[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
週刊ボードゲーム通信

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



週刊ボードゲーム通信991号「ブロックスグランプリ 関西地区大会」  
名前:    日付:2019/08/04(日) 21:34
2019年7月27日(土)に大阪で開催されたブロックス大会に参加しました。
ブロックスは、知名度の高いボードゲームです。ルールは容易で、かつ奥が深いです。今回参加して、競技として優れたゲームだと実感しました。

参加人数は100人くらいでした。4人か3人で、3プレイ行います。1プレイごとに隣の席に移動してメンバーが変化します。1手の制限時間は1分です。各テーブルにスタッフが1人ついて時間を測っています。スタッフは30人ほどで、皆さんしっかりされていて、選考と研修がよくなされている様子です。主催のマテル社は大したものです。「参加費無料で、申し訳ないほどです」とスタッフに話したところ、「物販もしていますので、買っていただけたら」と優しく返答されました。
参加者も普通の人たちでした。私がプレイしたテーブルにはゲーマーはいないようでした。「何回くらいブロックスをしましたか」と聞いたところ、あまりはっきりした答えは返ってきませんでしたが、やりこんでいるわけでもないようでした。でも大会の情報を得るような人たちなので、「いうほどしていない」というレベルは一般とは異なるかもしれません。自分のテーブルでは、全てのタイルを置ききった人はいませんでした。皆、タイルを置く速度は早く、審判はほぼ不要です。長く考えるほど得なゲームなのに、そうしないところに慣れを感じました。
自分はやや場違いでしたが、早く帰りたいと思うことなく楽しめました。ボードゲームというフレームのおかげです。

どのようなゲームが競技に向いているでしょうか。
2人用ゲームはどんなものでも競技的です。難しいのは3人以上のゲームです。
カードゲームも、ゲームシステムとしては競技にしやすいです。コントラクトブリッジは、代表的な競技用トランプゲームです。でも多くのカードゲームは手軽なものであり、運の要素が大きく、競技大会を開催するには適当ではありません。
では人狼はどうでしょう。尖ったゲームであり、勝負という観点では競技性は低いです。しかし、フィギュアスケートのように総合得点を競うような方法を採れば、競技になる可能性を秘めています。評価尺度を明確にすることは容易でないですが、インターネットで配信して視聴者が判定するのも1つの実際的な方法でしょう。また、人工知能で採点ができるようになればすごいです。しかし、ゲーマーにとってディストピアになりえます。
普通のボードゲームにおいてでも、勝負以外の要素が計測されるようになれば、辛そうです。例えばブロックスで、皆が高速でプレイしている中、制限時間内であったとしても毎手番長考する人がいれば、空気が読めていないと判定されます。無口なプレイもマイナス評価となります。
その点、人狼は進んでいます。場違いな人はさっさと吊られます。排除する機能を実装している恐るべきゲームです。

zaq3a553c16.zaq.ne.jp (58.85.60.22)
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/75.0.3770.142 Safari/537.36


「1442.週刊ボードゲーム通信991号「ブロックスグランプリ 関西地区大会」」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb