[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



32442.阿波・土佐県境と海部山地の縦走  
名前:エントツ山    日付:2019年11月19日(火) 08時05分
Original Size: 1280 x 670, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 155KB

日和田から霧越峠の縦走ログ図  マウンテンハードウェア、オスプレー、グレゴリー 三者三様のビバークテント


皆さん 今晩は

沢山の紅葉情報や山歩きレポありがとうございます
先程、徳島遠征から帰って来ましたので写真など整理後、改めて皆様から寄せられた投稿への返事を致します

こちらはガクガクさん、北川さんと土、日、月とハードな縦走をしておりました
私の未踏の地、日和田から南側(行者山〜赤城尾山〜駒背山〜太助山〜西又山〜甚吉森をかねてから繋ぎたいと思っていました

この春にガクチャンから「11月に日和田から霧越峠まで歩く計画があるけど、どう?」との照会に「乗った!!!」と答えていた山行でした

ガクチャンは11歳年下、北川さんになると22歳も年下やんか
この長丁場を3日弱で縦走ってまっことキツウおました

1日目は霧越峠集合が08時30分
    日和田出発が10時15分
    結局駒背山まで行くのがやっとで分岐の平地でビバーク
    私はモンベルのモノフレームシェルター
    ガクチャンはモンベルのツェルト (ベテランじゃきんのう)
    北川クンはニーモのダブルウォール 2.5kg程あるらしい

二日目は甚吉森までのアップダウンで速度が上がらず、湯桶丸がギリギリでビバーク
    ガクチャンがここに水4リッターとビール(これはどっちゃでもいい!)を前もってデポしてくれていた

3日目は天気が崩れて霧と雨 距離的に神戸丸へ行けるか心配したが、この山域は比較的穏やかな尾根でスピードが上がり無事「神戸丸」の三角点を踏む事ができました

別府峡温泉にも間にあい、温泉の後は鹿カレーで打ち上げ!

ハードだったけど面白かった〜〜〜


エントツ山 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h29-11g-daisenjyuso.html



32443.Re: 阿波・土佐県境と海部山地の縦走
名前:GakuGaku    日付:2019年11月19日(火) 07時21分
エントツ山さん おはようございます
昨日までの3日間お疲れ様でした。
この度は那賀山地縦走(奥槍戸山の家→新九郎山⇒六郎山・カロート山→五倍木)
を完歩して以来、10年来オイラが思い描いていた縦走にお付き合い下さいまして
ありがとう御座いました。

スマホ片手に常にルート選定をして我らを引っ張ってくれた
若者のKita君には大いに助けられましたね。

写真の整理が未だですので今回は画像なしですみません…
あ!オイラのザックはマウンテンハードウェアですよ。
https://ameblo.jp/gakugaku-blog/


32453.Re: 1日目は日和田から駒背山ビバーク地まで
名前:エントツ山    日付:2019年11月21日(木) 07時28分
Original Size: 780 x 1024, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 164KB

第一日目の行程ログ図(日和田〜駒背山) ハードな1日目じゃったぜよ (赤城尾山付近)


ガクチャン  今晩は

今朝からやけに寒くなったよね
縦走中は寒波が来なかったから良かったわ

しかし、シブい山域を歩いたもんじゃ
四国の山の事を良く知った人でないと一体どの辺りを歩いたかわからんやろねえ

今年、干支の山絡みで猪ヶ森へ行き、湯桶丸〜甚吉森を歩いた
すると、未踏尾根の四ツ足峠から甚吉森、それと湯桶丸から鰻轟山〜霧越峠の繋ぎが気になっておった

そんな矢先のガクガク提案に惑わず乗ってしまった!
ただ、今年のガクガク企画は雨でことごとく中止の憂き目に遭ってるから天気が心配でした

日程が決まってからハラハラしてたわ
3日間、晴れ〜晴れ〜雨の予報だったからまあまあじゃったよね

それよか、車をデポする霧越峠の集合時間が09時って言うので内心(え〜〜 前日・車中泊で朝一出発じゃないとキツイよ〜〜)って思ってたわ

まあ、ガクガクさんや北川クンは現役労働者やからそれに合わすしかあるまい
案の定、初日が駒背山までしか行けずに結構残り二日の歩行距離が残った

日和田から四ツ足堂までの上りと行者山から赤城尾山のアップダウンが堪えたわ

でも、駒背山分岐に良い広場があったのでビバークは楽しかったわ
テントも三者三様で面白かった
ガクちゃんのモンベルツェルトに自作の太っ腹ポールで居室部を広げる工夫も参考になりました

Kita クンが 2.5kgのテントを持って来たのには参ったわ
ニーモって言えば1kgを切るテントも販売してるのに・・・・・

1日目はスタートが遅かったので 6時間50分しか歩けず、歩行距離も10km程でした

まあ、ガクちゃんのザックが15kg? (酒を運ぶ為にツェルトにしたんやろ)
Kita クンのが 18kg? 水を入れて20kg程になってたらしいよ 信じられんわ
私は 行動食ポシェットをKita クンの車に忘れたので 13.5kgじゃった 

ちょっと防寒着を入れ過ぎた感あり


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-3g-umajimura-2.html



32454.Re: 二日目は駒背山から湯桶丸まで
名前:エントツ山    日付:2019年11月20日(水) 19時01分
Original Size: 1280 x 602, 165KB Original Size: 900 x 675, 155KB Original Size: 900 x 675, 163KB

駒背山〜西又山〜甚吉森〜湯桶丸のログ図  西又山にて(東屋は倒壊してた) 甚吉森にて(先は長い)


2日目はどうしても距離を挽回せにゃならん
でも太助山や高ノ河山〜西又山が結構アップダウンがあってスピードが出ん
甚吉森に着いたのが13時30分、ここから湯桶丸までは既に歩いていたのでちょっとは速めに歩けるかと思ったけど甘かった

今年の春に県境分岐から湯桶丸をピストンしたけど、あん時は空身だったので今回はハードやった

湯桶丸から少しでも金瀬方面へ進もうって淡い期待をしてたけど、何が何が・・・這う這うの体で湯桶丸に17時30分に着いた

ガクちゃんが「事前にここへ水4リッターとビールを置いちょくけ」とラインを貰っていたけど、内心はビールは要らんからその分 水をもう少し置いて欲しかった・・・・(けんど文句は言えんちや)

私は高ノ河山〜西又山間のコル部にある高ノ河谷の源流で補水していたけど、二人ともチョロチョロ溝に流れる水には興味を示さず補水しなかった

これまでの長期縦走で沢水があれば用心の為に絶対汲んでおく習慣が身に沁みついているのだ

まあ、ガクちゃん給水所のお蔭で翌日の飲料水はギリギリ確保されました ガクちゃん ありがとう

2日目は 歩行時間 約11時間、歩行距離 19kmを超える長丁場となった


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-3g-umajimura-2.html



32455.Re: 三日目は湯桶丸から霧越峠のゴールまで
名前:エントツ山    日付:2019年11月21日(木) 07時35分
Original Size: 1280 x 543, 163KB Original Size: 900 x 675, 158KB Original Size: 900 x 675, 165KB

3日目 湯桶丸〜金瀬〜神戸丸〜吉野丸〜鰻轟山〜霧越峠ログ図 雨の金瀬  神戸丸に行けた〜


3日目は予報通り濃霧と小雨が降り出した
ただしこの3日目の縦走尾根は比較的穏やかで、上越峠から神戸丸のルートだけは厳しかった (でも空身でピストンでした)

ガクちゃんは「別府峡温泉に入って鹿カレーを食べる時間的余裕がなければ神戸丸はスキップするきね」って脅す
私は「温泉なんかこの際どうでもええやんか もうこのチャンスを逃したら神戸丸の三角点は一生踏めん気がする」と何度も哀願する

結局、上越峠の神戸丸分岐に着いた時点で考えようって事になった

今回は若手(登山界では)の北川クン実年齢は47歳だが、健康診断の体内年齢は何と22歳だと!!
この体内年齢22歳に引っ張られて57歳のガクちゃんと69歳のエントツ山(体内年齢54歳)が必死について行く

このお蔭で10時00分上越峠に着いたのでツアーリーダーガクガクさんから「神戸丸 行けるにかわらん」の朗報が宣誓された

神戸丸の三角点を踏んで、分岐に帰ったのが11時30分
まだ先が長いので温泉と鹿カレーとノンアルコールビールを現実の物とする為にガクちゃんの足取りが急に早くなった

鰻轟山を14時50分通過して、ヤバそうなトラバース道を抜けて15時45分、北川クンのデポ車がある霧越峠に無事到着した

3日目の行動時間は 約9時間30分
歩行距離は  約 17km

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-3g-umajimura-2.html



32456.Re: シブい阿波・土佐県境と海部山地の縦走
名前:エントツ山    日付:2019年11月20日(水) 19時32分
Original Size: 800 x 900, 165KB Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 161KB

今回のマイナーな縦走路の周辺図ログ 西又山手前コルの水場 今回もお世話になった泉保安夫さんの地図


渋いと言えばシブい山域である
山岳縦走の通(つう)にしかこのマイナーな山域は通して歩く発想が湧かないかも知れない

四国の山を歩いて記録を残す事の大切さは泉保安夫さんから学んだ事だ

今回もガクガクさんや北川さんのお蔭で有意義な縦走が出来た事に感謝!!

エントツ山  

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-3g-umajimura-2.html



32476.Re: 阿波・土佐県境と海部山地の縦走
名前:にくきゅう    日付:2019年11月27日(水) 22時58分
Original Size: 800 x 600, 176KB Original Size: 800 x 600, 148KB Original Size: 800 x 600, 78KB

エントツ山さんお久しぶりです。
どうも長らくご無沙汰しております。

S.Kitaさんのヤマップの活動データを拝見しまして、エントツ山さんが以前から歩きたいとおっしゃっていた徳島南部の山を歩かれたことを知りました。

このスレッドやS.Kitaさんの活動データ見てもほんとにいい感じです。
私はこの辺りは甚吉森しか行ったことないですが、すごくいい感じだったので、日帰りではなくてゆっくり歩いてみたいと思っています。
いつ行っても殆ど人に会わないのがいいですよねっ。



32477.Re: 阿波・土佐県境と海部山地の縦走
名前:エントツ山    日付:2019年11月28日(木) 19時57分
Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 672 x 618, 139KB Original Size: 800 x 600, 162KB

歩いて来た尾根、石立山を眺める   甚吉森〜湯桶丸間の縦走路 日和佐の海が雲間に輝く


にくきゅうさん  今晩は

去年の高瀑以来更新が無いので心配してたけど元気だったのね
又、山で会って肉球マスコットをポニョポニョ触りたいわ

そうそう、この石立山の南側は駒背隧道あたりに電動自転車をデポしておいて日和田から歩くつもりでした

今年の春に干支の山絡みで「猪ヶ森」へ行った時に馬路村から貧田丸〜湯桶丸〜甚吉森〜千本山を歩きました

その時に、湯桶丸から東に延びる金瀬〜吉野丸〜鰻轟山の尾根筋が気になりました

丁度そんな時に同じような事を以前から考えていたガクガクさんよりお誘いがあり即乗りしました

にくきゅうさんがヤマップサイトでご存じの S.Kita さんも那賀川分水嶺を歩いていたので「渡りに尾根」と同志が3人揃いましたわ

霧越峠から日和田までは自転車ではちょっと厳しい距離でしたからねえ

一人歩きも自分の好きなペースで歩けるから気楽なんだけど、仲間と歩く山旅も又いいもんでした

ガクガクさんは昔からの山男だから共同装備は無し! 各自寝泊り炊事用具は持参!とのお達しでした

そのガクガクさんが余裕でガスランタンを付けていざ食事〜〜っていう時に「あれ? アレ? あれ〜〜〜〜?」肝心のガスバーナーを忘れて「さすがベテラン!」と冷やかしましたわ

私はと言えばS.Kita さんの車に行動食の入ったポシェットを忘れるし・・・歳は取りたく無いもんじゃとて


さて、次回はいよいよ那賀山地ですばい
にくきゅうさんのズボンがダニだらけになってた時期は避けますから〜〜

こう言う山行に対するコメントは嬉しいじょ  ありがとね

追伸)そうか・・・ にくきゅうさんもブログからヤマップに切り替えてるんですね
近く、リンクの見直しをする予定ですからその時にリンクを切り替えておきます
何か、ヤマップも無料使用に制限かけて有料化に誘導してる様ですね
それにしても月会費制とは! 人気が出てくると足元見て来るねえ

エントツ山



   

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h31-3g-umajimura-2.html



「32442.阿波・土佐県境と海部山地の縦走」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb