[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



25463.未知との遭遇 千本山  
名前:ヘキチョウ    日付:2015年11月03日(火) 11時01分
Original Size: 800 x 600, 148KB Original Size: 800 x 600, 144KB Original Size: 450 x 600, 142KB

エントツ山さんこんにちは。

夫婦とも未踏の地である魚梁瀬に恐る恐る足を踏み入れました。

千本山を手始めに、稗己屋山と天狗森へのゲート付の林道の位置を確認するためです。
1年前にはるちゃんさんから、稗己屋山への林道の崩壊状況と頂上へのルート図を教えて頂いたのですが、
あの時ぼんやりと遠いなあと思っていただけだったのですが、現実味を帯びてきました。

千本山を半分くらい登って大福を食べながら休憩していると、下の方で小柄な人間位の大きさの灰色の毛の
ふさふさした動物がおります。手足も体もふっくらとした曲線で、人間ぽい動きをしています。
頭は見えず、お尻をみると尻尾がない。この情報で私の知っている山にいる動物といえば 熊っ

隣で大福に集中している主人を声を立てずに腕を何度かたたいて知らせると、やっとその生き物を
みて「カモシカじゃないか?」
私はカモシカは、その名前とカモシカのような足などの表現から、鹿よりずっと逞しい精悍に山野を
駆け巡る動物をイメージして疑わなかったので、こんなおデブなのをカモシカだなんてどうかしている
と、のんびり写真を撮ろうとしている主人を叱りつけ、その場をそっと立ち去ったのです。

それから先は、また熊の仲間が出てきたらどうしよう、今は食べ物も多いから人間は
食べないかしらなどと、頭の中が熊でいっぱいになって、杉の美林もそぞろです。

下山して魚梁瀬温泉に行くとその看板に今日見た熊の絵が・・・・

その後は主人と、「(カモシカ)を見つけたとき、どうしてもっと早くおしえてくれなかったのか」
「大福に夢中で何回叩いても気がつかなかったじゃない」「動画で撮りたかった」
などと騒ぎましたが後の祭りです。主人もカモシカがどんな姿かよくは知らなかったのです。

運が良ければカモシカに会えるかも  と案内パンフレットにあります。
魚梁瀬の美しさは宣伝通りでした。紅葉はまだこれからです。今治から4時間半でした。


カモシカの絵の看板が                          



25464.Re: 未知との遭遇は牛の仲間やからね
名前:エントツ山    日付:2015年11月03日(火) 19時33分
Original Size: 860 x 645, 139KB Original Size: 601 x 451, 159KB Original Size: 900 x 675, 163KB

 千本山の鉢巻落とし      お〜〜い こっち向いてよ      誰か呼んだ?


ヘキチョウさん  今晩は


千本山は遠いわ・・・
馬路村ってゆずの出荷地として有名だけど魚梁瀬ダム湖まで中々到達できん
でもさあ あの立派な杉を見たら嗚呼やっぱり一度は来なけりゃ・・と思った

人間のシワもあんな風に風格があって綺麗ならいいんだけどねえ

へえ〜カモシカって今まで遭遇した事無かったんだ
丸笹山や烏帽子山など4〜5回対面したけど鹿とは全く違う体型と動作です
鹿は軽快でぴょんぴょん飛びながら走り去るけど、このカモシカは出会っても「何しに来たん?」てな具合で見つめられます

尻尾は短くて丸っこいから恐らく気が付かなかったんでしょう
「カモシカの様な足」ってのは羚羊(れいよう)と呼ばれる動物をカモシカと呼んだ事からくる勘違いみたいね
羚羊(れいよう)という漢字があてられた動物はアフリカなどでライオンから風の様に逃げ去るガゼルはやインパラなど俊敏で細長い足を持ったものですが、羚羊をカモシカと読まれたりした為にどうも混同されたみたいです

大福食べてる場合か〜 ちゃんと写真を撮らにゃ
父ちゃんの言う通りや  もし熊なら大スクープでっせ


エントツ山

http://entotsuyama.hobby-web.net/tozanki34inamura-higashione.html



「25463.未知との遭遇 千本山」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb