[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



24334.クライミング  
名前:リップ    日付:2015年02月21日(土) 17時48分
Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 600, 98KB Original Size: 800 x 600, 98KB

こんにちは。
昨夜、明日腰折山でクライミングの練習するから遊びにおいでってメールが入ったのよ。
エ〜っ!心の準備もなにもできてない。とりあえず見学に行きますって返事をしてせっかくだから道具ももって行ってきたわ。

他のグループでロープワークとか時々教えてもらって練習してるけど実際の現場は北壁以来だわよ。
行ってみるとなんか威圧感がある。ここのオーバーハングをクリアできなくて胃が痛くなってそれが一か月も続いた。トラウマなのよ。

だからオーバーハングははなからトライしない。
で以前は楽に登れたルート登ってみたら登れない!なぜだ!

理由
(1)目標がはっきりしなくて気合が入らない。あきらめやすい。
(2)体力が落ちた。
(3)怖がりになった。

回数重ねればもうちょっとましになるかもしれないし
降ってわいたようなせっかくのチャンス、もう一度北壁行けるかもしれない。
それを頭に置いといて、もうちょっと積極的に頑張ってみようと思う。



24335.Re: 私は館山
名前:はるちゃん    日付:2015年02月21日(土) 20時22分
Original Size: 1000 x 653, 97KB Original Size: 1000 x 653, 98KB Original Size: 1000 x 663, 98KB

エントツ山さん皆さんこんばんは、
リップさん若返りは大いに結構、体力だけではなく気分の焦点距離もお忘れなく。

今日私は約10年振りにお向かいの館山へ相棒と2人で糸山からチャリで渡り正味から時計回りで歩いてきました、
所が昨日の笠松・世田山が少しボデーブロで残っていたか帰りの下田水から本線に登るチャリ道でアゴガ出ました。

館山の情報ですが10年の歳月で尾根道はすっかり樹木の生長で様変わりして昔とは眺望が雲泥の差でした。

3.正味の登山口

はるちゃん



24336.Re: クライミング
名前:はるちゃん    日付:2015年02月21日(土) 20時25分
Original Size: 1000 x 663, 97KB Original Size: 1000 x 663, 98KB Original Size: 1000 x 663, 98KB

追加写真をどうぞ



24341.Re: クライング (泣ける話 AT 瓶ヶ森林道)
名前:エントツ山    日付:2015年02月22日(日) 08時28分
Original Size: 900 x 560, 164KB Original Size: 800 x 600, 141KB Original Size: 800 x 600, 147KB

冬の瓶林は安全迂回ルートに非ず  これがトンネルの入り口だ〜  何とか辿り着いた第4トンネル


リップさん  おはよう
クライミング 誘われましたか  腰折山にもロッククライミングのゲレンデがあるんですねえ

道具や残置確保基部を利用したゲレンデでのクライミングは全身を駆使したスポーツですね
オーバーハングなどの練習は私の山登りには無意味やとは思いますが、ロープワークや確保技術などは大変有用だとは考えております

普段の山歩きではそんな岩場に遭遇したら迂回しますので五感を磨くスポーツとして考えて若返りましょう

聞いて下さいよ トホホな話を!!

この所ず〜っと藪歩きばかりしてたので久しぶりに雪山へ入って見たくなりました。金曜日〜土曜日と天気予報が良かったので寒風山登山口より伊予富士の西側に踏み込んで雪山ビバークをしました

結局ザックが13.5キロで雪もそこそこ深かったので自念子の頭の西斜面で17時となり石鎚に(正確には二ノ森)沈む夕日を見ながらツェルト(モンベルのドームシェルターII)泊

翌日も午前中は天気も良く西黒森の手前まで進んで引き返しました
東黒森まで帰った時にいきなりガスが湧いて強風が吹いてきましたわ
前日、伊予富士でペーコちゃんに会い、瓶ヶ森林道を歩く話をした事もあって、東黒森から楽そうな斜面を瓶ヶ森林道へおりました

まあ、時間も早いから明るい内には旧寒風山トンネルの駐車場には着けるだろうってな気楽な感じね
瓶林は結構雪崩れてる場所が多くスタスタとは進めませんが、トンネル2つも半分くらい入口が雪崩で詰まっている様な状況でした

さて、車で走っていると結構トンネルを通りますが、どの辺りにトンネルがあるか余り思えていませんよね

離合するのに相手のjヘッドランプを確認して待たなければならない長いトンネルがありますよね
そこまで来た時 唖然としました  トンネルが無いのです
上からの雪崩でその形跡すらありません

で・・・地図を出すと何と伊予富士の西側しか印刷していないのです
そりゃそうですわ 瓶ヶ森林道ってクネクネ東へ曲がってますし、興味ないし・・・
こりゃ参った!
取り敢えずトンネルの上の尾根を越えて向こう側へ行くしかありません
雪崩の柔らかい雪を泣く泣くラッセルして稜線へ上がり、向こう側へ下りると途中で断崖絶壁が並んでいるのですわ
崖と崖の間は鋭い沢で滑落間違いなしの急傾斜です

私はどんな傾斜も樹木さえ転々とあれば登り降りはへっちゃらです
でも、リップさんがクライミングしている様な絶壁は無理〜〜
余り東側に下りるとトンネルの筋から離れて高知の中の川まで下りちゃったら大変ですからなるべく北側へ迂回し相当右往左往して何とか次のトンネル口を発見しました

いざとなったらトレースを引き返して穴のあるトンネルの中でツェルトを張ってもう一泊するつもりでした。気楽な性格はいいもんですわ

それからも延々と林道歩きが繰り広げられて結局車に帰り着いたのは20時30分過ぎでございました

瓶ヶ森林道  冬場は決して安全迂回ルートではございませんでした


エントツ山




 
http://entotsuyama.hobby-web.net/top-page-entotsuyama.html



24342.Re: サイクリング
名前:エントツ山    日付:2015年02月22日(日) 09時50分
Original Size: 800 x 450, 151KB Original Size: 450 x 800, 160KB Original Size: 800 x 600, 165KB

高知の和田さんと(逆光ですみません) アンタ誰(ペーコちゃんでした) 冬の伊予富士を西側から

はるちゃん  今晩は

何と来島からチャリで渡りましたか
風の強い大橋をチャリで渡ろうだなんて考えるのはペーコちゃんかむらくもさん位でしょうよ

「相棒」と聞けば楠橋さんの事しか頭に無いのではるちゃんもついに来たかと一瞬ドキっとしました
チャリでランデブー(古〜)も中々オツナもんですね

私は冬の伊予富士から西側の景色を見たことが無かったものですから冬山お泊り道具で西側に踏み込んでみました

地図上で寒風〜笹ヶ峰の距離からを見るともっと伊予富士から西へ進めると考えていましたが13時過ぎにペーコちゃんと伊予富士を別れてて進みましたが自念子の頭が精いっぱいでした

伊予富士山頂ではもう一人高知の和田さんという岳人との3人きりでした
やはり金曜日にこんな良い天気に山へ来られるって退職後しか出来ないですよね
和田さんに伊予富士から見る高知の山々を教えて貰いましたが、「重なる土佐の山々」としか私には良くわかりませんわ
和田さんの話によると関東方面からもここにやってくる人が結構居て、その理由の一つが南アルプスに良く似ている事だそうです

本当に伊予富士からの眺めは特に高知方面にかけて山々が連なり南アルプスの様な気がしました

東黒森とか自念子の頭とか夏にはそんなに魅力を感じない山ですが冬に来ると予想を上回る素晴らしさがありました

四国の山はええですねえ

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/top-page-entotsuyama.html



「24334.クライミング」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb