[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



32207.台風一過 六部堂方面から皿ヶ嶺へ遡行  
名前:弁天山    日付:2019年09月23日(月) 22時52分
Original Size: 690 x 800, 165KB Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 600 x 800, 163KB

@今回の地図 A入渓すると普通の谷 水量はまずます B小滝も出てきた

エントツ山さんこんばんは。
台風被害はなかったでしょうか?

せっかくの3連休なのに、台風のおかげで遠出ができませんでした。
愛媛は石鎚近辺は大雨が降ったようですが、松山は大したことはありませんでした。

普段水量の少ない松山近郊の沢ならちょうどよい水量だろうと思って、今回も皿ヶ嶺近郊の沢に行くことに。
今季、既に2回も畑野川方面から遡行しているので、今回は山を挟んで反対側の六部堂方面から久万川の支流を遡行してみました。

車で林道を走り、標高800m位から入渓してみると、普通のゴーロ帯の沢。
これが延々と続くのかと思ったら、やはり皿ヶ嶺の沢、標高870m位からナメが出てくるようになりました。
標高970mでこの谷最大の垂直に立つ1段目が5mの美しい滝にも遭遇。これは登れず捲きました。

意外と当りの沢かと思いきや、これが甘かった。
高度を上げるに連れ倒木が多くなり、なかなか苦労しました。
標高1120m位で水が涸れると、今度はイバラの薮との戦い。
幸い剪定バサミを持ってきていたので、非常に時間はかかりましたが、なんとかクリアできました。

登山道に出会いちょうど3時間で霧がかかった皿ヶ嶺山頂に到着。
人気の山ではありますが、今日は誰一人も会いませんでした。

下山は六部堂越に向けて急な斜面を下りました。
これまで幾度となく皿ヶ嶺に登っていますが、六部堂からの登山道を通るのは今回が初めてでした。
この道は荒れていると聞いていましたが、倒木を踏み越え薮を掻き分けて登ってきた身には、十分立派な登山道でした。

ちょうど1時間で元の車に無事帰還。
来週で沢仕舞の予定ではありますが、また天気が悪そうですね。
今シーズンは近場のしょぼい沢が多く、何か不完全燃焼のような気がしています…



32208.Re: 台風一過 六部堂方面から皿ヶ嶺へ遡行
名前:弁天山    日付:2019年09月23日(月) 22時53分
Original Size: 800 x 606, 165KB Original Size: 800 x 613, 161KB Original Size: 800 x 593, 164KB

C狭い滝、渕が深くて泳ぐ気がしないので捲く

D標高860m位でナメが出てくる

E美しいナメ滝が続く



32210.Re: 台風一過 六部堂方面から皿ヶ嶺へ遡行
名前:弁天山    日付:2019年09月23日(月) 22時54分
Original Size: 800 x 615, 163KB Original Size: 585 x 800, 160KB Original Size: 800 x 600, 164KB

F垂直に立つこの谷最大の滝にて

Gその上も小滝が続く

Hだんだん倒木が多くなり、げんなりしてくる



32211.Re: 台風一過 六部堂方面から皿ヶ嶺へ遡行
名前:弁天山    日付:2019年09月23日(月) 22時55分
Original Size: 600 x 800, 162KB Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 800 x 565, 162KB

I今度はイバラの薮との戦い ハサミでチョキチョキしながら進むので時間がかかる

J立派な指導標のある登山道に合流

K一人の皿ヶ嶺山頂 お疲れモード



32216.Re: やってるね 六部堂方面から皿ヶ嶺へ遡行
名前:エントツ山    日付:2019年09月24日(火) 09時52分
Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 162KB

割石東山三等三角点(点名・菖蒲谷) 四等三角点「杣野」  四等三角点「相名峠」


弁天山さん  おはよう

三連休は最終日の月曜だけ天気が回復した様ですね
ほんま週末の天気が悪くて現役労働者のアウトドア派は気の毒です
所用で日曜日は娘・孫と高松ゆめタウン、月曜日は孫のダンスコンテストで高松イオンモールへと・・・

皆さん、雨で行楽地へも行けず街のショッピングセンターは大混雑でした
そんなに歩いてもいなのにあのダルさは一体何でしょうね
弁天山さんの様に普段職場で多くの人間関係の中に身を置いている人は山や川に行く気持ちがわかります


石鎚山系を西に引っ張っていくと、無理をしない最終地点は皿ヶ峰・引地山になるでしょうね
弁天山さんはこの石鎚山系の西端でストレス解消を行っている訳ですねえ
沢歩きの最後は藪ですが、藪は潜って進む方が効率が良さそうです
イバラに刺されながら、倒木を潜ったり乗り越えたりしながら進むのがアニマル的で良いでしょうね

藪で剪定バサミを出してちょっきんチョッキンする位ですから普段職場でも丁寧な仕事ぶりが想像出来ます

昼間は暑いですが朝夕は涼しくなりました
沢でも水に入る季節は終わりましたが、ナメ歩きであれば秋も楽しめそうですね


エントツ山

  

http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugaihodakajyuso2.html



「32207.台風一過 六部堂方面から皿ヶ嶺へ遡行」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb