[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



32161.ゆるゆるの割石川とハードな表川無名支沢を遡行  
名前:弁天山    日付:2019年09月15日(日) 17時43分
Original Size: 800 x 604, 163KB Original Size: 800 x 582, 164KB Original Size: 800 x 568, 165KB

@割石川行程図 A入渓してしばらくすると広いナメに遭遇 Bナメ滝を越える

エントツ山さんこんばんは。

秋雨前線が終わったと思えば、今度は夏へ逆戻りのような暑さが続きますね。
3週間ぶりに、昨日14日は沢を歩いてみました。

3週間全く運動をしていなかったので、ゆるそうで、まだ行ったことのない沢ということで、久万高原町の割石川を遡行してみました。
面河ダムの源流となる川で、川沿いに酷道494号が通っているので、黒森峠から少し下った川を横断する橋横にMTBをデポ。

入渓して少し進むと、広くて白っぽい岩盤のナメが出現。
渕は浅いプールとなっており、夏場なら小さな子どもでも連れてきて川遊びができるような場所でした。

しばらくナメが続くも、集落近くなるとそこからはゴーロの普通の川原に。
ゴーロがかなり長く続いて終点までこんな感じかと思っていると、標高860地点で、唯一の滝らしい5mの階段状の滝に遭遇。
それから先は階段状のナメっぽい箇所が多かったです。
標高差200mちょっとを2時間かけてゴールの国道の橋に。(ゆるゆるの傾斜ですね)
これを越えて先に進んでみるとナメが続いていましたが、やがて薮が出てきたので引き返しました。

これでは物足りないので、今度は黒森峠にMTBをデポし、割石川とは峠を挟んで反対側の表川の支ザ沢を遡行してみました。

7月にこの谷の隣の谷を遡行し、さほど危険箇所もなかったのですが、ここは水量はないものの、傾斜のきつい小滝が連続。
割石川とは一転、スリリングでかなりきつい遡行となりました。
標高差は同じく200m程度で、ちょうど1時間でやや荒れた林道に出て遡行終了。

昨日はゆるいのとハードなのと2本性格の違う沢に行けて何か得した気分になりました。
今月いっぱいはまだ沢に行く予定です。



32162.Re: ゆるゆるの割石川とハードな表川無名支沢を遡行
名前:弁天山    日付:2019年09月15日(日) 17時44分
Original Size: 800 x 592, 164KB Original Size: 800 x 592, 162KB Original Size: 800 x 600, 162KB

C美しい白いナメが続く

D浅くて大きな渕と小さなナメ滝が続く

E集落近くになるとナメが終了。一転ゴーロ帯に



32163.Re: ゆるゆるの割石川とハードな表川無名支沢を遡行
名前:弁天山    日付:2019年09月15日(日) 17時45分
Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 800 x 600, 164KB

F標高860m地点で唯一の滝らしい階段状の5mの滝に遭遇

G植林の伐採地に出ると日が当り明るくなる

H国道の橋を越えて進むとナメが続くも薮となり、ここで引き返す



32164.Re: ゆるゆるの割石川とハードな表川無名支沢を遡行
名前:弁天山    日付:2019年09月15日(日) 17時47分
Original Size: 800 x 601, 165KB Original Size: 800 x 630, 163KB Original Size: 609 x 800, 165KB

I今度は表川の支沢を遡行。7月の遡行した沢の北隣

J水量は非常に少なく、日の当らない暗い谷

K沢登りというより、崖登りのような感じ



32165.Re: ゆるゆるの割石川とハードな表川無名支沢を遡行
名前:弁天山    日付:2019年09月15日(日) 17時49分
Original Size: 600 x 800, 161KB Original Size: 800 x 628, 159KB Original Size: 800 x 608, 161KB

L細くて急な水路を割れ目に靴を突っ込んで登る

Mオーバーハングした小滝にて ここは捲きました

N1時間でゴールの林道が見えてきた スリリングで楽しかった



32167.Re: 大山 キリン峠
名前:エントツ山    日付:2019年09月16日(月) 12時21分
Original Size: 1024 x 781, 165KB Original Size: 1024 x 576, 165KB Original Size: 900 x 675, 161KB

大山・キリン峠周回ログ図    目標(キリン峠)はあの白いポール   大山の最高峰・剣ヶ峰


弁天山さん  おはよう

相変わらずよう沢へ入ってますね
その内、手足に水かきとか頭の天辺にお皿が生えてこないか心配ですよ
今の所大丈夫?

弁天山さんの場合は香川県と違ってすぐに近場の沢があるからいいですよね

道を繋いだり、沢歩きを丹念に網羅したりする習性は人間だけでしょうね
地図にマジックで線を引いて、「尾根のここからここまでがまだ未踏だから繋ごうとか」「この本流の沢をもれなく詰めてみよう」とか・・・

私も北アルプスの扇沢・種池山荘から岩小屋沢岳〜鳴沢岳〜赤沢岳〜スバリ岳〜針ノ木岳〜蓮華岳〜船窪岳〜烏帽子岳を繋げば日本海の親不知から上高地・新穂岳温泉の北アルプスが繋がるんでザマス


で・・・
大山と言えば、大体のルートは歩いていますが、やはり尾根歩きの最大の難関は「キリン峠」です
今年、一ノ沢から槍ヶ峰へ行った時、上から眺めて「上りなら何とかなるぜ」って思っておりました

鳥越峠から草付きの端まではどうって事もない藪尾根と草原ですが、最後の崩落地がやはりヤバかった

一ノ沢から槍ヶ峰は結構な登山者が上っておりましたが、このキリン峠へ来る人は極端に少ない
「ヤバいから下りて来ました」っていう人もおりました

一人身軽な人が先に苦労して渡って行き上から「ザックは置いて来た方が安全ですよ」って叫ぶ
でもさ、ザックを置いていけば、又ここまで帰らないといけないよ
こんな所下るのは自殺行為じゃんか

すると、先ほど諦めて下った広島の二人組が年寄りの私が行くのを見て引き返して来た。
冗談で「何かあったらヘリ呼んでね」って言って勇気を出して這い上がって行きました
中段から見ていると相当行くか行かざるべきか悩んでおりましたが、二人とも藪の中に鳥越峠までの下山も嫌だからと上って来て、この内の一人が三脚とカメラを持って来ておりキリン峠の鉄柱で記念撮影をしました

カメラがトラブルになり撮影が出来ないと嘆いておりました
まあ、結構ガスがかかって良い写真は無理な日でした


お互い十分に注意してギャラリーから「いつかは(事故を)やると思ってた」と言わせない様にしましょうぜ


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-8g-tsurugidake.html



「32161.ゆるゆるの割石川とハードな表川無名支沢を遡行」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb