[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



33038.テントについて  
名前:六甲山のキセキ    日付:2020年04月21日(火) 20時36分
Original Size: 580 x 435, 119KB

エントツ山さん、こんばんわ。
六甲山のキセキです。

今回は、テントのことについて教えて下さい。

ニーモ・ホーネットテント、僕も興味があります。
なので、もう少しインプレッションを伝えてもらえれば助かります。
(タニのことも分かればお願いします)
その他、モンベルのモノフレームシェルターの結露状況も伝えてくれれば幸いです。

昨年、ゼログラムの500gテントを買ってから、楽しくて楽しくてしょうがないところです。が、ただ、居住性と多少結露するという問題があります。

この歳になってもホントテント泊は楽しいですよね!

よろしくお願いします。



33039.Re: テントについて
名前:エントツ山    日付:2020年04月22日(水) 07時29分
Original Size: 676 x 400, 61KB Original Size: 675 x 900, 158KB Original Size: 900 x 675, 161KB

六キさんのゼログラム1MF仕様 私のファイントラック・ツェルトIIロング  モンベル・モノフレームシェルター


六甲山のキセキさん  おはようございます

「この2週間が大事です」ってもう一か月半以上も言われ続けていますねえ
田舎に住んでる退職者は今まで通りの生活で何の変りもありませんが、都会で住んでいる人や働いている人は大変ですねえ

確かに「山の会」などは軒並み活動休止になっています
私や六甲山のキセキさんは元々個人山行なので、山歩きに関しては基本的に制約を受けません
しかし人数が減ったとは言え、電車やバスの移動はご家族の為にも会社の為にも注意して下さいね

さて、テントの話題 ありがとうございます
四国の山仲間でテントの話を出来る人は非常に少ないです
大体が日帰りで完結出来る山行が可能ですからねえ
わざわざ重たい装備で山に出かけるのを敬遠されている様です

私も六甲山のキセキさんも単身赴任経験者ですから一人で寝る寂しさに慣れているのがテント泊への抵抗感が薄いのかも知れませんね

ゼログラムは6年程前に韓国で立ち上げたメーカーですが、このZERO1MFは興味がありました

ストック一本で立ち上がり重さが490グラム、室内長が2mですからねえ  軽量化を図るにはもってこいです

私が買わなかったのは以前から使っているファイントラックのツェルトIIロングにコンセプトが似ているからです これは重さが380gです

四国の藪山でも北アルプスでも活躍しました
最近四国で使う機会が少なくなったのはササダニ(マダニ)の感染症が問題になったからですね

フロアは作る事が出来ても室内を密閉する事は出来ません
その点ゼログラムのMFはバスタブ式で虫の侵入をシャットアウト出来ます
よくタープなどで寝ている写真を山の本で見ますが、とんでもないです
入り口を閉めた時の安心感はフィールドでは貴重な物です

問題は、両者とも非自立式でポールやペグをうまくセットしないと不安定な所です  まあ、これは軽さ故の宿命ですが・・・
うまく設営出来た時の喜びは思わずニンマリとしますね

モンベルのモノフレームシェルターはその点バスタブ式で、真ん中にフレームを丸く入れるとほぼ自立します

このシェルターの欠点は前後が細くなって頭や足が窮屈な事です
真ん中の幅は十分でザックなども置けるのですが、頭の部分が窮屈です
これも重さが650gですから文句は言えません

ー続くー

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-4g-kuromori.html



33040.Re: テントについて
名前:エントツ山    日付:2020年04月22日(水) 09時58分
Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 700 x 525, 39KB

ファイントラックのカミナドームIIは言う事無し! 実用的なのがモンベル・ドームシェルター 槍の北鎌でも使ったよ


理想で言えば、オーソドックスなダブルウォールでポールをクロスする自立式テントが一番快適ですね

ファイントラックのカミナドームII は快適です
一応軽量テントを謳っていますが、ペグ等を入れると実測1,460gあります

私が最初に遠征で使ったテント ダンロップVL24は当時最軽量と言われて(テントだけで1,400g)買いました
随分遠征に使って古くなったので娘に譲ってカミナドームに換えました

ダブルウォールテントは内側に結露は出来ませんが、結局収納時に外張りが濡れるので重くなりますね

軽さと居住性のバランスで言うならば一番汎用性のあるのが「モンベル・ドームシェルターII」です
シェルターですから正確にはテントと言えないのでしょうが、天気の良い日に使えばテントと何ら変わりません


ドームシェルターもモノフレームシェルターもシングルウォールですから天候によっては(外が寒い時や風が無い時)結露があります
でも、これはシュラフカバーがあれば問題無いですね
私は以前ナイロン式のシュラフカバーを使っていましたが重いので最近はモンベルのタイベック・シュラフカバー(180g)を使っています

結露したツェルトは収納時にバサバサ振って防水袋に詰めますのでそう問題は無いです


軽さを求めれば居住性は犠牲になる・・・どこで自分なりに居り合いを付けるかって所ですね

ニーモに関するコメントは後ほど・・・


エントツ山 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-4g-kuromori.html



33041.Re: テントについて
名前:だらだらの人    日付:2020年04月22日(水) 15時58分
六甲山のキセキさん、エントツ山さんこんにちは

石鎚ロープウェイの利用停止が5/6迄延長になっていました。
様子見に行きましたら、バケットは下ろして調整してましたです。

私も興味があります。
基本日帰り山歩きなので、たまの泊まり装備は極力軽くあって欲しいです。という事で失礼をして。

私はヘリテイジのクロスオーバードームfを使っています。
この春にモデルチェンジ予定みたいですが、現行品?です。
重さ600g
標準のクロスオーバードームは700gなので迷ったのですが、少しでも
軽い方を取りました。
もちろん自立式ツェルトなのでそういう目線で見ていますが、
モンベルのシェルターと違ってベンチレーターが常に風を流している分けではないので暖かいかもです。
生地は極薄。結露は通気が下がった分増えて感じます。
設営は、風があるときはモンベルのシェルターより楽な気がします。
居住性は狭いです(ノ∀` )
モスキートネットが標準ではないのも時と場所を選ぶ要素だと感じました。

快適性と軽さと金額と、難しいバランスですがどんどん良い物出て欲しいですね。


33045.Re: テントについて
名前:エントツ山    日付:2020年04月22日(水) 19時57分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 1139 x 685, 129KB

ファイントラックとニーモのテント(堂山にて)フライを取った状態 モデルは344男爵で浮浪者では無い! クロスオーバードームf


六甲山のキセキさん
だらだらの人さん    今晩は


ニーモのテントはイメージ的には少しヤワい感じがします
これはミステリーランチの様な重厚さを好むアメリカのメーカーらしくない軽量化を追求した結果でしょうね

特徴は「吊り下げ式」にあります
個人的にはスリーブ式=ポールを袋に十字形にクロスして通すのが安定感があって好きです
ファイントラックのカミナドームは安定感、室内の張りなど抜群です
値段が高いのが欠点(?)

写真にある様にニーモの吊り下げ式はどうしてもテント内部が張りが無く小さくなりがちでフックが不安定なイメージを持っていました
買って使って見ると割と便利で強度も問題はありませんでした
ニーモのホーネットストームは吊り下げ式の欠点を少しでもカバーする為にプロペラの様な張りを持たせる器具が付いています

でも、やはり同じ吊り下げ式でもポールがクロスする「ニーモ・タニ」の方が良さそうです
私の双子の兄がニーモ・タニを持っていて以前南アルプスで使いましたが良かったですね
 
ニーモ・タニは一人用で1,060gですからほぼ1kgです
  (タニ2Pは 1,180g)
ニーモ・ホーネットストーム2Pは 940gですからそんなに重量は変わりませんね

六甲山のキセキさんは体力がありそうなのでテントを買うのなら「タニ」ですね

モンベルのステラリッジやアライテントのエアライズ・トレックライズなども良いテントですが少し重量が嵩みます

ニーモやファイントラックはフライを伸ばして前室を広く作れるのは便利です


だらだらの人さん  
テントと言うかツェルトの購入は悩みますね
兎に角 山歩きでは「軽さは正義」です
100gや200g位・・・って妥協すると再現無く重量が増えて行きます
ヘリテージのクロスオーバーfも今年1Gから2Gに改良されて重さが600gから540gに減りました
ただ、この60g減量が値段を9千円もアップされています

軽さは正義ですが、この正義はお金がかかりますわ

車なんかもそうですが、モデルチェンジをして良い物が発売されますが、それを待っていたらキリがありません
どこかで手を打って買わざるを得ませんねえ

同じメーカーですが エスパースのハイレヴォ もダブルウォール 1Pで940gですから凄いです

テントは1kgが攻防戦の時代ですね


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-4g-kuromori.html



33047.ありがとうございます。Re: テントについて
名前:六甲山のキセキ    日付:2020年04月22日(水) 20時43分
エントツ山さん
だらだらの人さん

こんばんわ。
六甲山のキセキです。

いろいろとテントの情報、ありがとうございます。
現在、軽量なテント(ツエルト)を担いで高速で駆け巡っているので
ハッキリ言ってそこでは疲れ果てて寝るだけです。
けれども今後は、景色の良いところでゆったりとした山行もしてみたいなと思い、居住性や快適性も必要かなと考えているところです。

今回、大変参考になりました。
迷いもほぼなくなりましたわい。
訊いてよかったです。

キセキは未だに孤高なので、ネットで情報を収集しなければなりません。
その点、四国の山のことなどは、たいがいエントツ山さんが出てきて、いやでも参考にしなければならない状態ですら。
夢⇒ビバーグしていて朝目が覚めると、隣にエントツ山さんもビバーグしていたら、どんなに素敵なんでしょうね。

そんな日が来るまでよろしくお願い致します。


33048.Re: テント泊は長歩きの手段であって目的では無い
名前:エントツ山    日付:2020年04月23日(木) 19時48分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 1024 x 768, 162KB Original Size: 675 x 900, 203KB

 藪で寂しく寝る時も  ごったがえす賑やかなテン場で寝る時も  それは遠い目的地へ至る手段に過ぎない


六甲山のキセキさん  今晩は

結局、山歩きに於けるテント泊とは長い距離を歩く為の不可欠な手段と言えますね

テント泊そのものを目的とする人達は重くて豪華なテントを持ってオートキャンプ場で楽しく豪華な食事を楽しむ

それに反して我々のテント泊は背負って運ぶこの居住区を出来るだけ軽くして歩く距離を伸ばそうとするわ

基本的には野宿よりはマシって最低限(夜露をしのぐ)の条件を満たせば良い

ビバークをする場所がワイルドであればある程、この簡素極まる居住区に入った時の安心感は半端ないね

え? 「夢⇒ビバーグしていて朝目が覚めると、隣にエントツ山さんもビバーグしていたら、どんなに素敵なんでしょうね。」って? 気持ちわる〜〜〜

六甲山のキセキさんは大きな男の割には結構繊細でロマンチックな所があるんやね

エントツ山     

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r2-4g-kuromori.html



「33038.テントについて」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb