池山荘)から岩小屋沢岳〜鳴沢岳〜赤沢岳〜針ノ木岳〜蓮華岳〜七倉岳〜船窪岳〜烏帽子岳が繋がっていない所です

ルート図を眺めながら北アルプスって何処をとっても印象深い場所です
西穂〜ジャンダルム〜奥穂も良かったし、大キレットも面白かった
表銀座に裏銀座、北鎌とよう歩きましたわ

剱岳〜立山へ連れて行って貰った時に、ご一緒した菅さんに「後立山連峰もいい所よ〜 是非歩いてみて下さい」と言われた白馬岳〜不帰嶮〜唐松岳〜五竜岳〜八峰キレット〜鹿島槍ヶ岳〜爺ヶ岳も思い出深い山旅となりました

読売新道(水晶岳〜赤牛岳〜黒部ダム、そして下ノ廊下(黒部ダム〜十字峡〜半月峡〜仙人ダム〜阿曽原温泉〜欅平〜(トロッコ列車)〜宇奈月温泉・・・・う〜〜ん これも最高の想い出です

日本アルプスも1〜2泊の単体であればまだまだ楽しめそうな気がしております


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



34933.Re: 四国山脈横断の山旅もリーチがかかりました
名前:高御位山    日付:2021年07月19日(月) 17時48分
Original Size: 676 x 1024, 92KB Original Size: 1024 x 695, 92KB Original Size: 1024 x 689, 92KB

師匠、北アルプス歩いたルート図拝見しました。短時間の間に随分と歩いて居られますね。親不知から後立山縦走は師匠の掲示板では高知のつばくろさんだけです。私の場合は白馬から朝日経由親不知への下山ですから価値が大分堕ちます。
 

 私も後立山縦走は一旦は針ノ木峠で下山し他日船窪、烏帽子、三俣、双六、槍、穂高と重い荷を(当時山岳会では40sが普通でした)ひいひい言い乍ら縦走して居ました。針ノ木峠から当時、蓮華、船窪、烏帽子、三ツ岳の縦走なんて大学山岳部か余程変わった山岳会しか実施し無かったったですからね。

 今でも此のコースを縦走する人は殆ど居ないのでは有りませんか。唯船窪の山小屋が秘境の小屋として一部の岳人から人気が有るとの事。

 その辺鄙なコースを歩きたいとは師匠も余程の変人の部類に入りますね。私の縦走は50年以上の前の事。今は山小屋も整備されて、立派に成っているでしょう。でも表銀座、槍穂高、後立山等の山小屋とは大いに趣が違うこと間違い無しと思います。似ている感じでは劒の北方稜線上の有る池の平小屋ぐらいでしょうか。

1 1963年夏 針ノ木峠にて 下は黒部川
2 下山途中に有る針ノ木右岸の大沢の小屋
3 扇沢に降る。バスは無く道路も舗装されて居なかった。



34934.Re: 心残りがある方が良いかも・・・
名前:エントツ山    日付:2021年07月20日(火) 11時04分
Original Size: 1045 x 1185, 161KB Original Size: 827 x 645, 163KB Original Size: 800 x 600, 99KB

南アルプスの山旅ログ図  標高3000mを越える山は完登しました やはり北アルプスは最高ですね

高御位山さん お早うございます

若い頃は男前の山男でさぞおモテになったでしょうねえ
カリスマ性を持つ条件は男前、美女ってのが一番でしょう
黙って立っているだけでカリスマ性が生まれます

そうで無ければ私みたいにコツコツと努力して、言葉とか態度とか忍耐とか居直りとか、そんな物で勝負するしかありませんわ

魅力的な北アルプスに対して、いかさまデカい南アルプスは日本の3000mを超す山旅の対象として歩きましたから、あまり稜線は繋がっておりません

6年ほど前に塩見岳で3000mの山旅は区切りがつきました

日本アルプスの百名山では、南アルプスの光岳だけが中途半端に残ってしまいました

後立山連峰と裏銀座を結ぶ針ノ木〜烏帽子岳間が去年歩く予定でしたが、コロナ禍で山小屋閉鎖に伴い「通行止め」となりました
結局北海道百名山遠征も去年、今年と難しい状況で、来年まで体力と資金が残っているかはなはだ疑問であります

趣味の世界で山歩きがコロナ過の為に犠牲だなんて、全世界の苦しみに比べたら何て事はありませんわ

8月初旬に2回目のワクチンを打つ予定ですから、動けるのはお盆明け
もう今年の北海道は諦めました

それにしても高御位山さんの若い時はキスリングに40kgですか!
肩が持ちませんわ
交通機関や山道具の発達で昔に比べれば雲泥の差ですねえ

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



「34930.四国山脈横断の山旅もリーチがかかりました」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb