[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
週刊ボードゲーム通信

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



週刊ボードゲーム通信969号「カードゲーム」その9  
名前:鱶(fuka)    日付:2019/03/11(月) 00:20
みなさんこんばんは、鱶(fuka)です。今日は野球の日本代表で、オリックスの吉田選手が満塁ホームランを打ちました! 金子と西が抜けて、投手陣は不安しかありませんが、打の方は少し安心…ですかね。しかし、この時期に代表で活躍すると、4月からのシーズンで今一つという印象もありますがどうなんでしょう。

さて、カードゲームはカードが傷みやすいというのは大きな弱点です。トランプはプラスチック製という解決策がありますが、カードゲームの場合は自分で何とかしなければなりません。
昔、ラミネーターを使ってみましたが、カードの分厚さが増しすぎてしまって、遊びにくくなってしまいました。それにカードが不可逆的に保護されてしまうのも問題かなあと思います。その点、スリーブによる保護はいつでも解除可能なのでその点は良いのですが、コストが割と高かった印象です。

結局、カードゲーム自体を複数購入する、という手段が最も簡単なカードの傷み対策と言えるかもしれません。ボードゲームと比べると安価ですし、プレイ時間が短い分、遊ぶ回数も多くなりがちなので、ちょうど良い解決法だと思います。

「ごきぶりポーカー」というカードゲームがありましたが、こちらもカードには絵柄が描かれているのみです。「ディクシット」もそうですが、ごきぶりポーカーもルールは比較的簡単です。絵柄だけではなかなか複雑なゲームにすることは難しいのかもしれません。

ところで、マジックザギャザリングのカードは、カード名、イラスト、ルール、ショートストーリーで構成されています。イラストで世界観を表すものは多くありますが、マジックのイラストは複数のイラストレーターが手掛けていて、ともすれば統一感が感じられないものですが、それを一つの世界が感じられるようにしているのは、ショートストーリーのおかげではないかと思います。語り過ぎず、大きな世界の断片が何となく語られていて、雰囲気を感じられるものです。決して大きくはないカードにあれだけの情報を入れられるという事にとても感心してしまいます。

それではまた来週-。

i58-95-130-73.s42.a028.ap.plala.or.jp (58.95.130.73)
Mozilla/5.0 (Windows NT 6.1; Win64; x64; rv:65.0) Gecko/20100101 Firefox/65.0


「1416.週刊ボードゲーム通信969号「カードゲーム」その9」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb