[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



30535.大野谷(東赤石南面) 遡行へ  
名前:エントツ山    日付:2018年08月27日(月) 10時02分
Original Size: 1024 x 781, 164KB Original Size: 900 x 675, 159KB Original Size: 900 x 675, 164KB

 大野谷遡行GPSログ図      逆光ですんません   上部まで水が多かった


金曜日にガクチャンからラインが入って「弁天山さん、北川さんと大野谷川へ行くんだけどどうですか?」と連絡が入る
新居浜へ居たのだが沢歩きの用意などしていない

しかし、西赤石〜東赤石の沢で未だ歩いていない沢はこの大野谷川だったので土曜日に高松へ沢用具を取りに帰る

08時30分筏津集合するも登山者の車で一杯だった
北川さんの車で大野谷の入渓地まで移動、弁天山さんは相変わらず「弁天山沢グッズ」を一杯体中に着けて登場
手鉤、ストック、アブ撃退スプレー、殺虫剤、色んな紐と沢山のカラビナ・・・みんな笑うだけで誰も「そんなの要らんやろ」とは言わない
自分流のスタイルって必要で精神的にも安定する

かく言う私もライフジャケットにモンベルの沢用ザックを縫い付けているのだ
但し、このスタイルは泳ぐには便利だが、今回の様に出渓地から歩く距離が長い時は大いに邪魔になるし暑い。今後取り外し可能なスタイルに改造の必要がある

大野谷川は超初心者用の沢だったが、水量が多く沢も源頭部まで綺麗でした
この谷には沢山の葛(かずら)が垂れており独特の風景を作っています

他の沢と違って、大野谷の源頭部は石室越から延びる「駒鳥尾根」で、以前マーシーさんとこの駒鳥尾根を這い上がった時は大藪で苦労しました
今回は丁度境界割り出し作業が行われており拍子抜けしました

コマドリ尾根を三角点「瀬場」まで下り、そこから左手にある登山道へ適当に下りました

ガクチャン、弁天山さん、北川さん 楽しい沢歩きが出来ました 誘ってくれてありがとうございます

エントツ山      

http://entotsuyama.hobby-web.net/tools.html



30536.Re: 大野谷(東赤石南面) 
名前:GakuGaku    日付:2018年08月27日(月) 11時28分
Original Size: 800 x 600, 143KB Original Size: 600 x 800, 174KB Original Size: 800 x 600, 162KB

エントツ山さん 昨日はお疲れ様でした。

増水していたお陰でしょうか、そこそこ楽しめましたねぇ。

オイラは早起きして今朝洗物を済ませました。
沢遊びは涼しいのですが後片付けが大変ですね。

沢の水は随分と冷たくなりましたが今日の高知は日差しが
まだまだキツくて大変ですのでもう一度くらいは
沢に入りたくなりますわなぁ〜。

GakuGaku



30537.Re: 大野谷(東赤石南面) 遡行へ
名前:エントツ山    日付:2018年08月27日(月) 20時14分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 163KB

簡単で楽しめる沢でしたよね   沢を始めて行く人も案内出来るわ  三角点「瀬場」 1,398.77m


ガクチャン  今晩は

大野谷は戦場カメラマンが出る幕がない沢ですが、水量が多くて面白かった
全般的に広い谷で閉塞感が無かったね
沢ヤにはあまりいい点数が付かないけど私的にはこんな沢がいいです

コマドリ尾根を横切るのが楽しみだったけど、斜面のヤブも薄くて境界割り出しがされていて拍子抜けだった

しかし北川くんは元気やねえ
沢ルートに手を抜かないし若いっていいなあ・・・

エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/tools.html



30538.Re: 久々の沢はききました
名前:弁天山    日付:2018年08月27日(月) 23時36分
Original Size: 800 x 624, 161KB Original Size: 800 x 600, 156KB Original Size: 600 x 800, 160KB

@激流を登る Aおっとっと! B流芯を行くキタさん


エントツ山さん、ガクさん こんばんは。

昨日は皆様お疲れ様でした。昨年来、気になっていた大野谷の遡行ができました。
確かに難しい滝や危険な高捲きもない初級者向けの谷でしたね。(全くの初心者には、ちときついような気がしますが…)

水がきれいで谷も荒れておらず清々しく、ほぼ登れる小滝の連続で、二又分岐まで3時間。
同じような景色が続きいいかげん飽きてきたところ、分岐からは傾斜はきつくなるものの、最後の源頭部まで足掛かりがよく直登できる滝が続き、遡行し甲斐がありました。

3週間ぶりの山行で、今朝から腰・肩・膝・ふくらはぎと全身に痛みが出て現在グッタリ状態です。やはりインターバルは最大でも2週間にしないといけないと感じました。

それにしてもキタさんの脚力には驚きました。5時間の遡行には物足らず、さらに小室越まで登って1時間もしないうちに下山中の我々に追いつくとは…
どこかの山の会のボッカ訓練のような大型ザックで皆の荷物をキタさんに担いでもらってちょうどいいのではと思ったくらいです。

水はちょっと冷たくなりますが、虫もようやくいなくなったので、9月いっぱいはまだまだ沢に行きたいですね〜



30539.Re: 大野谷(東赤石南面) 遡行へ
名前:弁天山    日付:2018年08月27日(月) 23時39分
Original Size: 600 x 800, 160KB Original Size: 600 x 800, 163KB Original Size: 635 x 800, 162KB

C気持ちよく直登 D左俣の上流部を行く E最後はナメが



30540.Re: 大野谷(東赤石南面) 遡行へ
名前:エントツ山    日付:2018年08月28日(火) 06時51分
Original Size: 900 x 675, 162KB Original Size: 900 x 675, 164KB Original Size: 850 x 637, 164KB

確かにストックは邪魔になっていない  タワシは要らんぞ   ガクチャンが送ってくれた二人のツーショット


弁天山さん  おはよう

全身筋肉痛でしたか〜
私は久しぶりの沢歩きで腕と胸の筋肉がちょっと痛いわ
沢は全身運動になっていいわ

前回の安居渓谷と今回の大野谷川の2回一緒に沢歩いたね
弁天山さんの一人沢歩きパターンが分かって来た まああれなら安心じゃ
体幹もしっかりしてるし、ストックは邪魔な時は手から離せるように日曜大工用の長めコードで手首と繋いでいる

デカい滝を這い上がる以外はストックも手離しやし手鉤もお尻の方にぶら下がっている
万が一滑落した場合はちょっと心配やけど弁天山の辞書に滑落という言葉は無い

北川さんは運動神経も良いけど人柄も抜群やね
ガクちゃんも伊予富士でいい人材を拾ったもんや 

暑い暑いと言いながら沢に入って風に吹かれると休憩中は寒かったよね
沢歩きもシーズンオフが近づきました  え? 弁天山の辞書には沢のシーズンオフという英単語は無いってか?

エントツ山

 

http://entotsuyama.hobby-web.net/tools.html



30541.Re: 大野谷(東赤石南面) 遡行へ
名前:エントツ山    日付:2018年08月28日(火) 06時59分
Original Size: 900 x 675, 158KB Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 675, 162KB

綺麗な沢でした
http://entotsuyama.hobby-web.net/tools.html



「30535.大野谷(東赤石南面) 遡行へ」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb