[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
日本史関係情報掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



1434.伊賀連携フィールド「2015年度第4回忍者・忍術学講座」 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2015/06/24(水) 23:42
日時:2015年7月18日(土)10:30〜12:00

場所:ハイトピア伊賀3階コミュニティホール

発表者:井上直哉氏(京都大学大学院生)

題目:「江戸の伊賀者について」

要旨:天正10年に徳川家に召し抱えられたとされる“伊賀者”。今の東京にも、伊賀者たちの痕跡が残っていた。彼らの足跡を江戸以前から明治時代まで追うことで、謎多きその実像に迫る。

http://www.human.mie-u.ac.jp/kenkyu/ken-prj/iga/kouza.html

1433.Antony Cummins“SAMURAI and NINJA” 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2015/06/16(火) 23:07
Antony Cumminsさんより“SAMURAI and NINJA”(TUTTLE)を送っていただきました。どうもありがとうございました。忍者に関する書を続々と出版しているAntony Cumminsさんの最新作で、侍と忍者の真実に迫っています。

1432.第80回 『実隆公記』を読む会 返信  引用 
名前:苅米一志    日付:2015/06/13(土) 10:17
下記の要領で開催いたします。よろしくご参集ください。

日時:2015年6月27日(土) 14:00〜

場所:就実大学 A201会議室

内容:文明13年2月1日条〜

担当:辰田芳雄氏(岡山朝日高等学校)

※テキストは当日配布します。

その他:終了後は懇親会を予定しています。

☆データ配信中!!
『実隆公記』文明6年〜10年条の注釈を作成しました。
無料でデータを配信しておりますので、ご希望の方は下記までご連絡ください。

http://www.shujitsu.ac.jp/huzokushisetsu/huzokushisetsu_kibiken/10154.html

1431.伊賀連携フィールド「2015年度第3回忍者・忍術学講座」 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2015/06/08(月) 00:10
日時:2015年6月13日(土)10:30〜12:00

場所:ハイトピア伊賀3階コミュニティホール

発表者:山本寿法 氏(正忍記を読む会会長)

題目:正忍記著者藤一水・名取三十郎正澄について

概要:紀州発信の「正忍記」は日本三大忍術伝書に謳われています。著者名取三十郎(藤一水)は藤林家ゆかりの伊賀者とする説がありますが果たしてその実は?平成24年の菩提寺発見と事後経過を追いながら未発表事項を交え名取の影に迫ります。
http://www.human.mie-u.ac.jp/

1430.中島篤巳氏著『完本万川集海』 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2015/06/08(月) 00:07
中島篤巳さんより『完本万川集海』(国書刊行会)を送っていただきました。どうもありがとうございました。『万川集海』に関する日本語による初の解説書で、今後の忍術研究の基礎となる書です。

1429.岡野友彦氏著『戦国貴族の生き残り戦略』 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2015/06/08(月) 00:05
岡野友彦さんより『戦国貴族の生き残り戦略』(吉川弘文館)を送っていただきました。どうもありがとうございました。久我家をとりあげ、中世・近世を生き抜いてきた実像を解明しています。

1428.【三重大学情報ひろば企画展示イベント「忍者・忍術学講座 in 文部科学省」】 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2015/05/16(土) 09:44
開催日時:平成27年5月22日(金曜日)13時〜15時50分
開催場所
文部科学省「情報ひろばラウンジ」(旧文部省庁舎1階)
※入場無料。どなたでも自由に参加いただけます。
イベント概要
 忍者は漫画や映画等で国内外から注目されていますが、学術的調査は皆無で、その生活・文化は正確に伝わっていません。
 忍者に関する貴重な史料を多数保有する三重県伊賀市と文理連携体で挑む三重大学が連携して、忍者に関する史料を解読し、未踏の研究分野である「忍者・忍術」の科学的調査・研究を進めてきました。
 本講座では、これまでの研究等でわかってきた忍者・忍術の実像や世界に広がる”Ninja”はどのような存在ととらえられて変容しているのか等を紹介します。

講師(講座は各50分、10分休憩)
1)山田雄司(三重大学人文学部教授)
『忍者の実像』
2)久松 眞(三重大学名誉教授・伊賀研究拠点副所長)
『学術的知見から忍者食を解読』−忍びの携帯食に想いを馳せて−
3)川上仁一(三重大学社会連携研究センター特任教授)
『忍者修行入門』

参加ご希望の方は下記メールアドレスまで
 1.参加者名前
 2.人数
を記載の上、ご連絡をお願いいたします。
koho@ab.mie-u.ac.jp
(会場に空きがあれば、当日の参加も可能です)

1427.中世史研究会例会 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2015/04/29(水) 19:47
報告者:石神 教親 氏

題目:「中世東海道から近世東海道へ─榎原雅治著『中世の東海道をゆく』をうけて─」

日時:2015年5月21日(木)
    18: 30〜21:00(開場18:00)

会場:ウインクあいち11階1105会議室
  (JR名古屋駅桜通口から
   ミッドランドスクエア方面徒歩5分

1426.第79回 実隆公記を読む会 返信  引用 
名前:苅米一志    日付:2015/04/28(火) 21:42
下記の要領で開催いたします。よろしくご参集ください。

日時:2015年5月30日(土) 14:00〜
場所:就実大学 A201会議室
内容:文明13年正月18日条〜
※テキストは当日配布します。
その他:終了後は懇親会を予定しています。

☆データ配信中!!
『実隆公記』文明6年〜10年条の注釈を作成しました。
無料でデータを配信しておりますので、ご希望の方は下記までご連絡ください。

http://www.shujitsu.ac.jp/huzokushisetsu/huzokushisetsu_kibiken/10154.html

1425.今井雅晴氏著『日本研究の修士論文と博士論文の書き方』 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2015/04/24(金) 00:58
今井雅晴先生より『日本研究の修士論文と博士論文の書き方』(JAPAN FOUNDATION)を送っていただきました。どうもありがとうございました。エジプトの大学での講演をもとに、外国人が日本研究の論文を書くにはどのようにしたらよいか述べられています。

1424.山本隆志氏著『山名宗全』 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2015/04/24(金) 00:55
山本隆志先生より『山名宗全』(ミネルヴァ書房)を送っていただきました。どうもありがとうございました。山名宗全の実像とともに、守護大名にとって京都とはどのような地だったのか考察されています。

1423.「『看聞日記』現代語訳(三)」 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2015/04/23(木) 08:54
薗部寿樹さんより「『看聞日記』現代語訳(三)」(『生活文化研究所報告』42)を送っていただきました。どうもありがとうございました。応永23年(1416)8月1日から12月晦日までです。

1422.今井雅晴氏著『五十六歳の親鸞・又続−相模国への布教−』 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2015/04/20(月) 12:49
今井雅晴先生より『五十六歳の親鸞・又続−相模国への布教−』(真宗文化センター)を送っていただきました。どうもありがとうございました。親鸞の相模国での活動について、伝承も紹介しながら平易に書かれています。

1421.「中世における葬送の僧俗分業構造とその変化−「一向僧沙汰」の検討を通して−」 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2015/04/20(月) 11:17
島津毅さんより「中世における葬送の僧俗分業構造とその変化−「一向僧沙汰」の検討を通して−」(『史林』97-6)を送っていただきました。どうもありがとうございました。葬送の担い手として俗人がどのように関与していたのか、穢れの観点から葬送における顕密僧と禅僧との関連等について考察した興味深い論考です。

1420.「鎌倉府軍事制度小論−戦功認定システムを中心に−」 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2015/04/20(月) 10:58
呉座勇一さんより「鎌倉府軍事制度小論−戦功認定システムを中心に−」(『千葉史学』65)を送っていただきました。どうもありがとうございました。南北朝〜室町期の東国の着到状・軍忠状・感状の分析から、鎌倉府の軍事制度、特に戦功認定システムの変化を明らかにしています。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb