[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



30179.第一次泉屋道を歩くをアップのお知らせ  
名前:エントツ山    日付:2018年06月13日(水) 11時36分
Original Size: 750 x 701, 171KB Original Size: 567 x 800, 165KB Original Size: 900 x 675, 149KB

第一次泉屋道の場所   第一次泉屋道を歩いたログ  今も残るかつての仲持(なかもち)道 


先日(4月22日)に歩いた別子銅山 第一次泉屋道の登山記をアップしました 

江戸時代初期に「泉屋住友」によって開坑された際に粗銅を大阪の最終製錬所まで輸送するのに、別子銅山から35kmも離れた土居の天満浦まで山の中を運搬した「最初の銅の道」です

山元(別子銅山)から土居の浦山川沿いの「中の川」まで仲持(中持なかもち)と呼ばれる稼業の人達は男45kg、女30kgの粗銅を背負ったと言われています

土地勘があり踏み跡を見つける達人マーシーさん
テキトーにイケイケどんどんの進軍ラッパ エントツ山
緻密で研究熱心な 伊予のスーパータートルズ
この4人がそれぞれの力を結集させて歩きました

下のURLは別子銅山の黎明期を支えた最初の中持道、第一次泉屋道を約6kgのザックを背負って歩いた記録であります
中持さん すんません


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-4g-no.1izumiyadou.html



30183.Re: 第一次泉屋道を歩くをアップのお知らせ
名前:伊予の鈍亀    日付:2018年06月13日(水) 22時25分
エントツ山さん 今晩は〜

「第一次泉屋道を歩く」アップのお知らせに、早速、拝見しました。
我々の拙いレポートが立派な登山記になるとは思いもしなかったので、本当に驚きました。
また、読み進む内にジワジワと嬉しさがこみ上げてきました。
第一次泉屋道の歴史的背景や、我々が描き切れていない点等、適所にエントツ山さんの編集力が発揮されて、判り易い読み物にして戴きありがとうございました。
また、マーシーさんの現場力にいつも助けられております。
お疲れ様でした!


30184.Re: 中持(仲持)さんが歩いた道
名前:エントツ山    日付:2018年06月13日(水) 23時17分
Original Size: 514 x 360, 17KB Original Size: 600 x 338, 90KB Original Size: 834 x 656, 260KB

あかがねの峰の挿絵にも使われている 遠登志にある中持像は少しひ弱い マイントピア端出場にある中持さんの顔出し記念看板


伊予の鈍亀さん  今晩は

今日は絶好の山日和でしたが孫の当番で明日少し歩いてみます
東赤石はしんどいので兜岩と前赤石あたりにします

「第一次泉屋道を歩く」文章をありがとうございました
HPに編集する為には基礎の文章、写真、資料と中々大変でしょう?
別子銅山を良く知らない人もある程度分かってもらう為には筋道を立てて作らなければなりません

記録に残す事って大切ですねえ

HP山行記の最後にいつもお世話になtっている曽我さんの芋野から小箱峠までの記録もリンクさせて貰いました

我々は研究などには無縁ですが、現場に出て足で確かめるって事は出来ますのでこの流儀で今週末も又マーシーさんと炭の道を歩きましょう

中持さんが背中に背負って運んだ重さが 男45kg 女30kg
現在ではギャグの世界ですわ

絵図や像ではしんなりした感じですが実際は熊みたいな女性が30kgを背負ってたんでしょうねえ

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-4g-no.1izumiyadou.html



「30179.第一次泉屋道を歩くをアップのお知らせ」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb