[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



33250.ツェルト用インナーポール  
名前:マーシー    日付:2020年06月14日(日) 17時10分
Original Size: 900 x 675, 156KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 163KB

エントツ山さんこんにちは。

インナーポール2つ作ってみました。

左は農業用のダンポール5.5mmと内径6mm?のアルミパイプを材料に210cm、7本継ぎで90g。強度ありそうです。

右は塩ビの工作用?パイプ7ミリと内径7ミリの透明パイプを材料に210〜220cm、7本継ぎで46gです。しかし、軽いけど細い塩ビパイプなのでへナチョコですわ

この210〜220というのがミソね。

雨が降ってるので試していませんが、次回、乞うご期待。



33255.Re: ツェルト用インナーポール
名前:だらだらの人    日付:2020年06月15日(月) 04時32分
自作アイテム!
凄いです!!
こういうの私も好きです!

ツェルトに泊まったことはないですが、確かに生地がぺたぺたするだけでも
なんとなく閉塞感を感じますもんね。


33257.Re: マーシーさん、 凄い。
名前:山じい    日付:2020年06月15日(月) 04時28分
マーシ―さん、お初です。
小生もファイントラック・ツェルトUロングを使用してますが、2015年に農業用ダンポールでインナーフレームを作りました。既存品のフル活用で費用は100円以下。これまで四国外で5回使用しましたが、全く問題ありません。2019年の薬師峠の使用記録が欠けてますが、参考までに、その詳細をアップさせて頂きます。
○ ツェルト・インナーフレームの製作 (2015.3.1〜3.8)                            20
   ファイントラック・ツェルトUロングは、インナーフレームを結びつける布テープが内側に縫付けられており、固定に問題なし。

  (材料及び費用)
    ・ 園芸用ダンポール  外径φ5.5mm(グラスファイバー径φ4.8mm) × 2400mm × 1本    ¥ 84
    ・ 中古噴霧器のアルミ製中空管(外径φ6.0mm・内径φ5.0mm×L:450mm×1本)を流用       ―
    ・ ママチャリ・タイヤ空気入れ口のゴム・キャップ  2個 (末端保護用)を流用            ―

  (参考にした既製品等とデータ)
    @ モデル
      ○ モンベル・ツェルトインナーフレームの規格  (¥2,880)
材質 グラスファイバー     L:213cm  133g  6×6×47cm  ポール間のつなぎ目 5個
      ○ ヘリテイジ・ツェルトインナーフレームの規格  (サイズ:S/¥4,104)
  材質 カーボン中空フレーム  L:219cm  90g 収納サイズ39cm  ポール間のつなぎ目 7個
○ 手作り品
          材質 竹(長四角形)   L:210cm  70g 収納サイズ42cm  ポール間のつなぎ目 4個 
                          つなぎ目の長さ 6cm
    A ツェルトUの間口
        100cm

  (製作過程)
モンベル製品の長さでツェルトUもぴったり合うとのネット報告があり、他製品も概ね似たり寄ったりの長さ
なので、L:215cm にした。
      ○ 目標重量  100g  サイズ L:215cm
      ○ 手順
        @ ダンポールカット幅
           ・ ポール天辺部の長さ  35cm
           ・ 天辺部以外の長さ  30cm × 6本(=つなぎ目6個) = 180cm   
           ・ L:30cmのうち2本を接地する末端用とし、先端に自転車用ゴムキャップを瞬間接着剤で接着。
        A 中古噴霧器のアルミ製中空管の処理
           長さ7.5cmで6個分を金鋸でカットし、ヤスリとサンドペーパーで突起がないよう磨いて、工作。
        B ダンポールの末端処理
           カットしたダンポールの両端を3.7cmずつ被覆をはがしてグラスファイバー(φ4.8mm)を露出させ、
ヤスリとサンドペーパーで、アルミ製中空管にスムースに入るよう、軽く磨く。
        C 接着
           アルミ製中空管とダンポールを瞬間接着剤で接着し、天辺用ポールを除く接続用ポールを6本製作し、
完了。
     ○ 成形
         @の30cmをAの半分(3.7cmまで)を通す。 → 4本組立、末端に自転車用ゴムキャップを接着
した2本が来るように合計6本をセット → @の天辺部(35cm)を両方のAの3.7cmまで通す。 
→ 細引2mmで半円形(直径100ccm)を作る。 → 問題なくセット完了。

   (完成品)
      ・ ポール   接地末端用(ゴムキャップ・アルミ製中空管付/L:34cm)   2本 
              つなぎ用(片方にアルミ製中空管付/L:33.5cm)      4本      計 7本
              天辺部用(L:35cm→27cmへ調整)            1本 
      ・ 重量   85g
      ・ 長さの調整  ツェルトUロングは、インナーフレームの長さは、207cmのため、天辺部の35cmを27cmへ
8cm削り、調整。 → ピッタリ収まった。

【使用状況】
   第1回   26.9.12〜15 北ア・槍平〜南岳新道・大キレット〜奥穂・前穂・岳沢の槍平天場で使用。
           槍平はトレポールの手間を惜しんで、片方は直近灌木に5_ロープで固定。天場は広い沢状で灌木帯に立地
し、風はほぼなく、晴天で全く支障なし。 横の老夫婦から「なんのテント?」との質問あり。「ツェルト」と回答。
第2回   27.9.12〜16北ア・奥穂〜西穂山行で白出ノコル(穂高岳山荘天場)で使用。 ツェルトにたわみもなく綺麗に
張れ、小雨程度は撥水効果で全く不安なし。但し、風がほぼなかったので、三千mクラスの風への強度は
未検証。(基本的にツェルトは風特に横風には無力。森林限界以下の樹林帯で使用すべき、稜線は不可。)
   第3回   28.4.29〜5.3 大峯奥駈道(逆峯=ぎゃくふ)で使用。 4泊5日の山行の全てで使用したが、行程中雨はなく
(珍しい!)その軽量性をいかんなく発揮。 行程は全て樹林帯の中であったが、行仙宿山小屋の天場は
植林帯の中の嶺頂の位置で、夜間の吹上風でツェルト上部がばたついて煩かったが、問題なし。
第4回   29.4.19 屋久島淀川小屋天場で使用。 樹林帯の中で、風の懸念なく、ちょっと手抜きしてペグを4本のみ
とし、トレポールや他は石で固定。不十分な張り方でもインナーフレームの効用高く、居住性は優秀。


33258.Re: ツェルト用インナーポール
名前:マーシー    日付:2020年06月15日(月) 20時29分
だらだらの人さん
山じいさん
今晩は!初めまして、でございます。

こんな書き込みに反応していただきましてありがとうございます。しかも、お二人とも書き込み時間が04時にシンクロしていたのでビックリでした。私には未だ夜中でございます。

昔から、ツェルトの長辺側が内に垂れてきて、身体にべたべた触れるのが煩わしかったし、狭苦しいので簡単に外に細引きで引っ張っておりましたが、インナーポールを知らなかったわけではないのですが、ガクガクさんの妊娠したツェルトを見て「この方がええやん」と思ったわけです。

そこで、金をかけるより自作が良かろう、と検索するとこの手の自作ポールがヒットしたので、同じように作ってみたわけで、凄くもなんでもないのですよ。山の大先輩に持ち上げられるとこそばゆいです。

私のツェルトは高御位山さんにいただいたモンベルのライトツェルト(2〜3人用)なのですが、純正品の210cmが強力過ぎてあきません。もう少し柔らかいやつで微調整が必要と思われます。

しかし、山じいさんは何年も前に自作して、実際に使っているんだから凄いですね。恐れ入ります。

今後、どこかでお会いした際には、お手柔らかにお願いいたします。


33265.Re: ツェルト用インナーポール 思わぬ反応やね
名前:エントツ山    日付:2020年06月16日(火) 09時44分
Original Size: 900 x 506, 165KB Original Size: 900 x 675, 155KB Original Size: 900 x 675, 163KB

前赤石のユキワリソウ  シライトソウとキバナノコマノツメ  物住ノ頭のツガザクラ


マーシーさん  おはよう

単に貧乏性故の工夫だと思われたマニアックな話題に反応する人もおったとは・・・

だらだらヒューマンさんから凄いと褒められて・・・ まあここまではエールと思っておきましょう

アルコールストーブやらたき火台なんかも作ってたしね
特に我々の育った時代には遊び道具は自分で工夫して作ってた

今、新居浜の実家裏にある斜面は住友鉱山株鉄道が走ってたんだけど、子供の時にソリを作ってシャガが生えた斜面を滑ってた
大釘を下部鉄道が来る前に線路に置いて平たく潰して小刀を作ってた

それが我が家の先祖や親が植えた椿などが茂ってジャングルの様になってたんだけど、猿が出るって近所から管理会社の住友鉱山へ苦情が出て今週伐採整地作業の立会に帰っている

話は飛んだけど、
で・・・山じいさんのストイックなコメントには参ったわ
お見合いの時にもこんな硬い事をお相手に言ってたんやろか

業者への納品発注仕様書みたいで、何のこっちゃらようわからんけど山じいさんとは違いマーシーさんはテキトーに作ったんやろねえ

でもさあ、結局そのインナーポールを作ったって事は今後ツェルトの出番が有るってことやね

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-5g-nakasanchi-1.html



33266.Re: ツェルト
名前:エントツ山    日付:2020年06月16日(火) 10時18分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 156KB Original Size: 390 x 292, 43KB

マーシーさんのツェルト   エントツ山のツェルト(太っ腹バージョン) 藪での使用例(稲叢山の東尾根)


だらだらヒューマンさん
山じいさん  おはようございます

山歩きは決して快適な物ではありませんが、特に重いザックを担いで長い時間歩くのは苦痛でもあります

山で快適な夜を過ごすには大きいテントに限ります
その代償としてザックが重くなります

逆に歩くのを快適にする為にはザックを軽くする必要がありますが、その場合は住居セットが簡易な物になり快適な夜が保障されません

これがテント泊登山永遠のジレンマですね

確か、だらだらヒューマンさんが使ってるのはヘリテージ・クロスオーバードームfだったと思いますが、これなんか生地は薄いシングルウォールで重さが600g (使っていると湿気などで実測ペグ込み800g程になるとは考えられます)テントの形状をしているタイプでは最も軽量でしょうねえ

山じいさんや私が使っているファイントラック・ツェルトIIロングは360グラム程でしょうか

山じいさんも北アルプスで使用例を挙げられておりましたが、私の場合は主に四国の藪山縦走のビバーク用に使ってきました

それでも栂海新道から白馬岳へ歩いた時には雪倉岳や白馬岳でも使いました

元来、ツェルトはドイツ語でテントの事ですが、日本では緊急避難用の簡易テントとしての用語が定着している様ですね

ストイックな山じいさんはツェルト一辺倒ですか〜〜
フツーの人は里山から初めて、中央の山へ行って、最後は里山に還る様に、私もテントからツェルトに還る日が来るのかも知れません


エントツ山




 
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-5g-nakasanchi-1.html



「33250.ツェルト用インナーポール」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb