[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



33071.登山者との接触皆無の那賀山地縦走〜〜  
名前:エントツ山    日付:2020年05月03日(日) 22時43分
Original Size: 1271 x 727, 165KB Original Size: 900 x 675, 155KB Original Size: 900 x 675, 163KB

那賀山地縦走ログ図(奥槍戸山の家〜五倍木(ふしのき) 縦走は二日半(山で2晩ビバーク泊)

5月1日〜3日の間、マーシーさんと二人で懸案の那賀山地を縦走して参りました
当然、他の登山者とは3日間全く会いませんでした=理想的なコロナ対策登山でした

勿論、同乗運転中はマスクに窓開け、縦走中はマウンティン・ディスタンスを取り、ビバークテントも別々

私はモンベルのモノフレームシェルター
マーシーさんは怪しげな中国製(ALLTEL?)の7千円シェルター
ビバーク1日目は権田山を過ぎて勘場山(三角点綱附山)分岐付近
ビバーク2日目は青ノ塔山頂 
どちらも場所が狭くて少し傾き加減のグラウンドでした
歩く途中に理想的なテン場があるのですが、時間的に中途半端で指を舐めながら通り過ぎました

マーシーさんのシェルターは天井が低くて、中でビールが飲み干せない!としきりにボヤいている声が聞こえておりました
やはりシェルターと言えども寝るだけの物でも無く、中で座って頭にゆとりが無いと駄目な様です

当初、五倍木(ふしのき)=大轟の滝近く、から登って西へ縦走し奥槍戸山の家を目指す予定でした

しかし、3日目=日曜日の天気予報が雨になった為、先に眺めの良い新九郎山〜久井谷山〜折宇谷山〜権田山を歩き、雨の日曜日に標高の低い六郎山を下る事に急きょ決定

これが結果的に吉と出て、金・土と気持ちの良い尾根縦走を楽しめました
3日目の日曜日も何とか昼前まで天気が持ってくれ、その上ぼたもち山や六郎山でのアケボノツツジも丁度見頃に近くまで達してくれておりました

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-4g-kuromori.html



33072.Re: 登山者との接触皆無の那賀山地縦走〜〜
名前:エントツ山    日付:2020年05月03日(日) 22時53分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 149KB Original Size: 900 x 675, 156KB

一日目・次郎笈に沈む夕日    3日目・青ノ塔で迎える朝日  2日目の気持ちの良い朝

ビバークは時間に制約されますが、出来るだけ見晴の良い場所を選びました
大気が湿っていてあまり良い夕焼け、朝焼けには恵まれませんでしたが、まあ山で迎える夕方と朝に相応しい風景を眺める事が出来ました

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-4g-kuromori.html



33073.Re: 那賀山地縦走の水場
名前:エントツ山    日付:2020年05月03日(日) 23時10分
Original Size: 1024 x 685, 163KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 165KB

那賀山地縦走時に使える水場  晴天が続いたにも拘らず水量は十分 沢を遡っても水が続いていた(上が縦走尾根)


水は縦走の正に生命線です
那賀山地の縦走を考えた時から権田山〜大久保山付近の源流調査を行い良い水場を発見しておりました

晴天が続いたので多少下流まで下がるのを覚悟しておりましたが、縦走路から10分程で取水可能でした

マーシーさんのザック 12.5kg
エントツ山のザック 12.7kg  (両者ともウェストポーチ重量は除く)
このザック重量の内、4kgは水が占めます
最終日は水と食糧が減りますので物凄くザックが軽く感じます

勿論、水は綺麗ですが飲料時は浄水器を通して使い、煮沸用に使います


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-4g-kuromori.html



33074.Re: 那賀山地はブナの森
名前:エントツ山    日付:2020年05月03日(日) 23時21分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB

 那賀山地ではブナが主体です


那賀山地を通じて大きなブナや小振りなブナ林、ミズナラの巨木、ヒメシャラなどがあります

恐らく鹿の食害と思われますが、笹はほぼ壊滅状態で地肌が露出し、リョウブなども食害で枯れて尾根に沢山横たわっています

地面がコケだけになると大木は風に弱く根こそぎ倒れたりしています

それでも自然の美しさも多少保たれており、縦走する価値はあります

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-4g-kuromori.html



33075.Re: 那賀山地のアケボノツツジ
名前:エントツ山    日付:2020年05月04日(月) 06時19分
Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 163KB

ぼたもし山付近のアケボノツツジ  六郎山付近の白いアケボノ  ミツバツツジの色は鮮やか


前半の西側は標高も高いのでミツバツツジやアケボノツツジは見られません
岩場がある平家平からぼたもち山〜青ノ塔〜夏切山〜六郎山付近にはミツバツツジやアケボノツツジが結構目られました

今回、マーシーさんを誘った一番の成果は彼が白いアケボノツツジを発見した事でした  ラッキー


エントツ山 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-4g-kuromori.html



33076.Re: 那賀山地縦走  最後の植林地帯に思わぬ花が・・・
名前:エントツ山    日付:2020年05月04日(月) 08時28分
Original Size: 900 x 675, 158KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 675 x 900, 162KB

    クマガイソウ      ヤマシャクヤク   こんな斑入りのユキモチソウを初めて見た


六郎山からカロート山を過ぎるまで結構な急傾斜が続く
こりゃ上りに使わないで正解や!とマーシーさんと意見を同じくしました

最初、マーシーさんが小さいクマガイソウを見つけた時には花芽が殆ど見られず「バイケイソウを鹿が齧ったんやろ」と言ったもんです

事実、鹿が毒があるので食べないバイケイソウの葉が結構齧られているのをそれまでに見ていたのです

でも、花芽が出ているのが現われてクマガイソウは日の目をみました

ユキモチソウも今まで沢山見ましたが、デカくて斑入りの物は初めて見ました

五倍木(ふしのき)神社まで車が入れるのですが、徳島の人が県外車を目の仇にしているとのウワサがあったので、下の坂州木頭河・五倍木大橋の隅っこにそっとデポし、そこまでショートカットで下りました

車デポ地の近くに綺麗な公衆トイレがあってちゃんと手洗いハンドソープまで置かれていた こんなお接待精神を見ると徳島県人の株があがる


エントツ山    

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-4g-kuromori.html



33077.GW帰省できなかったです。Re: 登山者との接触皆無の那賀山地縦走〜〜
名前:六甲山のキセキ    日付:2020年05月04日(月) 18時57分
Original Size: 580 x 435, 133KB Original Size: 580 x 435, 80KB Original Size: 580 x 435, 69KB

エントツ山さん、こんばんわ。
六甲山のキセキです。

GWの山行お疲れ様です。

実は、帰省したら家族が理不尽な扱いを受けるということで今回も諦めました。
(お庭でテント生活することも考えましたが、馬鹿らしくなった。)
それで、僕も山へ籠ろうと2泊3日の山行で本日帰ってきました。

取り付きは東武日光駅、電車もそうだったのですが、この駅周辺もホント人っ子一人いないといっても過言ではありません。
ここから、霧降高原を経由して大山そして丸山でビバーグ。2日目は、女峰山そして男体山手前の避難小屋までの予定でしたが、まんま雪山のお蔭で体力と時間を浪費し、翌日の男体山はあきらめ富士見峠のエスケープルートから林道へ。ここでも雪深く沢沿いでビバーグしました。

このとき初めて雪上でテント張りましたが、夜中寒いし杭は抜けるし初めて寒い夜を体験しました。また、早朝には雨が降っており撤収するときは大変でした。

ただ救いは、冬山だったのに気候は初夏だったことと、やっぱりテントを担いでいる安心感があったので、焦らず確実に歩みを進められたことです。
(これ、テントなかったら焦って危なかったと思います)
エントツ山さん改めて質問です。
雪上のときのマットは、どのようなものを使っていますか?
夜中、背中と足が底冷えしてきた。
(僕は、ウレタンの凸凹マットです)
また、雨の日のテントの撤収はどのような手順でしていますか?
(雨、初体験だったので手順に困った)
そうそう、丸山から女峰山そして下山するまでは、誰にも合わなかったですしホント孤高でした。
よろしくお願いします。

@初日のビバーグ地(丸山)は、気温も高く結露もなく快適だった。
A女峰山と前女峰山そして男体山(左奥)を望む
B遠く白根山を望む



33078.Re: 登山者との接触皆無のテント泊山岳縦走〜〜
名前:エントツ山    日付:2020年05月04日(月) 21時48分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 600 x 800, 99KB Original Size: 900 x 675, 160KB

タイベックシートと銀マット   銀マットを敷くと部屋気分最高〜  どんな荒地でもシェルターに入れば天国

六甲山のキセキさん  今晩は

折角の大型連休なのに帰省する事が出来ず残念ですねえ
普段家に居ないとやる事が一杯有るのに戦力になりません
まあ、今回だけは仕方ありません
もう子供さんも大きくなったのでお父さんが帰らなくても大丈夫かな?

確かに見知らぬ人との接触の機会がどうしても多い大都会から100パーセントピュアな体で帰るとは誰も言いきれません

そちらの移動電車もガラガラと言う事で少し安心です
こちらはマーシーさんとそれぞれの車で現地入りですから大丈夫でした

水、食料も自宅から持って行きますのでガソリンさえ入れておけばお金を使う事もありません (テン場の料金も要りませんからねえ)

先程、NHK日本百名山で大菩薩嶺を見ましたが、六甲山のキセキさんが行かれていた牛奥ノ雁ヶ腹擦山が出てましたわ

そちらは富士山が見える場所が多いから羨ましいです

さて、冬山装備の件ですが実は私はチョ〜寒がりの為にあまり雪上テント泊は得意としません

どんな山でも基本グランドシートはタイベックシート (1mx2.2m)重さ 150g (ネットで2千円程)
テント内の中敷きとして大工道具店ならどこでも売っている少し厚手のレジャー銀マット(115cm x 180cm) 重さ 190g
を使っています

だから私のザックはフロントポケットは大きくてメッシュの物を使っています (銀マットを折り畳んで突っ込む為)
グレゴリー オプティック58     1.245g
オスプレー レヴィテイ 45       800g

室内マットは基本エアーマットです
サーマレスト ネオエアー ウーバーライト 250g 折り畳んで拳大に飛びついて買ったのですが、逆に厚すぎて寝返りをうつ度にマットから転げ落ちます  これは大失敗!
厚さがフツーのニーモ ゾアを使っております

これで・・・後の寒さ対策は やはりシュラフでしょう
でもね、温いシュラフは値段が高くて重い
私の持っている一番暖かいのはナンガのオーロラで 1,070gもあります
普段の冬山では イスカエアー 450  815gを使い
夏場は イスカエアー 180      460gを使っています

最近、モンベルのダウンハガー800 No,3 ハーフレングス 440gを買ったのですが、中途半端です

冬山でのシュラフカバーは ファイントラックのポリゴンシールド 390gを使いますが、重たいので冬以外はモンベルのタイベック・シュラフカバー 180gで済ませます

あと、モンベルのダウンパンツ  260g
モンベルのダウンソックス    135g も北アルプスでは夏でも持って行きます

やはり庶民の寒さ対策は絶対「ホッカイロ」に限ります
大き目のを背中に貼って、小さ目のを足の裏に貼って・・・ポカポカします


と言う様に、寒さ対策をするとザックが重くなります
気象情報に合わせてどれを削るか選択に悩むのも又楽しいです


話は変わりますが、今回マーシーさんがゼログラムと良く似たまがい物シェルターを二晩使って「こりゃダメだ〜〜」を連発しておりました
その理由は他でも無く、天井が低すぎて中で座れない=ビールをゆっくり飲めないし、飲み干せないって・・・

まあ、彼のテント泊の第一目的はビールや焼酎を飲む為ですからサッパリだった様です

そちらのゼログラムは少しだけ天井が高い様ですね

* おっと、雨の時のテント収納の件を追加します
 雨の朝は気分が優れないですねえ
 私の場合は テント内でテント以外の物をザックの中に収納します
 ザックカバーをして外に出し、濡れたテントを出来るだけ露を払って防水袋に収納します
 私は専用のテント収納袋は使わず、少し大きめの防水袋に突っ込んでザックの一番上に入れます (防水袋ですから他の道具は濡れません)
 それと、雨を覚悟する時は必ずモンベルの傘を持って行きます(軽い) 
シェルターから出る時やちょっとした作業中にいくら雨具を着ていても頭やメガネが濡れるのが嫌ですからね


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-4g-kuromori.html



33079.ありがとうございます!Re: 登山者との接触皆無の那賀山地縦走〜〜
名前:六甲山のキセキ    日付:2020年05月05日(火) 08時35分
エントツ山さん、おはようございます。

大変参考になりました。
タイベックス、いいですね!
エアマットも欲しいです。
もう貧乏登山から逸脱しそうですが、マーシーさんの状況が気になるところです。
まさかマットなしではないでしょう?

ゼログラムも頭が天井に当たってかなり不快です。
ポールの高さは110cmあるのですが、そこには座れませんから結局それ以下の天井高さにならざるを得ません。これ次のテントで解消したいです。

エントツ山さん、どうも僕たち同類ですね。
あっこのツショットの写真、羨ましいです。

後半は、雪のないところで隠密に行動します。
それではー


33080.Re: 登山者との接触皆無の那賀山地縦走〜〜
名前:マーシー    日付:2020年05月05日(火) 11時23分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 750 x 1000, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB

エントツ山さん、おはようございます。

2泊3日、エントツ山さんはどうってことないでしょうが、37キロもよう歩きました。

槍戸のほうからの縦走は大正解でしたね。六郎山までの急坂があんなとは知らなかったとはいえ、こっちからだとどうなっていたことか・・・

今回、股関節に重たい感じが残っておりますが、筋肉痛はほとんどありません。やはり、ボチボチ歩きがいいですね。

ところで、あの高級中華シングルウォールテントはだめですわ。天井が低くて中で何の作業もできません。

缶ビールを飲み干すには、頭をこすりながら横にならんと飲めません。このテントは食事も着替えも外でして、寝るだけに使うものですわ。

雨や寒いときはどうすりゃいいの?ってところです。

六甲のキセキさん、始めまして!ですかね?

私は、ネットで山道具を見ながら妄想をして道具を買うので、テント泊の現場で役に立たないものが多いです。

やはりベテランさんに聞くのが確実ですね。

ということで、エントツ山さん、モンベルのシェルターはどちらが買いでしょうか。ご教授ねがいます〜。

くの



33081.Re: 登山者との接触皆無の那賀山地縦走〜〜
名前:マーシー    日付:2020年05月05日(火) 11時39分
Original Size: 900 x 675, 157KB Original Size: 900 x 675, 165KB

座ってビールが飲み干せる超軽量シェルターがほしいのですが、アライテントのビビィシェルターは虫除けメッシュが付いてないのでパス。
どれも高い〜



33089.Re: 軽量テント=シェルター
名前:エントツ山    日付:2020年05月06日(水) 09時25分
Original Size: 900 x 600, 161KB Original Size: 1210 x 1145, 165KB Original Size: 720 x 480, 162KB

ブラックダイヤモンドのディスタンス・シェルター モンベルのシェルター ファイントラックのカミナ・モノポール


マーシーさん  おはよう

昨日は新居浜にお墓参りに帰ってた
10年前のゴールデンウィークにマーシーさんと西条・川来須から西黒森を這い上がった直後に親父の容態が悪くなり急きょ縦走を切り上げた
親父はアウトドア派で子供の頃笹ヶ峰へテント泊に連れて行ってくれたわ

ついでにツナクリ山のアケボノも見て来た
登山者に会わない様に大永山トンネルの北側から這い上がって、帰りも大坂屋敷から北側に下りた

東京から1ヶ月前に兄貴が新居浜へ不用意に来てしまい、緊急事態宣言などで東京へも帰れず留まっている
墓参りの後、兄貴の様子伺いをして高速で高松に帰る途中、豊浜インターにガソリン補給に寄ったのだが、何と車が2台しか居なかった

やっぱりあの中国製廉価シェルターはダメって事ね
六甲山のキセキさんのゼログラム1もやはり窮屈みたいだから、良く似たもんかなあ

モンベルのドームシェルターは設営も楽だしお勧めや kurenaikai さんも使っている
モンベルのモノフレームシェルターは軽くて設営がチョー簡単なんだけど、アライテントのビビィシェルターと同様に前後が狭く絞られているので窮屈です

私が気になっているのはブラックダイヤモンドのディスタンス・シェルター 725g やね
横幅 147cm 縦 241cm 高さ 104cmと広い
専用ストックで無くてもアタッチメントがあるから他のストックで代用できる
生地も30デニール、ポリエステル製と厚くて丈夫やで
値段は3万円程・・・ファイントラックのカミナモノポールが4万5千円に比べれば安いかも


要は山岳縦走に使う道具は「水を運ぶためにいかに軽くするか」やね

北アルプスなどの縦走では水場や小屋で飲料水の調達が出来るからその分まともなテントを持って行けるんだけどねえ

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-4g-kuromori.html



「33071.登山者との接触皆無の那賀山地縦走〜〜」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb