[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



33284.ツェルトとテント、どちらが?  
名前:山じい    日付:2020年06月18日(木) 12時10分
 マーシーさんの投稿にあったクロスポイント高橋オーナーのお話、いい話ですね。
小生も大学時代先輩から同じことを教わりました。当時は地図もプラスでしたが、今はGPSができたので…。

就職後のお山は、ほとんどが単独行になりましたが、今も原則は崩さず、オーナーのおっしゃってる装備は日帰りでも必ず持って行ってます。

 小生、天泊に最近、ツェルトを使ってますが、常に危険と隣合わせです
(特にアルプス等の森林限界から上は)

目的は軽量化のためですが、お恥ずかしい話、還暦を過ぎると標準の2泊3日山行で10kg以上背負って歩くのがつらくなり、やむを得ずです
(お山引退すればいいんですけどね。)

 お山で悪天候の際は、テントの優位性は動かないと思います。アルプスは降り出すと半端なし。
比叡の驟雨という言葉が京都にありますが、横尾で同様の雨粒の大きい驟雨に遭い、フライのないツェルト(湯島の片桐製でもです!)ではひとたまりもありませんでした。
かといって、ずぶ濡れでも小屋の世話にはなりたくない。みじめな夜でした。

今は1人用なら600g程度とか、軽くなりましたね〜。これから始める方が羨ましいです。



33285.まず、百均で探す!
名前:くりちゃん    日付:2020年06月18日(木) 12時14分
恐るべし、あるんですね。二泊続けてテント泊はまだしませんので、非常用に百均の水袋携帯でいいですね!

ユーチューブ、確かに最後まで御視聴ありがとうございました、チャンネル登録お願いします。と言いますから話は盛られてる可能性ありますね。

バーナーと言えば、低山ではイワタニ(一流ブランド)のカセットボンベ横置きタイプのバーナー使ってました、
四国の山の山頂では通用しませんか?確か気圧の低い高所とか低温に弱いと聞きましたが経験がないもので。

テント泊ありの山歩き始めようとしたきっかけは、家内の調子が良くなって、いつか家内とまた山歩きしたいと思っていた時に、
セカンドストリートでたまたま、ミレーのリュック75L+15Lのマーカムスイッチのほとんど使ってないのが安かったので衝動買いしてしまいました

三年前位赤シャツと石鎚を愛大小屋一泊で行った時に赤シャツの持っていた、何十年も前のリュックで重い荷物を担いで、荷崩れはするわ、身体にフィットしないわで辛い経験がありました

マーカムスイッチに重りを入れて試しましたが、最近のリュックは違いますね、進化してます。
重さが身体に分散されます。これならと思い、テント泊用具を買い揃え始めました。


33286.Re: ツェルトとテント、どちらが?
名前:エントツ山    日付:2020年06月18日(木) 12時54分
Original Size: 675 x 900, 158KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 581, 167KB

ツェルトIIロングは優れ物です(白馬岳にて)藪でも北アルプスでも通用します くりちゃんが買ったマーカムスイッチ(ミレー)


山じいさん
くりちゃん   こんにちは

香川でも雨が沢山降っています
お二人の投稿が字ずらだけで読みにくいので段落とスペースを編集させて頂きました 悪しからず

この掲示板は一応「画像掲示板」なので出来たらスマホからの書き込みでなく、パソコンから写真の1枚でも貼って色気のある投稿にして下さい

百聞は一見にしかず  物を言葉で表現するのはとても難しいのですが、写真があればイメージがすぐ浮かびますよね

掲示板には管理者との対話だけでなく、有り難い読者がいてその方達にとって読みやすい、理解しやすいスペースや段落を工夫する事に慣れて下さい

山じいさん

前のスレッドで高御位山さんがおっしゃってましたが、最近はツェルトの積極的な使用が注目されています
それは非常時の緊急避難使用でなく、軽いという特性を利用した計画的な使用ですよね

山じいさんや私が使っているファイントラックのツェルトIIロングは優れものです
ウルトラライトハイキングを日本で広めるメッカとなったハイカーズ・デポの土屋さん所では、先ず登山者にこのファイントラック・ツェルトIIロングを勧めるそうです

マーシーさんが高御位山さんから頂いたツェルトも現在はモンベルでは扱っていない、丁度ツェルトIIロングに似た長さがありますね

最近は山歩きが多様化して、高御位山さんのされていた厳しい登山は別格として、いわゆるハイキング、楽しむ事に重点を置いた野外レジャーとして裾野が広がっています

だから天気の良い日ならば、このツェルトIIロングは使用価値があります
ただ、難点はバスタブ式になっていないので虫が入る事です
この難点を解決する色んなストックシェルターが登場してますねえ


くりちゃん
ミレーのマーカムスイッチを買ったって!?
そりゃあ〜〜た 四国の山ではオーバースペックだよ
75リッター+15リッター(=90リッター)で2,770グラムとな
一体そんなデカい容器に何を詰め込んで何処へ行こうとしているの?
はは〜〜ん 奥さんの荷物も全部そこへ入れるって優しいくりちゃんの考えそうなこっちゃ

確かに背負い心地は良いかもしれんけどザックだけで3キロ弱の重さやで
グレゴリーの名器「バルトロ」65リットルでも2キロちょっとになっている

まあ、折角買ったんだから数回は使って山で担いでいる写真を福山の赤シャツさんに撮って貰って掲示板に貼っておくれよ

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-5g-nakasanchi-1.html



33287.(untitled)
名前:くりちゃん    日付:2020年06月18日(木) 16時24分
大は小を兼ねる!で買いました。勿論、家内の荷物もと思いました。

四国縦走の時でもオーバースペックですか?
カセットコンロのボンベを使うバーナーはやはり使い物になりませんかね?

今度は写真入れますね!パソコン止めたのでスマホでですが。


33288.Re: ツェルトとテント、どちらが?
名前:高御位山    日付:2020年06月18日(木) 19時37分
Original Size: 1280 x 853, 176KB Original Size: 1280 x 853, 92KB Original Size: 1280 x 853, 91KB

師匠の写真の中に闇の中にランタンが薄ぼんやりと映って居ましたが、ランタンの明かりは風情が有りますね。
山登りが出来なくなってから春、秋、冬と庭にダンロップのテントを張りホエーブスで食事を作り、寝袋で一夜を
明かし、朝はコーヒーで締めくくります。後はテントその他の乾燥と後片づけ。今はガスが主流ですが、ホエーブス
の快適な燃焼音は心に響きますよ。ガスでは無音で雰囲気なし。

 昔はブリキのランタンを使用して居ましたが今は見かけません。庭で張るテントでは
真鍮製のランタンにローソクを使用して居ます。風情が有って中々の物ですよ。

 山じいさん、初めまして。東京湯島の片桐のツエルト、リュックを使用されていたのですか、片桐のテント、リュックは
ブランドで言えばミレーよりも超高級品です。エントツ山師匠がマナスルは吉田のテントだ、と言われて居ますが
マナスル偵察隊 今西錦司隊長は片桐のテント、1次、2次隊は片桐と細野のテントを使用して居ます
3次隊 成功した時は3社のテントをベース用、中継用、アタック用と分けて使用して居たのではないのかなと想像
して居ますが・・・

1 プリムスのガスランタン
2 BALMUDA社のLEDランタン
3 ヨーロッパ製の真鍮のローソクランタン



33289.Re: ツェルトとテント、どちらが?
名前:高御位山    日付:2020年06月18日(木) 17時04分
Original Size: 1280 x 853, 91KB Original Size: 1024 x 682, 91KB Original Size: 491 x 1024, 92KB

1 ランタン3種類 
2 マッチと非常用発火剤
3 片桐の広告、好日山荘、山友社たかはしの山靴 
  慶応山岳会登高行会会報1974年号より



33290.Re: ツェルトとテント、どちらが?
名前:エントツ山    日付:2020年06月18日(木) 20時24分
Original Size: 477 x 473, 45KB Original Size: 526 x 190, 35KB Original Size: 643 x 632, 230KB

カセットコンロのボンベを使うバーナーってコレ? まさか一番左のじゃないやろね  懐かしのキスリング登山姿

くりちゃん  今晩は

え? パソコン無しでスマホで掲示板に投稿してたんか〜
それは全体が見えないからクリックボタンも間違うわ
スマホからこの掲示板に写真を貼るのはしんどい こちらが諦めるわ

カセットコンロのボンベを使うバーナーって最初の写真のタイプでしょ?
これは何ら使用に問題はないよ 逆にガス缶が安いからお得だね
ガスコンロ専用の缶=CB缶(カセットボンベの略かな?)のガス器具が寒冷地仕様でないから高い山では余計に火力が下がって点かない時もあるらしいけど四国の山ではOKよ

まさか、カセットコンロを山に持って来る為に大きなザックを買ったんかと思ったわ

フツー登山で使っているガス缶=OD缶(アウトドア缶の意味かな?)は当然アウトドア用だからガス器具もレギュレーター機能などが付いていて火力が安定しているみたいね

ただ、CB缶もOD缶も寒冷地使用のガス配分をしている物があるよ
個人的にはザックの中で良い位置にガス缶は収容したいね
OD缶は小さいから鍋の中に収納出来る


高御位山さん 今晩は

片桐って言えば「キスリング」ですねえ
いまでもアルプスを歩いていてごく稀に見ますよ 往年の登山者が息を切らせながら背負って柄が木製のピッケルを持たれていますわ
山のプライドが歩いているって敬意を表します

あの有名な槇有恒氏と松方三郎氏がスイスのザック製作者キスリング氏が作ったザックを日本に持ち帰って片桐さんに「こんなのどう?」って見本を置いていったのが始まりらしいですね

今はオシャレなバッグなどを主に製作販売しているそうです
(小さ目のキスリングタイプザックも販売)
キスリングザックは重いのかと思っていましたが重量は1.5kg程ですからさほどでも無いですね
でも、腰で重量を受けずに肩で受けますから中に入れる装備が重くてキツかったでしょうねえ

ホエーブスは随分前に高御位山さんからこの掲示板に紹介があったですね
ポンプで最初に燃料タンクを圧縮しておいて、次に燃料(ホワイトガソリンや灯油)をプレヒート(余熱)しておいて、燃料を気化させてシューッと音がしたら点火するんでしたよね
で・・・十分にプレヒートをしていなかったら炎上の恐れがあるって・・・怖いですよ

確かにこのストーブの音が山間に木魂して「嗚呼〜〜我ハ今、山ニアリ」って感傷に浸るんですねえ

以前、海部山地縦走の時にガクちゃんがガスランタンを点けてガスがボーって音を立てていましたが、個人的には大切な燃料を灯りに使うのは勿体ない気がしました

味気は無いですがLEDランタンが軽くて気楽です
デカいランタンはキャンプ用には良いですね

先日能智さんはソーラー式のランタンを持って来てましたが、白色と電燈色に切り替えが出来るみたいです

道具も登山形態も様変わりです

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-5g-nakasanchi-1.html



33291.(untitled)
名前:くりちゃん    日付:2020年06月19日(金) 04時27分
一番左のです!
使えますか!良かった、コンパクトだし火力もまあまあ、ボンベはどこでも入るし。アルコールバーナー、ストーブ必要ないですね。

後は熊、猪よけ対策ですかね、歩いているときはケーナと言う笛があるからいいですが、問題は寝込みを襲われる事の無いよう、どうしたら?灯りを点けておくとか、
ラジオをつけるとか言いますが効果あるんでしょうか?
熊鈴持って歩くといいとか?熊の嗅覚は人間の何十何百倍ですよね、それが突然出くわさない様にこちらから音を出して人間の居場所を知らせる、と言うことは人間を襲った熊は相当どんくさい熊?嗅覚の鈍い熊と言う事になりますね。

後、虫対策ですが蚊取り線香は危ないし、電池式の蚊取りは山でも効果あるでしょうか?

画像昨夜トライしたのですが500KB?までと出ましたので編集すれば送れますね!


33292.(untitled)
名前:くりちゃん    日付:2020年06月19日(金) 05時22分
一番左と言う意味は一枚目のです。冬、家で鍋するコンロじゃないです。


33293.Re: 君はフランク永井か〜〜〜!
名前:エントツ山    日付:2020年06月19日(金) 10時56分
Original Size: 800 x 600, 165KB

庭の草引きをしてたらトマトやイチジクが育ってたわ

くりちゃん  お早う

くりちゃんの世代なら低音の魅力、フランク永井の「君恋し」って歌を知ってるよね

「宵闇(よいやみ)〜♪ 迫れば〜♪ 悩みは〜 ♪ 涯(はて)なし〜♪
    乱るる〜♪ 心に〜♪ 映るは〜♪  誰(た)が影〜 ♪」
ってやつよ

くりちゃんの涯(はて)なき悩みを聞いていると、ついこの歌を口づさんだわ

「後は熊、猪よけ対策」? 「問題は寝込みを襲われる事の無いよう」?
もうお家で寝てなさい!!

まあ、そう言ってれば身もふたもない
ツキノワグマは九州と四国ではほぼ絶滅している (十数頭って程だから絶滅に等しい)
返ってくりちゃんの住む中国地方にワンサカ居るぞ
基本的にイノシシや熊は見てくれよりは気が弱い 人間にもデカくて怖そうな大男に気が弱いタイプも居るよね
だから出合頭で人間に会ってパニックになり自己防衛で襲ってくる事があるようじゃね

四国では熊の心配は無い
イノシシも山で何度も出会っていますが、向こうとしては逃げ道が四方八方にあるので逃げて行く
「寝込みを襲われる」ってか! トラやライオンじゃあるまいし、人間を襲って食べたりしないわ
(北海道のヒグマは別じゃけどね)
ビバークする時は食糧や食べ残しのゴミを外に置かない事! これを目当てに動物がやってくるけど、テントの入り口をノックする事は無い

虫対策? そんなの無視しとけ!
家でも蚊に刺されるわ 長袖長ズボン、手袋姿で歩けば良い 虫が多い花の咲く場所では虫除けネットを被る(黒い色のネットは視界が良い)

それより気を付けなイカンのはスズメバチじゃよ
万が一刺された時の為に「ポイズンリムーバー」って器具は持ってた方が良いね

コロナ対策と同じで、あれもこれも心配していたら前に進めん! STAY HOME となるわ

当って砕けろ!
赤シャツさんと一緒に歩いてテント泊レポでもしておくれ

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-5g-nakasanchi-1.html



「33284.ツェルトとテント、どちらが?」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb