[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



32128.意外とカンタン 一合目からの富士登山  
名前:エントツ山    日付:2019年08月30日(金) 05時39分
Original Size: 926 x 1024, 164KB Original Size: 675 x 900, 165KB Original Size: 900 x 675, 156KB

一泊二日富士登山ログ(経過時間付き)  前日は須山浅間神社にお参り 水ヶ塚公園駐車場にて車中泊


今回は餓鬼岳〜燕岳の登山装備からテント装備品を抜いてほぼそのままのザックで高松を出発

高速料金の安い8月24日(土)に新東名高速・新富士ICで下りて須山浅間神社へお参りした後、須山1合目登山口となる「水ヶ塚公園駐車場」へ向かう

手前でヘマをして水ヶ塚公園と「ぐりんぱこどもの国遊園地」を間違って入ってしまい登山口を訪ねて恥をかく
有料駐車料金1,100円を返却して貰い、少し上に進んだ水ヶ塚公園有料駐車場(1,000円)に到着

ここは富士宮5合目登山口のバスターミナルとなっており、富士山も見えるし何日車を停めても1,000円だし売店もありトイレも有る

だた、駐車場職員の誰に聞いてもここからの登山口を知る人に出会わなかった

須山一合目登山口は駐車場入り口の道路を渡った反対側にありその場所を確認した後にガスバーナーでカップラーメンを作る

旅行と違って登山をする時は極力お金を使わないのがポリシー? 今回の富士山は国立公園内になるのでテント泊禁止となりどうしても山小屋に一泊しなくてはならない

水もペットボトルが500円もするので二日分はザックで運ぶ
行動食はビスケットとおつまみ豆セットとプラス途中のサービスエリアで買った豪華な焼き鯖寿司だ

山の会みたいに前泊は旅館、山では山小屋、下山して温泉旅館ってな事をしてたら財政破たんとなって遠征に行く回数が激減してしまうのだ

全国的に天気が悪いが「天気とくらす」をチェックして翌日から2日間は「A」評価の日を選んだが、山の天気は登ってみなければわからない

さてどうなるやら・・・

(続く)

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html



32129.Re: 意外とカンタン 一合目からの富士登山
名前:エントツ山    日付:2019年08月30日(金) 06時02分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 156KB

スタートは須山一合目登山口  御殿庭と呼ばれる原生林を歩く   宝永山と第二火口  

05時50分須山一合登山口を出発する
ここからは御殿庭などと地名が付けられている宝永山の裾野に広がる原生林を歩く
標識などは十分過ぎる程に設置されているので迷う心配もなく宝永第三火口〜第二火口と回って第一火口縁を右手に進んで宝永山の山頂を踏む

このルートは現天皇が皇太子時代に歩いた事から「プリンスロード」の看板が沢山立っていた

やはりガスが出てきたが火口の様子は良くわかり、他のルートより変化があって楽しい

(続く)

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html



32130.Re: 意外とカンタン 一合目からの富士登山
名前:エントツ山    日付:2019年08月30日(金) 05時43分
Original Size: 900 x 675, 159KB Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 155KB

宝永山の山頂はガスの中  良く写真で見る荒涼とした登山道(上の建物は赤岩8号目館  16時50分山頂に着く

宝永山から御殿場ルートに合流して赤茶けた登山道をジグザグと上る
わらじ館、砂走り館、八号目赤岩館とこのルートには3つの山小屋がある
後二つの旅館は廃業もしくは休館となっていた

普通はこのどれかに泊まって翌朝02時過ぎからヘッドランプを点けて山頂を目指すツアーが多い
夜間登山は登山者が多いだけに落石などもあってあまり好ましくない
ちゅうことで、一気に山頂にある「山頂富士館」を目指す
山頂に泊まれば朝ゆっくりと出来る(・・・とその時は思ったのだが・・・)

(つづく) 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html



32131.Re: 意外とカンタン 一合目からの富士登山
名前:エントツ山    日付:2019年08月30日(金) 06時13分
Original Size: 900 x 675, 165KB Original Size: 900 x 506, 149KB Original Size: 900 x 506, 163KB

山頂富士館の前で(十数年前にも同じ場所で写真を撮って貰った) 夕暮れの剣ヶ峰  富士館の寝床〜〜

兎に角、山頂に着いて山小屋の富士館にチェックインする
当日の予約は受け付けられずに「18時までに入って下さい それからの受付となります」と言われたいた

ガスバーナーは小屋の中では使えず、外は物凄く寒いので1000円のレトルトカレーをしかたなく注文して一泊一食で7千円を払う
(素泊まりだと6千円、土曜日は千円割り増し)

で・・・部屋に案内されてビックリ
下の廊下で泊まった恐怖の阿曽原温泉を思い出した
部屋一杯に敷き詰められた布団、トイレに出るスペースも無い!
門限は18時30分、消灯は19時、起床は04時、チェックアウトは04時30分と説明を受ける
しかたなく富士山頂受刑者になるしか他に手立てはない

手早くレトルトカレーを済ませて剣ヶ峰に向かう
どうせ翌日は大渋滞で剣ヶ峰の写真など撮れない事が予想された
今は運用されていない富士山測候所の建物が邪魔になって折角の夕日が十分見られなかったのが残念だった
だって門限が18時30分だもん・・・・・

宿泊所は香港から来た中国人で溢れており、そのイビキがドうるさい!!
睡眠導入剤のお世話になって何とか数時間は凌ぐ事が出来た

翌朝、04時起床
「04時半にトイレを閉めますからそれまでに済ませて、外に出て下さい」 う〜〜ん 登山者ファーストって言葉は富士山の山小屋では無いと思った方がよさそうだ

外では既に多くの登山者が下から上ってこられており、寒さの為に富士館の食堂に入りたがっていたが「売店のオープンは05時半からです」と入り口が閉められる

登山者は岩陰や浅間大社奥宮の建物の陰で寒風を避けていた


(続く)

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html



32132.Re: 御鉢巡り 約2時間
名前:エントツ山    日付:2019年08月30日(金) 06時23分
Original Size: 900 x 506, 148KB Original Size: 900 x 506, 160KB Original Size: 900 x 675, 164KB

御来光を拝んでから反時計回りにお鉢巡り  雲海を見ながら歩く 吉田口の賑やかな銀座通り(奥は白山岳)

御殿場口より少し東に回り込んだ場所で御来光を見る
道には沢山の人が居るのでどうしても斜面に這い上がって見物している
同じ日の同じ時刻に吉田口近くで落石事故がありロシア人女性が亡くなったと後から知った
暗い中で足場が悪い場所をあまりウロウロするのは危険だと思う 

お鉢巡りと言っても山頂の外周をキッチリと歩く訳では無く、北側の白山岳や雷岩辺りはルートが少し内側を回っている

残雪は万年雪の場所に少しだけ汚れて残っていた

最高点の剣ヶ峰は早朝からごった返すので前日の夕方訪問していたからパス
宿泊所のある富士宮口・富士館からスタートし反時計回りで浅間大社奥宮〜御殿場口〜須走・吉田口〜久須志神社〜剣ヶ峰横〜下山する御殿場口へと歩く

(続く) 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html



32133.Re: お鉢めぐり 約2時間
名前:エントツ山    日付:2019年08月30日(金) 05時48分
Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 506, 159KB

久須志岳から剣ヶ峰       小内院・(火口)    大内院・(本火口)


やはり富士山へ上ったらお鉢巡りをしてその雄大さを実感しないとね
日本最高点の剣ヶ峰は二等三角点「富士山」3,775.51mだが、その横に少し高い岩場があり富士山の標高は3,776mって事になっているらしい

剣ヶ峰の富士山測候所は気象衛星などの発達もあって2004年に運用を終了し、現在は富士山特別地域気象観測所として無人で簡単な気象観測が行われているらしい

出来ればもう少し日本最高点から離れた場所にあって欲しかった
(景色が悪い)

富士山頂を一周して浅間大社奥宮で高校受験の孫に学業成就の神頼みをしてお札を貰う(気休め〜)
その後下山口の御殿場口へ回る

(続く)

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html



32134.Re: 下山は須山一合目まで 約6時間
名前:エントツ山    日付:2019年08月30日(金) 06時27分
Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 153KB

御殿場ルート下山風景       山小屋の料金表       大砂走り

下山は途中まで御殿場ルートを重複し、その後下山専用の「大砂走り」を走らず歩く
間違ってここを上ってくる人が居て足元がズルズル滑って苦労していた
一直線に富士山を下るので爽快だが、霧が出て足跡と木のポールが目印となる

ここの砂は大山の砂走りと違ってたっぷりと砂の量がある

(続く

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html



32135.Re: 大砂走り旧二合八勺から須山方面へ右折する
名前:エントツ山    日付:2019年08月30日(金) 06時31分
Original Size: 900 x 675, 158KB Original Size: 900 x 675, 155KB Original Size: 900 x 675, 165KB

大砂走りにある須山道分岐ポール  途中から足跡がなくなり双子山の手前を適当に横切る  須山道への道が現れる


大砂走りから出発点の須山一合目までショートカットルートを歩く
昭文社・富士山にはこのルートが記されているが、地形図には途中で破線は切れている

このルートは余り歩く人が居らず足跡は途中で無くなる
昭文社の地図では「標柱を目印に歩く」とあるが、標柱など倒れて見当たらない
でも地図を見て、先にある破線ルートに向かって適当に進むと、立派な道に出合った

ここは普段のテキトー歩きが活きてくる

(続く)

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html



32136.Re: 須山口へ向かって静かな場所を歩く
名前:エントツ山    日付:2019年08月30日(金) 06時33分
Original Size: 900 x 506, 165KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 900 x 675, 165KB

幕岩へルートを少し外れて寄る   御胎内にもルートを少し外れて寄る  雨の原生林を須山口へと進む


ショートカットルートのチェックポイントになる幕岩と御胎内を訪問するが、双方共規模が小さい物だった。

自衛隊演習場からの砲撃音を聞きながら雨の原生林を歩き14時18分須山口へと帰る


単調な富士登山としては総じて面白いコースを歩けたと満足!

以上

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html



32137.Re: 意外とカンタン 一合目からの富士登山
名前:シン    日付:2019年08月31日(土) 22時02分
意外とカンタンでは無いような気がしますが、この距離(⌒-⌒; )

昭和21年生まれのワタクシの父では歩き出して10分で終わりです


32138.Re: 意外とカンタン 一合目からの富士登山
名前:kurenaikai    日付:2019年09月01日(日) 17時02分
Original Size: 640 x 426, 49KB Original Size: 640 x 426, 49KB Original Size: 640 x 426, 50KB

エントツ山さんこんにちわ一合目から富士登山とはすごいですね。単調ですが何せ歩く距離が結構ありますから疲れがたまりますね。頂上館は泊ったことないけれどすごい状態ですね。門限があるので自由に動けないのが残念です。私なら夜星空を撮りたいので泊るのは無理そうですね。私もお盆の時期に弾丸登山で御殿場から登りました。御殿場ルートは歩く距離が長いので人は少ないのと登山口まで車で行けるのが良いです。残雪の時期も登ったことありますが富士山は登る山ではなくて見る山ですね。遠くから見るほうが素晴らしいです。
www43.tok2.com/home/kurenaikai/



32139.Re: 意外とカンタン 一合目からの富士登山
名前:エントツ山    日付:2019年09月01日(日) 22時14分
Original Size: 900 x 506, 165KB Original Size: 900 x 506, 165KB Original Size: 900 x 506, 159KB

須山一合目からの原生林    宝永山第一火口斜面      剣ヶ峰  

しんクン
kurenaikai さん   今晩は

雨が多くてサッパリの夏でしたねえ
しんクンのお父さんは昭和21年生まれですか
私は25年3月ですから学年で3年先輩でしょうか
この辺りの3〜4年の差は凄く大きいのよね

伊予の鈍亀さんと「もう残りは少ないなあ」と嘆きながら励まし合いながら遠征に行ってます

しんクンなど、富士山はチョロイと思います
面白くないかもね
今回はちょっとした因縁を清算に行ったけど、富士山は恐らくこれが最後だと思います
やっぱり山歩きは北アルプスに限りますわ


kurenaikaiさんは弾丸登山でしたねえ

確かに富士山は眺める方が美しいですわ
五合目から上など単調な景色で写真を撮っても絵的に心が動かされません
価値があるとすれば「日本一の山」「日本を象徴する山」って場所を日本最高標高点まで歩く事でしょうか

いよいよ秋山が近いですね
楽しみです

お二人さん  コメントありがとうございました

エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h26-8gatsu-tsugamishindou.html



32148.Re: 意外とカンタン 一合目からの富士登山
名前:おじょも    日付:2019年09月05日(木) 22時25分
Original Size: 800 x 419, 189KB Original Size: 800 x 600, 107KB Original Size: 800 x 600, 50KB

ログ      落石が起きたあたり      ガスって何も見えない山頂



エントツ山さん    皆さん     今晩は


私も 8月31日に 悪天候の 富士山に 登って来ました


去年は 小屋が閉鎖した後 日帰りで 富士宮ルートから登り お鉢めぐりをしてから
御殿場ルートを下り その途中から 宝永山を通り 周遊しました(プリンスロード)
一日中 晴天で 影富士などの 素晴らしい景色を 堪能出来たのですが


今回は 初めて 富士山に登る 初心者が二人居て 小屋泊まりになりました 
吉田ルートを登り 瞬間風速21mの風の中 登頂後 七合目の鳥居荘まで下り 宿泊して 翌朝下山しました


富士山の山小屋は キャンセル料が 前日が80% 9日前で50% 20日前で30%で
キャンセルが しずらいようにしています

予約していると 少々天候が悪くても 無理をして 行くようになってしまいます



富士山の山小屋は どこに 宿泊しても 枕の幅が一人分で 寝返りも打てないような 状況で
眠れない 夜が とても 長く感じて 辛いですね  
何とか してほしいが・・・・ 
https://ohara98jp.exblog.jp/



32149.Re: 悪天候の遠征ほどつまらないものは無いですねえ
名前:エントツ山    日付:2019年09月06日(金) 12時45分
Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 158KB

三年前の富士登山(最悪の天候) 山小屋には七輪が2つしか無かった  二段ベッド式の方が大広間雑魚寝よりマシですね


おじょもさん  こんにちは

悪天候の遠征程つまらない物はありませぬ
「天気とくらす」の予報が「A」で無いと先ず行きませんわ

でも、働いているとそうもいきませんよねえ
「富士山の山小屋は キャンセル料が 前日が80% 9日前で50% 20日前で30%」ですか〜〜
キツイ縛りですね

私は旅館を予約せずに行きましたわ
まあ、山頂で「泊まれません」とは言われないだろうと・・・

前日のキャンセル料が8割はともかく、9日前で5割も取られるんですか  エグすぎます!

まあ放っておいても登山客は日本人も外国人も押し寄せますから山小屋ファーストになってしまいます

3年前に高松市民登山学校で富士山へ行きました
雨は昼過ぎには止むとの判断で暴風雨の中を上りましたわ
横殴りの雨では雨具も防水袋もアウトでした
案の定、低体温症になって途中で倒れた仲間が出ました
保健所関係の女性が居たので素っ裸にして毛布に包んだりホッカイロを抱かせたりして介抱されてました

おまけに山小屋には乾燥室など無く、2個の七輪だけでした
「山をナメるな」って山小屋の人に良く言われますが、逆に「登山者をナメるな」って言いたいですね

だからこんな程度の山小屋がある山は「天気の良い日」に登らなくてはなりませんね

私も現役時代に槍ヶ岳へマーシーさんと上った時に風雨が強くなり、強風で吹き飛ばされた事があります
槍ケ岳へは7回程登っていますが、さすがにこの時だけは山頂にも行く気がせず山小屋で寝てました

遠征は出来れば一週間程天気が安定した期間で決行したいですねえ


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/r1-7g-sakasegawa.html



「32128.意外とカンタン 一合目からの富士登山」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb