[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
週刊ボードゲーム通信

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



週刊ボードゲーム通信973号「カードゲーム」その12  
名前:    日付:2019/03/31(日) 22:17
江戸時代から「かるた」はありました。「犬も歩けば棒に当たる」という「犬棒かるた」などです。百人一首も「かるた」です。
昭和の後期には、子供向けの「かるた」が多く発売されていました。アニメ作品の「かるた」では、キャラクターや世界観を表す文章が使われました。若年の方にはピンとこないかもしれませんが、以下のようなものです。
https://www.bing.com/images/search?q=%e3%81%8b%e3%82%8b%e3%81%9f+%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1&qpvt=%e3%81%8b%e3%82%8b%e3%81%9f+%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1&FORM=IGRE

「かるた」では、1組の取り札と読み札があります。
取り札には、ひらがな一文字と絵が印刷されています。
読み札には、文章が印刷されていますが、ゲームと関係するのは文章の最初の文字だけです。しかし、意味ある文章がなければ面白くありません。ゲームとは直性関係がないという点で、読み札の文章はフレーバーテキストに似ています。取り札の絵もゲームとは関係ありませんが、絵が重要なのはトレーディングカードゲームと同様です。
「競技かるた」は、2人用であることや、1文字目で札が確定するわけではないことなど、普通の「かるた」よりも複雑ですが、文章の内容はやはりゲームとは関係ありません。しかし、百人一首であることは必要不可欠であると言ってよいでしょう。

昔のアニメの「かるた」は、文章や絵が適当なところがあり、突っ込みどころや新たな気づきがあって面白いです。ゲームをプレイせずとも味わうことができるところも、トレーディングカードゲームと似ています。

カードはその形態ゆえに、鑑賞に適しています。そして、1枚で完結しているため、世界感があります。

zaqdb72e6f8.zaq.ne.jp (219.114.230.248)
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/73.0.3683.86 Safari/537.36


「1422.週刊ボードゲーム通信973号「カードゲーム」その12」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb