[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



31736.新緑の鈴鹿山脈は素晴らしい  
名前:高御位山    日付:2019年05月30日(木) 17時29分
Original Size: 768 x 1024, 92KB Original Size: 1024 x 682, 92KB Original Size: 1024 x 682, 92KB

 師匠、マーシーさん、鈍亀さん、お久しぶりです。マーシーさん、
久し振りの登場ですね。生きて居ましたか。落とし物の報告での登場
とは・・・ もう一寸華々しく登場して下さい。見えを切って。

 大峰山、大台山系、鈴鹿も良いでしょう。藤原岳から鎌ガ岳迄、主稜
縦走ですね、遡行距離は短いですが、両面の沢も素晴らしいですよ。急流
岩壁、ゴルジュ、洞窟、何でも有り。但しヒルが多いのが鈴鹿の特色です。
 師匠、マーシー。鈍亀さんなら、十分に楽しめるレベルの高い渓谷です。

 26日に50tのホンダdunkで豊岡市に有る植村直巳冒険館に足を運びました。
1994年4月に開設された此の館は当時植村記念館と命名された居ましたが、
何時の間にか冒険館に変わって居ました。これは東京板橋に有る植村直巳冒険館
に合わせたとの事。植村夫人に敬意を表したとの事でしょうか。此方の方が
が先輩の記念館ですが・・・

 開館した時は、本館のみで展示品の少なくて一寸寂しい感じでしたが、今では
新館も増築されてボルダリングのボードも新設され、おばさんもクライミング
を楽しんで居ました。神鍋高原スキー場に面した静かで素晴らしい建物です。

 1996年日本建築学会賞を受賞し設計は栗生明氏です。 この日は豊岡市の気温は
36度、カブで走っていても暑かったです。往復走行距離は295km。老体には
堪えたです。3日間、身体が疲労して、動けなかったです。

1 植村直巳氏が通った地元の小学校 
2 植村直巳冒険館の入口前の芝生
3 氷河のクレバスをイメージした通路



31737.Re: 新緑の鈴鹿山脈は素晴らしい
名前:高御位山    日付:2019年05月30日(木) 17時37分
Original Size: 1024 x 682, 89KB Original Size: 1024 x 682, 92KB Original Size: 682 x 1024, 92KB

1  案内の学芸員の女性、丁寧な説明であった。
2 北極で使用した通信機器類
3 彼が使用した時代物のリック、登山靴等。



31738.Re: 新緑の鈴鹿山脈は素晴らしい
名前:高御位山    日付:2019年05月30日(木) 17時49分
Original Size: 662 x 1024, 92KB Original Size: 1024 x 682, 92KB Original Size: 1024 x 682, 92KB

1 デナリで遭難した時、明治大学山岳会炉辺会が対応した行動記録。
2 一次、二次遭難捜索の記録 
3



31739.Re: 新緑の鈴鹿山脈は素晴らしい
名前:高御位山    日付:2019年05月30日(木) 17時56分
Original Size: 682 x 1024, 91KB Original Size: 1024 x 682, 92KB Original Size: 1024 x 683, 90KB

1 ベースからウエストバットレス、5200mの雪洞から山頂迄 
2 展示会場にて 
3 表示プレート



31740.Re: 新緑の鈴鹿山脈は素晴らしい
名前:高御位山    日付:2019年05月30日(木) 18時31分
Original Size: 1024 x 682, 89KB Original Size: 1024 x 682, 87KB Original Size: 1024 x 682, 92KB

1 北極探検で使用したテント、装備。 
2 中庭に作られた人工壁を登る女性



31741.Re: 新緑の鈴鹿山脈は素晴らしい
名前:高御位山    日付:2019年05月30日(木) 18時36分
Original Size: 1024 x 682, 92KB Original Size: 1024 x 682, 87KB Original Size: 1024 x 718, 92KB

1 人工壁
2 北極探検で使われたテント
3 山に登れないけれども口だけは元気です



31742.Re: 無事コレ名馬ナリ
名前:エントツ山    日付:2019年05月30日(木) 22時30分
Original Size: 568 x 800, 107KB Original Size: 575 x 600, 75KB Original Size: 800 x 600, 156KB

クレバス転落時の救護用竹竿を差す植村直己 笑顔は誰も良いですねえ 加藤文太郎使用と同じタイプのアイゼン 


高御位山さん  今晩は

バイクで300km近く走行される位ですからお元気そうで何よりです
鈴鹿山脈を少し歩いてみましたが、コンパクトで良い山域ですね

沢のカジカは歓迎ですがヒルは御免こうむりたいです
冷静に考えると同じ吸血鬼でもマダニの様に実害は無いに等しいのですがやっぱり気持ち悪いし嫌ですねえ

加藤文太郎さんも植村直己さんも高御位山さんも同じ兵庫県の出身ですよね
植村直己さんは同じ県出身の加藤文太郎さんに憧れていたみたいですね

二人の共通点は出身県だけでなく脚力が非凡であった事と「冒険や登山では死んではいけない」と言いながら若い奥様を置いて最後は山で亡くなってしまいました

三浦雄一郎さんの様に医者や取り巻きやヘリコプターに助けられて高齢大名登山もなんだかなあ・・・って思いますが山歩きで死んだらイカンですわ

こういうタイプの人は元々家庭を持つのが許されない人種だったのかも知れません

一昔前の登山家が使ったアイゼンなんか足枷(あしかせ)の様に重たく頑丈ですね まるで農機具です
服も靴もザックも食料も凄く重たい装備ですねえ

そんな時代に生まれていたら絶対に山歩きなどしておりませんわ
高御位山さんの現役時代も軽量化したとは言え、今私が使っている道具と比べると重たくて体力が要った事でしょう

私の山歩きスタイルは高御位山さんのやられていた山行と比べ様も無く安全でスケールが小さいものです

50歳を過ぎて始めた山歩きですから時の経つのが早すぎて技術も体力も付ける暇も無く弱っていきます
伊予の鈍亀さんと「後(のこり)がないからなあ・・・」と嘆きながら面白い山歩きを選んで楽しんでおります

よく「一人で山で寝て怖く無いん?」と言われますが、「人間社会の方がもっと怖いわ」と返しています
ホンマ、最近 人間社会の聞きたくないニュースが多すぎますね

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h28-11g-yake-jyonen2.html



「31736.新緑の鈴鹿山脈は素晴らしい」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb