[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
週刊ボードゲーム通信

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



週刊ボードゲーム通信964号「カードゲーム」その4  
名前:    日付:2019/02/03(日) 22:32
日本では、トランプは小中高学生のときにするものです。「大富豪」のように学校の休み時間にするのに適度なものがよくプレイされています。近年では、あまりされなくなっているのかもしれませんが。
欧米の映画を観ると、大人がトランプをしているシーンがあり、子供がトランプをするイメージはあまりないです。欧米では、トランプはギャンブルであり、「ブラックジャック」や「ポーカー」など、賭けやすいものがポピュラーです。

トランプから一ゲーム・一ルールのカードゲームが派生しました。そのなかで、大富豪タイプのゲームは主要なものです。ゲーム名を思い出せないですが、どひんみんの立場が皿洗いとなっているドイツ製のカードゲームを以前に所有していました。そのゲームはカード枚数がトランプとは異なり、「大富豪」を少しブラッシュアップさせたものでしたが、今更感があったためかプレイする機会は少なかったです。
「アブルクセン(Abluxxen/Linko)」も、大富豪タイプとして近年メジャーなものです。完成度や評価は高いようですが、プレイしたところ地味な印象でした。何度もプレイすると深さが分かるのかもしれません。
https://boardgamegeek.com/boardgame/153065/linko

ページワンタイプの代表は「UNO」で、カードの種類とルールを増やすことでページワンよりも一歩進んだゲームとなっています。
日本人がデザインした「ゴッズギャンビット(Gods' Gambit) 」もややポピュラーなものであり、特殊カードが多くなっています。しかし、複雑さが面白さにつながっているわけではないと感じられます。ページワンの魅力は削がれているものの、使いづらいカードを出すことに満足するゲームに変わっているのかもしれません。
https://boardgamegeek.com/boardgame/160125/gods-gambit

トランプを基にしたゲームは、シンプルさが重要なのかもしれません。そうであるなら、カードゲームはルールを複雑にすると無理が生じることとなります。

zaq7d048d43.zaq.ne.jp (125.4.141.67)
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/71.0.3578.98 Safari/537.36


「1407.週刊ボードゲーム通信964号「カードゲーム」その4」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb