[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
エントツ山掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



23355.赤木沢激変  
名前:かえる    日付:2014年08月18日(月) 18時54分
Original Size: 800 x 600, 99KB Original Size: 800 x 686, 100KB Original Size: 800 x 600, 94KB

エントツ山さん こんばんは

比較的易しい赤木沢ですが 今回は様子が違いました また 熊に出会うサプライズも

折立登山口から10分ほど登った時 『クマヤ』という女性の声が
登山者がひっきりなしに行きかう所に熊など冗談かと思っていると 4〜5m前を親子ずれのクマが横切っていきました
あわっててカメラをとり出したが起動が間に合わず 熊は藪の中へ消えたので写真はありません
体長1.5m位の若い雌熊と小さい子ぐまが1頭 毛並みが綺麗でしたわ

15日富山の天候は15時から雨の予報でしたので昼までに大滝を抜ければ何とかなると思い 薬師沢小屋を出て赤木沢へ向かいました
はじめは綺麗な赤木沢を楽しみながら遡行していたのですが 中程で雨足が強くなったかと思うと 谷は瞬く間に激変

写真1枚目 09時52分 雨足が強くなる
写真2枚目 10時08分 滝の水が濁りだす
写真3枚目 10時14分 滝壺が爆発状態に

こうなったら 進むことも帰ることも出来ません 流されたら体はバラバラに? 赤木平目指して斜面を這い上がりました
5時間藪と格闘しヘロヘロになって縦走路に辿り着いた時にはこれで帰れると思いましたわ

太郎小屋に着くと 沢に入った3人の安否を尋ねられました
我々の前に2人 後に3人遡行してましたが 増水後どうなったか解りません
急斜面を竹藪と格闘している時 ホイッスルの音が聞こえましたが こちらも自分のことで精一杯戻ることは出来ませんでした
後ほど救助されたとニュースで知り安堵しています

太郎小屋の方は赤木沢で増水したら必ず赤木平へ逃れるのが鉄則で 反対の尾根に登ると危険だと言っていました








 



23356.Re: 赤木沢激変
名前:かえる    日付:2014年08月18日(月) 18時58分
Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB Original Size: 800 x 600, 100KB

楽しい写真も

1.赤木沢出会左は奥の廊下へ

2.赤木沢に入る

3.綺麗なナメが続く



23359.Re: 赤木沢激変 −増水は怖いですねえ
名前:エントツ山    日付:2014年08月19日(火) 00時21分
Original Size: 1380 x 1311, 335KB Original Size: 640 x 480, 130KB

赤木沢とはどの辺り?     赤木沢の秋



かえるさん  今晩は

赤木沢は山渓の本にも取り上げられた美しい沢ですね
天候さえよければ我々でも遡行は可能と思われます

下の廊下や奈良県の沢などに入られているかえるさんのグループですから急な増水に対応して藪を這い上がったんですね

確か救助された人はツエルトを使ってビバークされたとか・・・

新穂高温泉から槍ヶ岳への右俣道では急な増水で3名が流されて心肺停止となられてるとのニュースを見ました。
以前 keitann さんもここを下山時に小屋の方から渡渉が危険とアドバイスされて左俣方面の尾根筋へ出られたと言われてました

アルプスの沢は樹林帯が少ないので上流で大雨になれば急に沢は増水しますね 
私も新穂高温泉から槍ヶ岳へ登った事がありますが、天気が良かったので、そんな危険な沢の渡渉があったかしら?って感じでした

最近は樹林帯のある川でも植林の保水力が無く、各地で氾濫してますねえ  地球環境の変化で天候が不順になった気がします

赤木沢・・・天気が安定した時に歩いてみたい沢です

示唆深いレポありがとうございました

エントツ山
http://entotsuyama.hobby-web.net/shikokugai-kitakama2.html



「23355.赤木沢激変」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb