[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
週刊ボードゲーム通信

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



週刊ボードゲーム通信962号「カードゲーム」その2  
名前:    日付:2019/01/20(日) 19:58
トランプの発明は、ボードゲームの世界で革新的な出来事と言えるでしょう。起源ははっきりしていないようですが、長年かけて現在のトランプの形になりました。トランプは最初のカードゲームと考えてよさそうです。そして現在まで、世界中で最もポピュラーなカードゲームであり続けています。
トランプというゲームではなく、トランプを使用する様々なゲームがあることが特徴です。そのため、子供から大人までプレイ可能です。
私も幼いときからトランプにはお世話になりました。「ババ抜き」や「七並べ」から入って、「ページワン」や「大富豪」をするようになりました。その先の「コントラクトブリッジ」には行き着いていません。自分の世代(第2次ベビーブーム)では、このような流れが一般的だろうと想像されます。
小学生がトランプするようになったのは、つまり子供同志が室内でゲームをして遊ぶようになったのは、いつ頃からでしょう。戦後の高度成長期からなのでしょうか。そして近年、平成生まれの人は子供時代にトランプをどの程度しているのでしょうか。遊びの選択肢が増えて、トランプは廃れているかもしれません。
振り返ると、大学生になって気づいたことですが、トランプのゲームは地域よってルールが若干異なることがあります。「ページワン」をする際には「長尾ルールではこうなっているよ」というように事前に確認するとスムーズにいきます。

それから、一ゲーム・一ルールのカードゲームが誕生したのはいつなのでしょう。
真っ先に思い浮かぶ「UNO」(ウノ)はメジャーなカードゲームですが、1971年に作られたとのことで、それほど古くはないです。「UNO」はトランプのゲームを参考にして作られたものであり、このようにトランプから派生したものは数多くあります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/UNO_(%E3%82%B2%E3%83%BC%E3%83%A0)

zaqdadce67f.zaq.ne.jp (218.220.230.127)
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/71.0.3578.98 Safari/537.36


「1405.週刊ボードゲーム通信962号「カードゲーム」その2」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb