[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



32168.三徳山(みとくさん)、三佛寺(さんぶつじ)、投入堂  
名前:エントツ山    日付:2019年09月16日(月) 18時57分
Original Size: 900 x 631, 162KB Original Size: 1143 x 725, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB

三徳山、投入堂の場所   三徳山の案内パンフレット  三徳山の記念手ぬぐい


三徳山の投入堂は随分前にはるちゃんからレポを頂いておりました
直ぐ傍に有名な三朝(みささ)温泉があるのですが、温泉に興味が無い私としては恐らく行く機会が無いと思っていました

今回、大山のキリン峠へ剣ヶ峰で一泊計画を立て、いざ準備をしてみると防寒着や水などでザックは10キロをオーバー

こりゃキリン峠への這い上がりが危険じゃ!と急きょ5月にばんぶうさんから紹介のあった三徳山・投入堂の事を思いだし、半日をそちらへ向けて、翌朝からキリン峠日帰り攻略に変更しました

まあ、どこの修験者の山も役行者が開祖となっております
石鎚山は役行者が山頂に辿りつけずガックリして成就社辺りへトボトボと帰って来ると、そこで斧を削って針を作っている老人に会った

そんな勿体ない事する老人おらんよなあ
まあ、でも役行者は見た! そして悟った! 何事も諦めたらアカンと!
そして又弥山に向けて引き返して行った

で・・・役行者はこの三徳山ではミニチュアのお堂を作って念力で岩窟に投げ入れて大きいお堂にしたとされている

確かに大山へ行く前に一度訪れるのも良いと思った
入り口で400円、上で400円 計 800円
登山靴の様に靴の裏に溝が無ければワラジを借りるか購入しないと駄目
それと単独入山禁止なので、受付で複数人数にならなければイカン
私の場合は丁度駐車場で東京から来た女性が受付をクリアする為に同行者を探していたので丁度良かった

登山としては全然物足りないが、普段登山などしない人にとってはヤバい場所かも知れない

エントツ山

 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



32169.Re: 三徳山(みとくさん)、三佛寺(さんぶつじ)、投入堂
名前:エントツ山    日付:2019年09月16日(月) 19時07分
Original Size: 640 x 480, 154KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 152KB

ベースキャンプの柳生さんに会ったよ〜〜  石仏は五百羅漢より子供がええわ  登拝禁止事項


大きな岩を乗り越えた場所でどこかで見た顔?
あんりゃ 高松ベースキャンプの柳生さんじゃないの!!!
「何処へ行くの?」 (私)
「ナイショ」 (柳生)
有り難い柳生さんの御尊顔を拝謁し御利益があっただろう

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



32170.Re: 三徳山(みとくさん)、三佛寺(さんぶつじ)、投入堂
名前:エントツ山    日付:2019年09月16日(月) 19時14分
Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 675 x 900, 163KB

六根清浄のタスキを架けるのが規則(無料だが要返却)立派な大木がある まあこんな場所も有り

歴史を感じさせる大木や自然林に囲まれて良い雰囲気の森でした
私の靴は長年愛用のスポルィバローカット靴だが歩きすぎて底がツルツル
でも「靴の底を見せて下さい」と言われたが、上から見ただけで「その靴なら結構です」とチェックされずに済んだ

エントツ山

  

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



32171.Re: 三徳山(みとくさん)、三佛寺(さんぶつじ)、投入堂
名前:エントツ山    日付:2019年09月16日(月) 19時21分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 153KB Original Size: 675 x 900, 161KB

これは投入堂では無かった  ワラジの人は足指を岩で打って悲鳴を上げていた 同行者となった東京の人

ワラジは確かに滑りにくいと言ってたが、慣れていないので指先を岩にぶつけてわめいていた

東京のにわか同行者は東アフリカを良く旅行する強者(つわもの)で「ちょっとポーズを取りますので写真をお願いします」と言われた

「シェーですか?」(わたし)
「いえ そんなつまらないもんじゃありません!」(東京の人)
するといきなりそこに倒れ込んだ 
「投入堂と行き倒れの私をうまく撮って下さい」(東京の人)
色んな写真を撮り合ったが、こんなポーズは初めてだった

世の中に色んな変わった人が居るものだわい


ちなみに高速「湯原インター」を下りて小一時間程で三徳寺に着きます


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



「32168.三徳山(みとくさん)、三佛寺(さんぶつじ)、投入堂」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb