[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



30168.東温市ヒウチ谷左俣を遡行  
名前:弁天山    日付:2018年06月11日(月) 22時37分
Original Size: 800 x 618, 162KB Original Size: 592 x 800, 161KB Original Size: 585 x 800, 162KB

@今回遡行図 A入口近くの階段状の小滝 Bこれも問題なく登れます

エントツ山さん こんばんは。写真の添付再開なので投稿します。

6/9土曜は梅雨の一休みで蒸し暑く、はっきりしない天気だったので、近場の東温市のもう一つの名瀑、白糸の滝のあるヒウチ谷の左俣を遡行してみました。

昨年7月にもこの谷の右俣を上林峠まで遡行しレポしましたが、水量はそちらの方が多いものの、地図上の水線は左俣の方に引かれて本流?みたいなので、どんな所か見てきました。

入口から続く白糸の滝まで階段状の滝は、前回より水量は少ないものの、今回も気持ち良く遡行。
問題はこの白糸の滝の高捲きで、急傾斜を木の根っ子と幹を掴みながら登るのですが、このところの雨で足元は柔らかくで滑りやすく、落ちるとアウトなので慎重に気を付けて登りました。

滝上から前回は懸垂下降で谷に復帰したのですが、今回は下りるコースを選んで懸垂なしで下れました。
すぐに二又の分岐があって、明らかに水量の少ない左俣を進むと、すぐに広いナメがあって驚きました。
元々この谷はナメが基調と思われるのですが、両岸が植林で脆い土壌のせいか、土砂の崩落や倒木が随所にあって残念でした。

全体に水量は少なく、いくつかのナメ滝を越えて、最後は急なV字谷を詰めると最後はスズ竹の薮で終了。
地図で見るとすぐそばに登山道が通っているのに、猛烈なスズ竹ブッシュでなかなか進めず非常に難儀しました。
時間にして15分程度でしたが、1時間位に感じるほどで、ここだけ鹿に食ってもらいたいくらいでした。

全体に白糸の滝の高捲き以外は危険と思われる箇所はありませんでしたが、右俣より水量は少なく崩落箇所も多く、遡行には今一向かない谷でした。
大昔はきれいであったろう往時のナメ谷を歩いてみたかったですね。



30170.Re: 東温市ヒウチ谷左俣を遡行
名前:弁天山    日付:2018年06月11日(月) 22時40分
Original Size: 578 x 800, 163KB Original Size: 580 x 800, 163KB Original Size: 800 x 580, 164KB

C白糸の滝が見えてきた D東温市の名瀑 白糸の滝 E滝の落口から下を覗く



30171.Re: 東温市ヒウチ谷左俣を遡行
名前:弁天山    日付:2018年06月11日(月) 22時41分
Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 800 x 600, 163KB Original Size: 800 x 629, 161KB

F左俣に入ると大ナメがあり記念撮影 G全体に土砂の崩落と倒木が多く残念 H水量の少ないナメ滝を直登



30172.Re: 東温市ヒウチ谷左俣を遡行
名前:弁天山    日付:2018年06月11日(月) 22時43分
Original Size: 800 x 622, 162KB Original Size: 600 x 800, 165KB Original Size: 800 x 600, 164KB

I最後のナメ滝を越える J水が枯れて傾斜がきつくなったV字谷 K谷の最終地点 スズ竹地獄が待ち受ける



30177.Re: 東温市ヒウチ谷左俣を遡行
名前:エントツ山    日付:2018年06月13日(水) 11時02分
Original Size: 599 x 800, 162KB Original Size: 640 x 480, 130KB Original Size: 640 x 480, 142KB

弁天山さんのヒウチ谷右俣遡行図   新幹線はカッコええわ〜   大阪の下町(天神通り商店街)

弁天山さん  こんにちは

お手軽な沢は里に近いから荒れてますね
特に植林帯があると大雨に弱いので自然の風景が歪められます
去年の7月に同じ沢の右俣レポを頂きました

川って支流が沢山あるので沢を詰める材料には事欠きませんね
私やマーシーさん、伊予の鈍亀さんがやってる尾根歩きも又同じで、稜線に向かって無数の支尾根がありますのでシンプルに遊ぶ場所が沢山あります 

逆に古道や廃れた道を探して歩く方が厄介で時間が余計にかかります

四国の山や沢は巻けない崖や滝はほぼありませんので比較的安全に歩く事が出来ますねえ

大阪の街はデカくて人がワンサカ居てそれぞれにお金を稼いで生きているエネルギーを怖い程感じます

やっぱ田舎がいいですね

エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-4g-no.1izumiyadou.html



「30168.東温市ヒウチ谷左俣を遡行」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb