[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



31179.リヲンさんと寒風〜笹を縦走  
名前:弁天山    日付:2019年02月03日(日) 21時51分
Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 165KB Original Size: 800 x 578, 165KB

@雪が降ったというのに寒風山の雪は大したことはなかった A伊予富士の雪はどうだったのでしょうか? B寒風の山頂にて

エントツ山さん こんばんは。
今週末は岡山からリヲンさんを迎えて寒風〜笹を縦走してみました。

朝、登山口に着くと新雪が積もっており、これなら上はかなり雪があると思い、スノーシューを担いで登ることに。
桑瀬峠まで登るも雪の量は大したことはなく、伊予富士へのピストンも考えましたが、この雪の量なら笹ヶ峰まで行けるだろうと、寒風に向かうことに。

すばらしい晴天でしたが、天気が良すぎて霧氷はほとんどありませんでした。
2時間20分ほどで寒風に到着し、小休止の後に笹に向かうと先行者1名の足跡があり、これを追うことに。

下り始めてすぐに、稜線の北斜面は雪が深い場所があって進めないので、スノーシューを装着。
しかし、シューを着けたもののトラバース道は傾斜が急でおっかなく、結構アップダウンもあっててこずりました。
先行者はプラ製のスーパーカンジキで歩いていましたが、このコースはワカンの方がいいように感じました。

笹ヶ峰に近づくと、比較的平坦な道となり、シューでも歩きやすくなり、先行者の若者にも追いつきました。
山頂手前は道が北斜面についているので、そこは雪が深くてスノーシューでなければ大変でした。
寒風から3時間弱で笹の山頂に到着。
ここで大永山トンネルからスノーシューで来られた方とお会いしましたが、6時間以上かかったとのことでした。

下山は南尾根を1時間半ほど下りましたが、ひたすら急な下りが続いて、いつもながら疲れた足にとどめを刺すようなきつさですね。
あとは、50分ほどの長い林道歩きで駐車場に到着したのはちょうど17時で、2人ともグッタリでした。
しかし、今季は下津池方面の林道が崩れており丸山荘側から笹ヶ峰には登れないので、雪の笹に登れてよかったです。
最近あまりハードな歩きはしていないというリヲンさんには、少し申し訳なかったですが…



31180.Re: リヲンさんと寒風〜笹を縦走
名前:弁天山    日付:2019年02月03日(日) 21時53分
Original Size: 800 x 609, 162KB Original Size: 600 x 800, 164KB Original Size: 800 x 608, 153KB

Cピーカンの青空 伊予富士方面  D次は笹に向けて下る E稜線の北側は雪が深く、スノーシューを装着



31181.Re: リヲンさんと寒風〜笹を縦走
名前:弁天山    日付:2019年02月03日(日) 21時54分
Original Size: 617 x 800, 164KB Original Size: 800 x 566, 157KB Original Size: 800 x 594, 165KB

Fシューを着けるもトラバース道がおっかない Gアップダウンも結構ある H数少ない霧氷が残っている場所 



31182.Re: リヲンさんと寒風〜笹を縦走
名前:弁天山    日付:2019年02月03日(日) 21時56分
Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 578, 156KB Original Size: 800 x 600, 161KB

I稜線の南側は雪があるのは登山道のみ J笹ヶ峰が近くなりだいぶシューでも歩きやすくなった K浮島のような沓掛山



31183.Re: リヲンさんと寒風〜笹を縦走
名前:弁天山    日付:2019年02月03日(日) 21時58分
Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 800 x 600, 162KB

L笹ヶ峰山頂の祠 M山頂にて記念撮影 お疲れ様でした N南尾根に向けて下山



31186.Re: リヲンさんと寒風〜笹を縦走
名前:エントツ山    日付:2019年02月04日(月) 19時14分
Original Size: 900 x 675, 95KB Original Size: 900 x 506, 149KB Original Size: 900 x 675, 149KB

寒風山〜笹ヶ峰の尾根(冬季)  やっぱ山の醍醐味は朝日でしょう  ストック色々

弁天山さん  今晩は

リヲンさんは去年の大山以来ですがお元気そうですねえ
今回はトレーニング不足だった様ですが、ザックはパーゴワークスっぽくって服装もカッコいいですわ
弁天山さんも相変わらずの渋いファッションでございます
せめてザックをオレンジか赤にするとかさあ・・・

寒風山〜笹ヶ峰の縦走は無雪期はどうって事のない場所ですが、やはり冬場は面白いですねえ
無雪期は1時間とちょっとですが、雪があると3時間もかかりましたか

土曜日の雪山は期待外れでしたが、お天気が良いのが何よりも優先される条件ですから仕方ありません

瓶ヶ森も西陽がまともに当るので雪は少なくて少し残念でした
まあ、石鎚に沈む夕日と伊予富士の右手から昇る太陽が見えたのですから文句は言えません

以前、私が大永山トンネル口からチチ山〜笹ヶ峰へ行った時に弁天山さんと初めてお会いしたんでしたよね
大永山トンネル〜笹ヶ峰の縦走も冬場はキツいですから土曜日にお会いした方も片道6時間以上かかった訳ですね
途中でギブアップせずに来られたのは大したもんですわ

普段、11kgの荷物を担いで堂山や犬返でトレーニングしていても東之川から瓶ヶ森はしんどかったですばい
日曜日に3人でこのルートを下りながら「ようもこんな急な傾斜を昨日登って来たにかわらんちや」と半分呆れながら話した事でした

ず〜〜〜っと上りですからねえ
ストックが無ければ絶対無理ですわ
ストックと言えば、ガクチャンは「ダバダ」というメーカーのストックを愛用しており何とその値段が2本で3千円ですと!
これがネットでも結構使用者の評判が良くて、ガクちゃんなどは夏用と冬用の2セット持ってるらしい

Kita 君のストックは グリップウェルという日本のメーカーでカーボン製、こちらは値段が2本で1万8千円程するらしい

私のストックは丁度中間でモンベルのULフォールディング、これは4つ折りにしてザックに収納が便利 値段も一本4千円程です
でも色々欠陥があり現在は廃盤になっておりやす

ストックは消耗が激しいのであんまり高価な物は不要ですねえ

何だかんだ言いながら立春を迎えてしまいました


エントツ山 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html



31189.Re: リヲンさんと寒風〜笹を縦走
名前:弁天山    日付:2019年02月04日(月) 23時11分
Original Size: 596 x 800, 156KB Original Size: 800 x 600, 155KB

@アマゾンで買ったカーボンストック3175円 A同じくアマゾンで買った14本爪アイゼン3899円

エントツ山さん こんばんは

雪山では雪の上にそのままザックを置いても濡れなくて済むよう黒のザックカバーを掛けてます。
でも、言われて見ると確かに地味な格好ですね〜 気にしませんけど…

私は服装を始めほとんどブランド信仰がなく、CPが高く実用性があればOKです。
ストックは衝撃で簡単に折れたり曲がったりするので、私も消耗品と考えています。
昨年買ったカーボン製のレバーロックストックなど2本で送料込み3175円でした。

最近もアマゾンでCPが高いお買い得の14本爪のアイゼンを見つけ、ついつい買ってしまいました。ケース付きの送料込みで3899円。安いですよね。作りはしっかりしているものの、中国製で2本セット1200gと重いのが欠点ですが…(ほとんど足の筋力強化訓練用アイゼンです)

またアイゼンコレクションが増えましたが、このように無駄な買い物をしてしまうので、結局トータルではCPは高くないのですよね〜百円ショップでついつい余分な物を買うのと同じかも?
貧乏性なので、これは治りませんね。



31191.Re: リヲンさんと寒風〜笹を縦走
名前:エントツ山    日付:2019年02月05日(火) 22時09分
Original Size: 850 x 637, 165KB Original Size: 850 x 566, 164KB Original Size: 850 x 566, 164KB

ガクちゃんから貰った瓶ヶ森登山写真


弁天山さん  今晩は

山の道具って時と場合によりけりやね
我々の道具選びは「四国の山歩き」って前提の話だと断っておきましょう

厳しい冬山や外国の山など一流の登山家とは一線も二線も隔している道具論です

伊予の鈍亀さんの様にその辺に転がっている木の枝でストックを調達する達人もいるしね これより安いストックはありません
私もストックを持って行かない時はもっぱら木の枝ですね
でも3千円でダブルストックが買えるのなら、そして性能がそんなに遜色ないならグッドチョイスです

一時話題になったチェーンアイゼンにしてもどこの雪山でも使える物でもなくケースバイケース
この使い分けも経験と言うしかありませんわ

CP(コストパフォーマンス)が良い山道具を使うと何か得した気持ちになりますねえ
中国なんかあちこちの国からライセンス生産を受けているから次第にノウハウを蓄積して2本で3千円のカーボンストックを造れるんでしょう
ガクちゃんの「ダバダ」を使わせて貰ったですが軽いしそこそこ丈夫だし全然問題ない様でした


ただし、私の場合 テント泊をするので「軽さは正義」っていう面があり、重いのは論外です
でも道具の軽さと値段の高さは反比例するので辛い所です
たかが200グラム、300グラムの違いが積み重なってザックが重くなってしまいます

ファッション・・・・・
男がそこにあんまり拘(こだわ)るとちんどん屋かサーカスのピエロみたいな事になってしまいますからねえ


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/26sanrei-h26winter.html



「31179.リヲンさんと寒風〜笹を縦走」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb