[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



29472.大川山  
名前:ナッチー    日付:2018年02月08日(木) 20時38分
Original Size: 900 x 675, 161KB Original Size: 900 x 702, 162KB Original Size: 900 x 722, 160KB

アッシー君が代筆です
鬼嫁と徳ちゃんが大川山に行きました
雪の量は申し分なく満足の雪山登山だったそうです
風もなく、雪は膝まであり、天気良しの絶好の雪山登山でした
「楽しかったね」と徳ちゃんは興奮ぎみです

ここで一句
  「雪山は俺も行きたい見捨てるな」
    笹ヶ峰からもう一年、俺も行きたい
  「膝のオペ喰う寝るテレビ妻閻魔」
    テレビぐらい見せてくれよ
  「政治家を妻が真似てはチガウダロ」
    毎日ダメ出しを食らう今日この頃です
  「女性リハ膝の執着恐れ入る」
    リハビリで女性陣は70歳台80歳台はざらです
    しかし男は、私が最高齢者
  「顔なじみ若者順に消えるリハ」
    リハビリもアスリートは卒業が早いですね
「川柳は(新聞に)投稿する人が少ないから採用されやすいんじゃ」
「川柳は季語がないから簡単なんじゃ」
 いらんとこを言う輩もおりますが、めげずに作句を続けます

                     修岳 

                 (名付け親はエントツ山さん)             



29473.Re: こちらは興居島サイクリングでした〜
名前:エントツ山    日付:2018年02月09日(金) 09時29分
Original Size: 888 x 1280, 191KB Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 600, 99KB

興居島サイクリングGPSトラックログ図   犬吠山〜  三角点「神崎」はイノシシの寝床だったわ


ジェントル・アッシーパパ おはよう
大川山へ行くってナッチーさんと徳ちゃんが堂山で密約を交わしていたけど、結局修(おさむ)ちゃんが送ってあげたのね
まあ、それくらいはしとかな生きとる価値が無いわ

川柳の雅号「修岳」 学ばなければならんお山がたんとある
私も70歳を過ぎたたら親父の戒名である「喜岳」を襲名しようかなあ
エントツ山って品格もシブさもないんだから・・・ (あれ? ワタシにピッタンコの名?)


こちらは娘の箱バンに電動アシスト自転車を積み込んで興居島へ行って来た
07時25分高浜をフェリーで出発
駐車場はフェリー乗り場の前にある伊予鉄高浜駅で1日650円
フェリー代は確か自転車込みで片道480円程だった

主目的はカタックリさんや takahamaさんからご紹介のあった干支の山「犬吠山」だった
でも聞くところによると藪の小山でしょ? それだけじゃ行くの勿体ないじゃん
それでついでだから興居島を自転車で回っちゃえ〜〜って事にした
勿論島に7つある三角点を繋いでだよん

四等三角点「由良」 お由良さんと言われるだけあって最初から藪にヤラレレた  イバラ藪

四等三角点「神崎」 「三角点 こんな場所に 何故立てる」フツーの人には無理やね イノシシと一体化せにゃ見つからん   極藪

三等三角点「犬吠峠」(犬吠山」これはルート取りを考えたからほぼ藪無しで肩透かしやった  登山口から10分で山頂でした 藪なし
           (カタックリさん すんません)

四等三角点「戸ノ浦」う〜ん ここはちょっと悩んだ 最初稜線沿いに攻めようとしたけど大藪の為、海岸線から尾根沿いに変更 尾根まで大藪!

四等三角点「船越」 学校横のミカン畑の石段を通らせて貰い後は薄い藪を一直線 小藪 

四等三角点「黒崎」 小さな電波施設から藪尾根を泣きながら進む 大藪

三等三角点「小富士」 唯一登山道が整備されていたが思ったより展望が無く讃岐富士が数倍上 
          山頂でフェリーの時間を見ると15分しか無かったので10分で走り下った  藪無し


「藪はイヤ 勘弁してよと 又出かけ」
「ラッセルは 雪山行かず 藪でする」

 修岳さんへ
「ナッチーレポ それがあなたの 生きる道」
「ダメ出しが ダメな夫を いじけさす」
「悔しけりゃ 早く直せと 愛のムチ」


エントツ山

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-1g-hibayama.html



29475.Re: 興居島へいらっしゃいませ〜
名前:takahama    日付:2018年02月09日(金) 21時19分
エントツ山さん 今晩は〜
きょうだったのですねぇ。
まだ寝てました。待合所近くで聞いてもらったら良かったのに、遅いですね。
連絡先交換してれば良かったですね。すみませんでした。
8時半に起きて朝食後、滑川渓谷へ氷柱を見に行ってました。
3日にも行ったのですが、もっと大きくなってました。白猪の滝も良くなってました。
端から端まで良く回られましたね。小富士は釣島方面は空いてたでしょう?
GPSを持っていれば迷わず行けますね。
お疲れさまでした。


29480.Re: 犬吠山といろいろ興居島の山
名前:カタックリ    日付:2018年02月09日(金) 23時57分
Original Size: 640 x 360, 88KB Original Size: 360 x 640, 85KB Original Size: 640 x 360, 89KB

エントツ山さん 興居島の山 お疲れ様でした〜。

何と欲張りコースを計画されて歩かれましたね。
私はいつも歩きで行きますので一つ二つですね。おまけに大藪突入コースを歩くものですから。       
犬吠山も本当はミカン山まで行って登ろうかと思って行きましたが 登山者の評判を落としてはいけないとの思いで
東方面からは言った次第です。

10分で行けるならそれがいいですよね。どこから登っても山頂を踏めばそれでいいんですもの。
私は まだ少し残っているから 暇を見つけて行ってきます。
船に乗って島巡りって 楽しいですものね。

今日は kurenaikaiさんやnekojigenさんのトレースのお蔭で スムーズに高瀑の滝へ着きました。
車は大成集落あたりに置いて 山を登りショートカットしても登山口まで2時間半かかりました。

滝に着くと青空が出ておりましたが すぐ曇ってしまいました。2時間ほど遊んだ間に青空も太陽も出てきて
滝に陽射しがかかり滝も輝きを増しておりました。

今日は登山日和で 全然寒くなく気温的には楽でしたが 林道歩きは大変疲れました。
霧氷は全くなし、時折 落雪があったり白く舞い降りていました。

今年の滝は 幅が狭く感じましたが でも いつ見ても 素晴らしいの一言でした。                 
年々 遠ざかる高瀑の滝ですが スローシャッターさんと会の男性が連れて行って下さるので
ありがたいことです。

林道は雪も融け かなりの段差があったり大岩があったりとkurenaikaiさんが言われているように4駆のジムニー位が
走れるんじゃないでしょうか。



29485.Re: 島めぐりは楽し されど藪は苦し
名前:エントツ山    日付:2018年02月10日(土) 18時00分
Original Size: 1024 x 639, 165KB Original Size: 900 x 675, 149KB Original Size: 675 x 900, 150KB

私も時間があればこのコースです     @由良山の藪    由良山四等三角点

takahama さん
カタックリさん  今日は

フェリーの領収券を見ると高浜〜興居島 大人¥240 自転車¥130 になっていました
他の瀬戸内の島に比べると近いし便数が多いし(利用者が多い)、安いですね
帰りの泊〜高浜のフェリーには小学生が沢山乗り込んで来ました
家が高浜で学校が興居島? ちょっと不思議です

私の山行は人を必要以上に頼りませんので takahama さんには心使いありがとうございます

私も当初、犬吠山には南東側の尾根を這い上がる気でおりました
んがっ 第1三角点「由良」で辛い目に遭い、第2三角点「神崎」でヒドイ目に遭い、とても第3三角点「犬吠峠」へ尾根伝いに行く事を諦めました

@ 四等三角点「由良」  「出だしから お由良の毒気 炸裂し」
A 四等三角点「神崎」  「三角点  こんな場所に 何故選ぶ」
B 三等三角点「犬吠峠」 「犬吠山  見つけた喜び 人が吠え」



続く
エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-1g-hibayama.html



29486.Re: 島めぐりは楽し されど藪は苦し
名前:エントツ山    日付:2018年02月10日(土) 16時10分
Original Size: 900 x 675, 149KB Original Size: 900 x 675, 148KB Original Size: 900 x 675, 150KB

神崎山はレールの上を雑技団歩き 三角点「神崎」葦の藪を這って捜索  犬吠山登山口 


カタックリさん
「どこから登っても山頂を踏めばそれでいい」と言う事は決してありません
手抜きをすればするほどその山の印象は確実に薄らぎますわ
犬吠山と小富士をターゲットにすれば私も同じようなコースを歩いたでしょう

今回はそれよりももっと面白い島周回「興居島セブンサミッツ」踏破のアイデアを採用しました

四国の里山に比べて興居島は畑にイノシシ柵が無いので助かりますね
ミカンが大量に破棄されていますが、あんまり動物が齧った様な形跡は見当たりませんでした

続く
エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-1g-hibayama.html



29487.Re: 興居島 セブンサミッツ周回
名前:エントツ山    日付:2018年02月10日(土) 17時01分
Original Size: 900 x 675, 150KB Original Size: 900 x 675, 149KB Original Size: 900 x 675, 150KB

  戸ノ浦山登山道(?)  四等三角点「戸ノ浦」    誘惑にかられた船越山のミカン投棄場


瀬戸内・香川の島で苦労した鬼シダ群は興居島には見受けられませんでした
但しカタックリさんが苦労されたイバラと蔓(つる)が酷いですねえ
避けようがなく鉄条網突破で新居浜に帰ってお風呂に入り 

「風呂入り 今日の激戦 知る痛み」   でした

戸ノ浦は平凡な山ですが両側にピークを従え直接はアタック出来そうにありません
岬側の藪斜面を這い上がると、ここの尾根は比較的藪が薄くてホッとしました

船越山は学校の裏手にあり、ミカン畑の急斜面を登っているとお昼前後のチャイムが響いてシャバの雰囲気が背中を引っ張ります
大量のミカンが捨てられており勿体ないと思いながらも味見はようしませんでした

C 四等三角点「戸ノ浦」  「攻め方を 一歩間違え 藪の中」
D 四等三角点「船越」   「捨てられた ミカン眺めて 理性勝ち」
              「急坂を 上る背中にチャイム鳴り」


続く
エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-1g-hibayama.html



29488.Re: 興居島 セブンサミッツ周回
名前:エントツ山    日付:2018年02月10日(土) 16時38分
Original Size: 900 x 675, 150KB Original Size: 900 x 675, 150KB Original Size: 900 x 675, 147KB

  四等三角点「船越」   黒崎山のヤブ尾根   四等三角点「黒崎」から背伸びして見る海峡を〜♪

E 四等三角点「黒崎」  「 黒崎の 藪から背伸び 高浜が 」


小富士を先に上ると恐らくフェリーの時間が迫ったりして黒崎を諦める弱い自分が居るので泊港を通り超し先に黒崎へ
もう藪には慣れたと嘯(うそぶ)いても泣きが入りました

藪から顔を出し海を眺めるとそこは高浜〜ターナー島でございました

続く
エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-1g-hibayama.html



29489.Re: 興居島 セブンサミッツ周回
名前:エントツ山    日付:2018年02月10日(土) 17時03分
Original Size: 900 x 675, 149KB Original Size: 900 x 675, 149KB Original Size: 900 x 675, 148KB

四等三角点「黒崎」      三等三角点「小富士」    小富士から釣島(釣島水道) 山口県の周防大島も見える


小富士の登山口が分からずフェリー乗り場の前にあった老人介護施設で聞くと「この裏です」と言う
なる程・・・ もう藪歩きに疲れ果てて上りで40分近くもかかりました

山頂で三角点を見つけてフェリーの時刻表を見ると16時10分となっている

きゃ〜〜 と猛ダッシュで小富士を10分少しで駆け下りてフェリーに飛び乗りました

(結び)
F 三等三角点「小富士」   「苦労せず 小富士に登り ヤブ恋し」 


カタックリさん
高瀑 お疲れ様でした
周りにタフな人が居るってしんどいけど面白い歩きが出来ますよね
「にくきゅうレポ」に始まりまさかの 「kurenaikai アタックレポ」と苦難にトライされる登山者がおられるもんですねえ

登山者のあるべきスタイルを貫かれてきたカタックリさんはやはり筋金入りですわ


エントツ山
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-1g-hibayama.html



29491.Re: 興居島の山
名前:takahama    日付:2018年02月10日(土) 18時55分
エントツ山さん 今晩は〜
島歩きお疲れ様でした。
犬吠山の登山口は同じような? 10分では上がれませんーー; 犬吠山のミカン畑の小母ちゃんは義母が食堂をしてた頃お父ちゃんといらしたことがあるそうです。食堂には床上浸水の跡があります。床下浸水は経験しました。
小富士は登山案内の大きな看板があったような。春はマムシが道端にうずくまってたことがありました。藪山でなく島をぐるっと回った時にミカンがアチコチ捨ててありました。売り物にならない分でしょうね。後継者がいなかったりで余計に藪が増えるのだと思います。
エントツ山さんにはついて行けませんが車を置くことぐらいはできますので、またいらしてください。経ヶ森もあります。経ヶ森からは興居島・高縄山・皿ヶ嶺・お城方面360°見渡せます。


29493.Re: 興居島 セブンサミッツ周回
名前:エントツ山    日付:2018年02月10日(土) 21時51分
Original Size: 800 x 600, 149KB Original Size: 900 x 675, 149KB Original Size: 800 x 600, 149KB

娘の箱バンは自転車の積み込みは楽   高浜港と経ヶ森  泊港のフェリー乗り場の奥に小富士の登山口がありました


takahama さん  今晩は

高浜の駐車場は伊予鉄・高浜駅とフェリー乗り場の横にあり、どちらも立体駐車場ではないので箱バンも気楽で利用出来ますね

藪歩きはそのマムシとかササダニなどの心配が無い冬に限りますね


エントツ山  
http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-1g-hibayama.html



29517.Re: 興居島の三角点のあるお山
名前:カタックリ    日付:2018年02月16日(金) 16時26分
Original Size: 426 x 640, 90KB Original Size: 426 x 640, 90KB Original Size: 640 x 426, 88KB

エントツ山さん 

人によって山歩きはいろいろあっていいですね。               
三角点を繋ぐなんて 思いもよりませんでした。さすが〜エントツ山さんですね。                     

島の山は低山が多く その分 藪が多くて大変です。私も 犬吠山から帰ってお風呂に入ったら ひっかき傷がいっぱいありました〜。
ウエアーは破れたら直りませんが 人の肌は 1週間もあうれば自然治癒力で治ってしまいますから 人体の仕組みも素晴らしいですね

私の山人生で 一番の藪山 犬吠山、二番目が北条にある八竹山90mです。東側から入ればよかったのに西側から入ったものですから 
ひどい竹藪で人が入れる隙間もなかった。山頂に着いたら 東側に綺麗な登山道があって 唖然。地元のおばさんに教えてもらって
登ったんですが 今ではいい思い出になっています。エントツ山さんがおっしゃる通りです。

エントツ山さんが言われるように 簡単に登った山よりも苦労して登った山の方が記憶に残り良い思い出となりますね。

三角点つなぎの山の藪を必死で登っておられる姿が目に浮かびます。
私だって 必死で大藪漕いだんですもの。よ〜くわかりますよ〜。

先日行った高瀑の滝も諏訪神社より上の方で崩れて通れなくなったみたいですね。
行く人は林道歩き覚悟で行かねばいけませんね〜。

スローシャッターさんが 写真を送ってくれましたので 投稿しますね。
2枚目の写真は 落雪で雪がパラパラ落ちてきて あ〜〜恐いって伏せている姿でございます。
気温が高いと滝の下は 要注意ですね。



29520.Re: 冬は冬山か藪山〜
名前:エントツ山    日付:2018年02月17日(土) 21時33分
Original Size: 800 x 600, 151KB Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 900 x 675, 160KB

    凍てつく別子ダム     西赤石手前の雪庇      西赤石山


カタックリさん  今晩は

さすがスローシャッターさんの写真ですわ
モデルがいいのかカメラマンの腕が良いのか氷瀑をバックに美しい〜
今年の高瀑は林道の条件が悪い為に数少ない貴重な2018年氷瀑写真ですね

こちらは藪山から今度は雪山でした
お袋さん当番の為、新居浜の山でした
冬の西赤石は少し地味ですが結構体力が要ります

生まれ故郷をお山の天辺から眺める・・・贅沢な時間でした


エントツ山 

http://shimanamitai.sakura.ne.jp/h30-1g-hibayama.html



「29472.大川山」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb