[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



24344.毛無山  
名前:トンちゃん    日付:2015年02月22日(日) 10時29分
Original Size: 933 x 700, 104KB Original Size: 600 x 450, 131KB Original Size: 800 x 600, 110KB

エントツ山さん おはようございます

冬期の瓶ケ森林道奮戦記 お疲れ様でした
トンネルも雪で埋もれてしまうのですね
去年 伊吹山へ行った時に瓶ケ森林道のトンネルが三分の二ぐらい
埋まっているのを見ました
そんな所を歩くのはエントツ山さんぐらいですよ

我々は今日は雨の予報だったので昨日 毛無山へ行って来ました
金曜日に町役場へ電話して雪の状態を聞きました
登山口までは除雪してますが山の雪は相当深いと思います
でもはっきりは分かりませんので自己責任で登って下さいと言われ
ました 当然でしょうね

とりあえず登山口まで行ってみることにして出発しました
昨日の朝は冷え込んで大霜でした
登山口に着くとやはり大雪です でも誰か登っているのか
トレースがありましたのでスタートしました

スノーシューを付けてふかふかの雪の中を山頂にたどり着きましたが
山頂には誰もいませんでした
青空に大山の雄大な姿に感動!感動!です
360度の素晴らしい展望を楽しんでからスノーシューを外して
軽アイゼンだけにして下りてみましたがこの方が歩き易くくて
速かったです

下りていると男性の方が上って来ていて「トレース有難うございます」
とお礼を言われましたが 「我々ではなく先行の方ですよ」と言って
別れましたがトレースをつけてくれた方とはお会いできませんでした

帰りに可愛いセツブンソウを見てから帰宅しました
山と花を楽しんだ最高の一日でした

素晴らしい展望の山頂で嬉しくなりジャンプしてみました
可愛いセツブンソウ



24346.Re: 毛無山
名前:エントツ山    日付:2015年02月22日(日) 11時49分
Original Size: 800 x 450, 162KB Original Size: 1024 x 768, 156KB Original Size: 800 x 600, 157KB

東黒森にて       落日(テン場にて)    第二トンネル付近(瓶林)



トンちゃん  今日は

毛無山(けなしがせん)へ行かれましたか
むらくもさんのブログで落禿とか毛無山とか頭が薄い人間に酷い仕打ちじゃないか!と憤慨してたのを思い出しますわ

その山頂標識からすると積雪は2mありますね
四国の同じ標高からすると雪の量はハンパじゃないですねえ

セツブンソウって真ん中にほんのり紫色があるんですねえ これが気品を上げていますわ

おう ダイヤモンド爺ちゃん 良くタイミングを捉えていますね 何度目か知らんけど・・・
鳥獣戯画の柳に飛びつくカエルの絵を思い出しました

私も念の為にスノーシューとピッケルを持って行ったのでザックが重たくなりました  結局使いませんでした

雪の上を平たくしてテントを張るのですが、あまり強く踏んずけると穴がボコっと空くので一人での作業は時間がかかりました
でも成果はデコボコで平らになっていませんでしたし、少し斜めの斜面で下に敷いた銀マットでテントが滑って移動してた様です
雪ではペグが打てませんので近くに木がなければ細引きは使えませんね

何事も経験!
冬山テント泊も一泊位でしたら天気の良い日に問題なく出来そうですわ
いや〜 瓶ヶ森林道の閉鎖時はエライ事になってました〜 これも歩いて初めてわかる事で、恐らくもうこれからは瓶ヶ森林道を歩く事は無いと思います

橋本さんに今度あったら瓶ヶ森林道にも時間表示版を設置する様にお願いしてみ手下さい
何せ夜になると霧が出て夢遊病者の様に歩いているとどの辺りにいるのかサッパリわからず、何度も林道ゲートの幻影が現れて一喜一憂しました

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/top-page-entotsuyama.html



24347.Re: 瓶ケ森林道
名前:ペーコ    日付:2015年02月22日(日) 15時19分
Original Size: 800 x 600, 86KB Original Size: 800 x 600, 86KB Original Size: 800 x 600, 87KB

ありゃーー
帰路 すごいことになってますね

土曜日の明るいうちに帰っていることと思っていました
まさかヘッドランプつけて 8時過ぎても林道歩いていたとは!

金曜日の天気は 最高でしたね
こんなに天気がいいのに 平日といえど駐車場がガラガラなのが驚きでした

桑瀬峠から 伊予富士へのトレースは一人分のみ
駐車場でエントツ山さんの車を見つけていて まさかね?とは思っていましたが
ビンゴでした

いつ降ったのか 予想を超える積雪で 登頂はなりゆき任せでしたが
伊予富士が眺められる稜線にでると 雪が飛ばされていて歩きやすくなりました

1.一人のトレース
2.エントツ山さん?みたい



24351.Re: それからのエントツ山
名前:エントツ山    日付:2015年02月22日(日) 21時20分
Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 800 x 600, 161KB Original Size: 450 x 800, 153KB

君たち帰るのか・・・   あれからこの道を一人ぼっちで・・・これって熊じゃない?ウサギだよね


ペーコちゃん  今晩は

いや〜 冬のテント泊は寂しくもあり楽しくもあり・・・冬山の自然をしみじみと味わったわ

東黒森までの稜線南側トラバース道が雪で少しヤバかった
帰りの事を考えてしっかりと足場を作りながらトレースをつけたんだけど、荷物が重いから足で何度も蹴り込んだら腰が痛くなったわ

実に痛快な場所でビバーク出来た
石鎚の黄昏と夜明けを見ながら一夜を過ごすなんてこんな贅沢はないぞよ

帰りに東黒森まで帰ったらもう前がガスで見えず、南風が半端じゃなかった
まあ前日しっかりトレース付けて来たから不安は無かったんだけど、何にも見えない稜線歩きってつまらんからつい林道へ下りてしまった

多少の雪崩や長〜い林道歩きは覚悟の上で、瓶林を歩きながらガスに包まれた山を見上げて「これで良かったのよ」と自分に言い聞かせた

でもさあ、トンネルが無いなんて想定外やで・・・曇天の霹靂 ? 
さんざん歩くのが嫌になって来た時にトンネルが雪の壁でしょ
あ〜〜あと呟きながら観念してアイゼンを又付けたわ

地図はこの林道付近を印刷していなかったので地形がわからん
このトンネルだけ尾根が相当高くて這い上がるのに苦労したわ
その結果が向こうに崖でしょ
「願わくば我に七難八苦を与えたまえ」って山中鹿之助の言葉を思い出したわ
なんせこんな状況ってファイトが出てくるのね

もし、この辺りの地図を持っていたら間違いなく尾根に上がって崖に阻まれた時点で尾根を北側に進んでショートカットで林道まで行ったと思う
でも地図がないからどうしてもそこまでの距離がわからず向かいの林道まで下りるしかないわ

総じていい山歩きやったと思う
今回ビバークした場所に2泊すれば冬場に瓶ヶ森まで行けるってメドが付きました


エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/tools.html



「24344.毛無山」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb