[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
日本史関係情報掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



980.第29回「実隆公記」を読む会 返信  引用 
名前:苅米一志    日付:2010/06/28(月) 14:04
下記のとおり会のご案内をいたしますので、ご参加の程お願いいたします。

日時:2010年7月31日(土)14:00〜
場所:就実大学 附属図書館 3階スタディルーム
内容:文明7年12月16日条〜
テキストは当日配布します。

その他:講読会終了後は、懇親会を予定しています。

☆データ配信中!!
『実隆公記』文明6年条および同7年正月〜3月条の注釈を作成しました。
無料でデータを配信しておりますので、ご希望の方はご連絡ください。

http://www.shujitsu.ac.jp/web/department/cultural/kibi/index.html

979.みえアカデミックセミナー2010 三重大学 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2010/06/21(月) 00:20
開催期間 2010/07/19
開催時間 13:30〜15:30
開催地
開催施設 生涯学習センター2F視聴覚室(143席)
三重県津市一身田上津部田1234番地
TEL 059-233-1151

主催者 三重大学、三重県生涯学習センター
料金 不要
備考 【演 題】
『親鸞と熊野権現』
【講 師】
人文学部 文化学科 准教授 山田 雄司
【内 容】
本願寺三世覚如による『善信聖人親鸞伝絵』「熊野霊告」の段には、平太郎という人物の熊野詣について記されています。親鸞は神祇不詳を唱えたとされていますが、覚如はなぜ熊野権現を『親鸞伝絵』に描く必要があったのでしょうか。中世の熊野信仰の特質を展望しながら初期真宗における神祇の問題について考えていきます。
【座席数】
143席/事前申込制・先着順・定員になり次第締切
 ※座席に余裕あれば当日参加可
【申込方法】
電話、ハガキ・FAX、生涯学習センター窓口、Eメール、ホームページ、携帯サイト
【申込先】
三重県生涯学習センター(問い合わせ先と同じ)
  ※ホームページ、携帯サイトからもお申込できます
  ■ホームページ http://www.center-mie.or.jp/manabi/
  ■携帯サイト  http://www.center-mie.or.jp/m/
【その他】
■受講ハガキは送付いたしません。
■申し込み後、ご都合が悪くなった場合必ず事前にご連絡下さい。
■未就学児のご入場はお断りします。
■講座内容・日時は講師の都合などにより予告なく変更したりやむなく中止することがありますのでご了承下さい。

※新県立博物館の建設工事のため駐車場が6月より一部使用できなくなりますので駐車場の混雑が予想されます。なるべく公共交通機関でお越し下さい。


http://www.center-mie.or.jp/cgi-bin/nmie80j3.cgi?GAK_CD=0000077743

978.藤田達生氏著『証言本能寺の変―史料で読む戦国史―』 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2010/06/18(金) 16:23
藤田達生先生から『証言本能寺の変―史料で読む戦国史―』(八木書店)をいただきました。どうもありがとうございました。刷り込みや思い込みによる戦国史「研究」を正すべく、根幹となる史料をすべて掲げて論を展開されています。諸悪の根源は「戦後の科学主義・実証主義を標榜する研究者たち」かもしれません。

977.『日本中世魚介類消費の研究―15世紀山科家の日記から―』 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2010/06/15(火) 15:10
橋本道範さんより『日本中世魚介類消費の研究―15世紀山科家の日記から―』(『琵琶湖博物館研究調査報告』25)を送っていただきました。どうもありがとうございました。中世魚介類データベース・中近世料理文献における鮒史料一覧のほか、これを用いて分析を行った橋本氏の「日本中世の魚介類消費研究と15世紀の山科家」ほかの論文が収録されており、大変有益です。

976.「『今昔物語集』巻二十第四話考―天狗と天皇に関して―」 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2010/06/15(火) 13:56
久留島元さんより「『今昔物語集』巻二十第四話考―天狗と天皇に関して―」(『説話・伝承学』18)を送っていただきました。どうもありがとうございました。『今昔物語集』巻二十第四話では、天狗は仏法に対立することを目的とする存在ではなかったこと、および説話の背景に円融天皇の御代を称揚する意識が存在したことを明らかにしています。


ページ: |< << 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb