[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



30854.一二三の森と西山へ マイナー縦走  
名前:弁天山    日付:2018年11月26日(月) 23時32分
Original Size: 576 x 800, 160KB Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 587, 163KB

@今回の行程 A平坦なススキの原 一の森山頂 B二の森に向けて道なき急登を進む

エントツ山さん こんばんは。
三連休はすばらしい天気でしたね。標高の高い山は霧氷が見られたようですね。
私は一日だけ仕事が休みだったので24日の土曜にまだ登ったことのない山ということで、新居浜の東平から一の森→二の森→三の森→西山を縦走してみました。

先ずは東平に向かう一の森麓のヘアピンカーブに車を置くと、昔の住居跡なのか石垣の跡がたくさん残っており、そこから取り付いて急斜面を登るとすぐに平坦で広い一の森山頂へ到着。
ススキの中に道があったのでそれを辿ると、何のことはないちゃんとした遊歩道があり、解体が決まった「銅山の里自然の家」に下りました。

次の二の森へは道路を挟んで反対側の自然の家の施設脇から登り始め、道なき急斜面を登りきつかったのですが、植林地で下草に薮がなく意外と歩きやすい。
その内、作業道らしき踏み跡に出会い、それを辿って稜線に出てしばらくすると標識があり、そこが二の森でした。

さらに三の森には稜線を辿り到着。途中薮もなく歩きやすいのはいいのですが、せっかくの晴天なのにほぼ展望がなく、樹間からちち山方面がわずかに見えるのみでした。

最終目的の西山へも急登が続きますが、高度上がり風も冷たく地面は沢山の霜柱が立っていました。笹が枯れて意外と薮もなく、すんなりと歩き始めて3時間半で西山山頂に到着。
山頂付近からは雲ひとつないすばらしい展望でした。

下山は銅山越からヒュッテ方面に下り、途中の分岐から新太平坑と標識のある道を歩いてみることに。
最近歩かれていないようで、新太平坑から先はやや薮っぽく、斜面崩壊で道が寸断されたり、木の橋が朽ちかけたりした危険箇所もありました。
なんとか下っていくと、幾重に重なった石垣が残る集落跡に到着。往時は多くの人々がここに暮らしていたのでしょうか?
2時間半ちょっとで東平登山口手前の広場に到着。
下りてきた道の入口には「全面通行止」の看板が。どおりで道が荒れていると思いました。

今回は西山山頂で1人会った以外に誰にも会わない静かな単独行でしたが、ほとんど迷うこともなく、初めて道が歩けてよかったです。
それにしても、東平駐車場には東洋のマチュピチュ目的の多くの観光客がきており、びっくり。その中を、よれよれの登山の格好で歩くのは恥ずかしかったです。

昨日はマイントピアからシャトル輸送するマイクロバスが3台も走っていましたよ。
この観光客が先ほどの石垣の集落跡を気軽に見学できるようになると、もっと人気があがるような気がするのですが…



30855.Re: 一二三の森と西山へ マイナー縦走
名前:弁天山    日付:2018年11月26日(月) 23時33分
Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 578, 161KB

Cそっけない二の森山頂を通過 標識がないと分からない D三の森山頂で記念撮影 E薮もないけど展望もなし なんとか樹間から見えるちち山に霧氷がある



30856.Re: 一二三の森と西山へ マイナー縦走
名前:弁天山    日付:2018年11月26日(月) 23時34分
Original Size: 800 x 578, 162KB Original Size: 800 x 600, 162KB Original Size: 800 x 600, 163KB

F手前の小ピークから見る西山 G西山山頂付近から望む東西赤石 H新太平坑 坑口は閉ざされツララが



30857.Re: 一二三の森と西山へ マイナー縦走
名前:弁天山    日付:2018年11月26日(月) 23時35分
Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 600 x 800, 164KB Original Size: 800 x 592, 162KB

I川まで下ると昔架けられた橋があった J朽ちかけで危険な木の橋 なんとか渡れました K幾重にも重なる集落跡の石垣に驚き



30860.Re: 一二三の森と西山へ エントツ山と伊予の鈍亀さんの庭ですな
名前:エントツ山    日付:2018年11月28日(水) 21時08分
Original Size: 800 x 632, 165KB Original Size: 701 x 704, 127KB Original Size: 800 x 520, 165KB

エントツ山と鈍亀さんの三ノ森界隈歩き 喜三谷から上部鉄道へ  鈍亀さんの遠登志から三ノ森へ

弁天山さん  今晩は


2日間新居浜に籠っておりました
奥さんの故郷、新居浜の東平界隈を歩きましたか

一ノ森はかつて東平小学校の運動場があった場所です
勿論、東平の駐車場から遊歩道がありますので取り付き場所に悩む必要は無かったですね

東平〜二ノ森間は踏み跡はありませんが、二ノ森から〜三ノ森〜西山へは尾根筋に道があり快適ですね
アケボノの季節には西山への急登付近がピンクになります

角石原から新太平坑までは踏み跡がしっかりしておりますが、その先はヒカゲツツジの藪がありちょっと不鮮明な箇所もありますね

その下側にある集落跡は喜三谷(きぞうだに)と言われる別子銅山の社宅があった場所です
第三広場へ下った谷筋は水が豊富な為に今でも谷に取水口があり東平の水源に利用されております

3〜4年ほど前まで二ノ森や三ノ森の標識は無かったのですが、今では綺麗な山頂標識を立ててくれてますね
この標識を立ててくれたグループ(個人?)についての情報はありませんが、銅山峰界隈や黒森山辺りに標識を立てて頂いており、非常に助かります

まあ、この界隈は伊予の鈍亀さんがくまなく歩かれておりますわ
別子銅山研究家の曽我さんなどはメジャーを持って銅山遺構をくまなく探訪されています

新居浜の山も歩くには退屈しない程色んな道がありますね


「喜三谷」については下のURLをご参照下さい


エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/boukyo36jyobutetsudou.html



「30854.一二三の森と西山へ マイナー縦走」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb