[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
週刊ボードゲーム通信

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



週刊ボードゲーム通信995号「カードゲーム」その25  
名前:    日付:2019/09/01(日) 20:48
先日、「キレイがきらい」(Drecksau/Dirty Pig)というカードゲームを初めてプレイしました。子供でもできる簡単なものです。でも子供向けと限定されているわけではなく、2012年のSpiel des Jahres(ゲーム大賞の一般部門)に推薦されています。
内容としては、自分のブタカード(3枚)をすべて裏向き(泥だらけ)にすれば勝ちます。別に手札があり、1枚ずつプレイして、他プレイヤーのブタを攻撃、自分のブタを防御します。カードは、雨、小屋、雷、避雷針など具体的なもので、効果がすんなりと頭に入ります。クリーチャーにエンチャントを付けたり、呪文を使ったりするようなプレイ感がマジックザギャザリングに似ています。
ルールを読んだところでは、プレイするまでもないようにも思われました。どういう展開になるか分かるからです。いざプレイしたところ、意外と面白く、またやってみたくなりました。このゲームはどういうところが優れているのだろうかと考えさせられました。

参考に、このゲームのBoardGameGeek(海外の最メジャーサイト)での分類は次のとおりです。
・Type→子供向け(Children's),ファミリー向け(Family)
・Category→動物(Animals)、カードゲーム(Card Game)
・Mechanisms→@他プレイヤーを攻撃(Take That)

ボドゲーマ(日本のボードゲーム総合情報サイト)では、以下のとおりです。
・テーマ/フレーバー→現代、動物、子供向け、カードゲーム
・メカニクス→@直接攻撃(強奪/破壊)、Aタイル・カード配置、Bハンドマネージメント

メカニクスとしては、3つ挙がっています。Aタイル・カード配置は各自のブタカードであり、Bハンドマネージメントは手札です。これらにより、ゲームは多層になっています。通常のカードゲームは二次元だけど、このゲームは三次元という感覚です。ここがこのゲームの面白さだと思います。
それから、カードの効果と絵が一致しており、世界が成立しています。カードゲームは抽象的なものだけど、このゲームは具体的です。先ほど述べたマジックザギャザリング感は、ゲームシステムのみならず、このリアルさにも因っているのでしょう。

「キレイがきらい」
https://boardgamegeek.com/boardgame/118410/dirty-pig
https://bodoge.hoobby.net/games/drecksau

zaqdadce911.zaq.ne.jp (218.220.233.17)
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/76.0.3809.132 Safari/537.36


「1447.週刊ボードゲーム通信995号「カードゲーム」その25」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb