[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



30434.遅越川右俣からうなめごへ ナメ尽くし  
名前:弁天山    日付:2018年08月07日(火) 20時55分
Original Size: 590 x 800, 164KB Original Size: 800 x 600, 160KB Original Size: 800 x 600, 165KB

@今回遡行図 A入谷して最初の低いナメ滝 前回より水量が少ない B広くて平坦なナメ床

エントツ山さん こんばんは。
先週の台風後も異常に暑い日が続きますね。
エントツ山さんは遠征中ですが、日本アルプスの天気大丈夫でしょうかねえ?

今週末も当然、暑いので沢に行くことにしましたが、面河周辺や赤石山系は早くも、沢の悪魔テジロの襲撃を聞くようになったため、近場の沢に行ってきました。
3週間前にレポした遅越川(左俣)を今回は右俣を遡行して奥善神(善神ヶ森?うなめご)まで詰めてみました。

松山周辺の低山なら虫が少ないと思ったのは甘かった。
入谷するまでの林道歩きの段階でテジロ軍団にしつこく取り付かれ、うんざりでした。(あまりにしつこいので、アブハチジェットを見舞ってやりましたが)

入谷すると台風から約1週間の晴天続きで水量が前回より少なく、問題なく右俣への分岐に。
前回偵察で見てきた小滝を4つほど越えて林道の橋をくぐると平凡な谷となり、右俣はハズレだったかと思いながら進みました。
ようやく標高950m付近に10m程の滝があり、何とこれから標高1100m付近に渡って、7つ以上の直登できる滝と延々とナメが連続する、左俣よりはるかに楽しい谷でした。(当日は水量が少なかったのが残念)

この右俣の情報は、ネットや文献には見当たらず、おそらく林業関係者以外には全く知られていない谷と思われますが、この遡行対象となりうる美しい谷を見つけられて気分も高まりました。

が、1100mを越えると次第に藪っぽくなり、野バラや笹藪で進めない箇所は念のため持ってきた剪定バサミで切り落としながら進む羽目に。
さらに水が涸れて最後の稜線に出るまでの猛烈なスズタケブッシュ漕ぎは、まさに炎天下の地獄の辛さでした。稜線までの標高差100mを実に1時間以上かけて、ヘロヘロで到達しました。

下山はうなめご山頂から縦走路を上林トンネル口まで下り、デポ自転車でさらに下って無事帰還。
総括として、この右俣はそこそこの水量があれば、標高1100mまでは初級者でも安全に十分楽しめる谷といえます。
課題はその先の藪をどうこなすかによりますねえ。ここだけ鹿に食べてもらいたいのですが…



30435.Re: 遅越川右俣からうなめごへ ナメ尽くし
名前:弁天山    日付:2018年08月07日(火) 20時57分
Original Size: 800 x 624, 163KB Original Size: 600 x 800, 164KB Original Size: 800 x 600, 165KB

C渕を泳いで簡単に登れる段滝 D右俣入口にある段滝 Eその上にあるナメ滝

全て簡単に直登できます



30436.Re: 遅越川右俣からうなめごへ ナメ尽くし
名前:弁天山    日付:2018年08月07日(火) 20時59分
Original Size: 800 x 588, 164KB Original Size: 574 x 800, 162KB Original Size: 800 x 595, 165KB

F標高950m付近の10m滝 ここからはナメと滝の連続 Gすぐ先にあるナメの斜滝 Hまだまだ滝が続く

これも全て直登可



30437.Re: 遅越川右俣からうなめごへ ナメ尽くし
名前:弁天山    日付:2018年08月07日(火) 21時01分
Original Size: 590 x 800, 165KB Original Size: 600 x 800, 165KB Original Size: 800 x 600, 165KB

I最後にある2段になった20m以上の滝 直登可能 Jようやく稜線が見えてきた しかしここから藪漕地獄が待ち受ける Kうなめごに到着 山頂は風があって涼しかった

最後は大変でした…



30441.Re: こちらは読売新道へ
名前:エントツ山    日付:2018年08月12日(日) 08時18分
Original Size: 900 x 675, 160KB Original Size: 900 x 675, 163KB Original Size: 900 x 675, 160KB

     水晶岳(奥は薬師岳)       赤牛岳(正確には茶牛岳かな)      最終目的地「黒四ダム」



弁天山さん  おはよう

東温アルプスの沢はホンマ 滑(なめ)が多いですね
最近天気が良かったせいで水量がもう少しあればもっと面白いですねえ
お盆前後はテジロが出るので一般的に沢はお休みって所でしょうか
弁天山さんは一般的ではない感じです

そう言えば前回安居渓谷へガクちゃん達と行った時もスズメバチ撃退スプレーと殺虫剤のデカいスプレー缶をぶら下げてましたねえ
テジロは数が多いから多勢に無勢で屋外では効果は薄いでしょうか

こちらは香川の「山と元気の会」で読売新道へ行ってきました
水晶岳から赤牛岳へ下ってそこから黒部川の黒四ダムまで長い距離を歩きました

マイナーな北アルプスルートですが、良く整備されており歩き易かったです
黒部川はダム湖になってもルート上には自然林が残っており大変良い森でした

今日は夕方から兄弟が揃うので新居浜に帰ります

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-6g-amakazariyama.html



「30434.遅越川右俣からうなめごへ ナメ尽くし」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb