[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
週刊ボードゲーム通信

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



週刊ボードゲーム通信960号「ボードゲームゆく年くる年」 その2  
名前:    日付:2019/01/05(土) 11:13
明けましておめでとうございます。
近年、ボードゲームが一般に注目されるようになりました。新聞や雑誌のみならずテレビで取り上げられる機会までも増加しています。ボードゲームのプレイ風景を時間をかけて見せる番組まであります。我々が予想だにしていなかった状況です。
なぜボードゲームに関心がもたれるようになったか。私には不思議です。
この問題を考えるとき、以下のエッセイを思い出します。

"Games in Japan"
Taiju Sawada,2000
http://www.thegamesjournal.com/articles/GamesinJapan.shtml

これは、2000年当時の日本のアナログボードゲームの状況を海外に紹介する文章です。鋭い視点で端的にまとめられています。約20年前のものですが、現在の状況とそのほど変わっていないです。
このなかで、日本におけるドイツゲームについて、テーブルトークRPGと対比させて以下のとおり述べられています。

Play style of board gamer is similar to roleplayers but board gamers are a bit more sociable, enough to invite their non-gamer friends to join in. Maybe one of the reasons is, as I said, no prejudice is there against board games.

ドイツゲームは偏見をもたれていないので非ゲーマーに勧めやすい、つまりドイツゲームにはオタク感やキモさがなくそれが強みだということです。
この路線でやってきたことが、ドイツゲームが浸透している大きな要因だと思います。

zaqdadcea94.zaq.ne.jp (218.220.234.148)
Mozilla/5.0 (Windows NT 10.0) AppleWebKit/537.36 (KHTML, like Gecko) Chrome/71.0.3578.98 Safari/537.36


「1403.週刊ボードゲーム通信960号「ボードゲームゆく年くる年」 その2」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb