[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



29499.冬は危険な稲叢山  
名前:弁天山    日付:2018年02月11日(日) 23時28分
Original Size: 800 x 629, 162KB Original Size: 800 x 584, 165KB Original Size: 800 x 594, 162KB

@稜線に出ると風が強くめちゃ冷たい A稲叢山山頂にて 高知側はいい天気 B山頂の崖から北を望むが県境はガスの模様

エントツ山さんこんばんは。

瀬戸内側は天気の悪い3連休、今日の高知は晴れの天気予報。県境の山がガスでも、そこから南にある稲叢山ならいい天気と考え行ってきました。
雪の時期にこの山に行くの初めてでした。

早朝、西条市内は小雨だったのが、新寒風山トンネル手前から小雪に変わり、「県境の長いトンネルを抜けると雪国であった」
高知県に入ると晴れどころか吹雪でテンションが下がるものの、そのまま稲叢トンネルに向けて林道を登っていくとだんだん雪が深くなり、私の軽四駆スタッドレスでは登らなくなり、念のため持ってきたチェーンを着けることに。(2駆や最低地上高20p未満の車はまず登ることは不可能)
しかし、久々の装着でなかなかうまくいかず、雪まみれになりながらかなり焦りました。

さらに、氷で冷却水の配管に傷が入ったようで冷却水漏れが発生。今日は行くなという暗示かとも思いましたが、テーピングテープで配管をぐるぐる巻いた応急処置でなんとかなりました。

予定より大幅に遅れてトンネル横の登山口から登りましたが、昨日の雨で大方の雪は融けたかと思いきや、融け残った雪の上に今朝からの新雪が乗り、まあまあの雪の量でした。
稜線に出ると、吹雪混じりの風で寒いこと寒いこと。
山頂に着く頃には陽も当たり始め、予報どおり高知の平野部は良い天気のようでした。

当初は西門山も予定していましたが、出発が遅れたのと、やはり漏水が気になり手前の小ピークで引き返し下山しました。

車での帰路も悪夢でした。林道のトンネルから少し下がった場所がきれいなアイスバーンになっており、いかにも滑りそうなので速度を落としソロリソロリと下るも、すぐに制御不能となってブレーキを踏むもありゃ〜〜と180度回転して止まりました。本当に生きた心地がしませんでした…
真逆の向きになって車を回すスペースもほとんどなく、半泣きになりながら何度も切返してなんとか向きを変え下ることができました。(軽でなかったら不可能)

道理で冬にこの山に登った記事が少ないのか、今回身に沁みてよく分かりました…



29500.Re: 冬は危険な稲叢山
名前:弁天山    日付:2018年02月11日(日) 23時30分
Original Size: 800 x 595, 161KB Original Size: 800 x 600, 164KB Original Size: 800 x 600, 165KB

C山頂から少し下った岩場からの稲叢ダム Dトンネル近くの凍結した沢 Eトンネル少し下の危険な魔のアイスバーン 死ぬかと思った…



29503.Re: 冬は危険な稲叢山 そ〜なんです!
名前:エントツ山    日付:2018年02月12日(月) 10時43分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 450, 98KB Original Size: 1020 x 479, 136KB

11月でも雪が降ればこんな道路に・・・   西門山(にしかどや) 稲叢山鉄塔付近からの石鎚山系


弁天山さん  おはよう
きょうは大人しくしてますかねえ

本川ダム・発電所から稲村ダムへの道・・・冬場は地獄です
一旦雪が降れば北斜面の為に融けずに凍ります

私も稲叢山東方見聞録で3日目に稲叢山へ下りてあの地獄のアイスバーンを経験しました
上りは何とかなりますが、下りは一旦滑り出すと制御が効きませんわ
恐怖以外の何物でもありませんね

「冬山は 登山口まで 命懸け」
「スリル有る 登山口への 行き帰り」

氷で冷却水の配管に傷が入ったようで冷却水漏れが発生・・・
私には応急修理も出来ませんわ

現在娘のノーマル車なので冬山へ出かけるのが二の足を踏む気持ち、わかってくれますよねえ


エントツ山

 
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-1g-hibayama.html



「29499.冬は危険な稲叢山」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb