[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
あいちゃんの談話室
ファミリー登山と文学散歩の掲示板です。主に九州をフィールドにしています。管理人 (二児の父親)は福岡県朝倉市在住です。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



4420.黒岳原生林  
名前:甘木のあいちゃん    日付:2008/05/07(水) 06:12
地元の大平山に登ろうという話をしていましたが、気温が高くなりそうで、それなら涼しいくじゅうに出かけようということになりました。
夫婦で出かけました。
目指すは黒岳原生林です。
昨年8月にも親子で歩いています。

7時過ぎに家を出て、朝倉インターから九重インターまで高速道路利用です。
九重インターから210号線に出るのが渋滞で心配しましたが、このあとのやまなみハイウェイは順調な運転でした。
男池への道路は狭いのですが、対向車が多く、転落しないよう気を遣いました。

男池にはたくさんの車が止まっています。
9時50分に歩き始めます。
かくし水までの道は平地と同様のウォーキングコースです。
原生林の中を気持ちよく歩きます。

30分ほどでかくし水に着きます。
人が多いです。
調子よく歩いた妻は、ソババッケまで行っても良いということで、更に歩きます。
ソババッケへは傾斜があり、山道になります。
このあたりから日差しも強まり、結構息が切れます。
ソババッケの手前まで行きましたが、無理をせずに引き返しました。

かくし水の近くまで来て妻が転びました。
それほどひどくはありませんでしたが、帰宅後に湿布しました。

かくし水でコーヒーを入れて一休みです。
おやつも食べて至福の時間です。

かくし水から戻り、男池に立ち寄ります。
私たちが男池に着いたとき、誰もいなくて静かな男池を楽しみました。
名水の滝方面に流れに沿って歩きましたが、通行止めになっていました。
流れの近くで弁当を広げている人たちもいて、賢い選択だと感心しました。

黒岳原生林では大勢の人に会いました。
黒岳や平治岳を目指している登山者、ソババッケやかくし水までのウォーキングをする人、かくし水まで歩く、あるいは男池周辺の「上の台散策コース」を歩く観光客など、様々です。

黒岳原生林は良いところです。
原生林の緑に癒されます。
男池の澄んだ水の流れを見ても心が和みます。
夏は涼しいです。
避暑にも最適です。

12時20分に帰り着き、男池の食堂で昼食です。
いい時間ですが、食堂は空いていました。
高菜ピラフとソーメンです。
これは昨夏と同じメニューでした。

このあと、白水鉱泉を経て、湯平温泉に立ち寄ります。
湯平温泉は何度も通っていますが、立ち寄るのは初めてです。
ここは立ち寄り入浴が200円でできます。
私たちが寄った橋本温泉は新しくて清潔でした。
コインロッカーや石けん、シャンプーはありません。

湯平温泉は古くからの温泉です。
石畳の道が風情があります。
種田山頭火ミュージアムがあり、以前から目を付けていましたので、行きました。
入場料100円の無人の施設ですが、あばら屋のようなところで、まさに山頭火という感じでした。
山頭火は昭和5年に湯平温泉に来ています。

山頭火は各地を放浪していますので、あちこちに足跡があります。
長湯温泉、英彦山、日奈久温泉などで記念碑を見ました。
九州の戦前からの温泉で山頭火が立ち寄らなかったところはないというくらいです。

このあとは湯布院から高速道路に乗り、杷木インターで降りました。
買い物をして16時半帰宅です。
ガソリンが空っぽになり、入れましたが159円でした。


「4420.黒岳原生林」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb