[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
日本史関係情報掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



1110.元木泰雄氏著『河内源氏―頼朝を生んだ武士本流―』 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2011/10/06(木) 22:42
元木泰雄さんより『河内源氏―頼朝を生んだ武士本流―』(中公新書)を送っていただきました。どうもありがとうございました。河内源氏の祖である頼信から頼朝までを対象とし、武士とはどのような存在なのか的確に描かれています。

1109.栄中日文化センター紀行講座 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2011/10/06(木) 14:03
師走の伊勢神宮を訪ねる
古代・中世の伊勢神宮の信仰を学ぶ
山田雄司講師同行

講師の解説で、内宮と外宮、そして徴古館に行きます。古代・中世の時代の伊勢神宮の信仰について学びましょう。
•12月4日(日)8:00 名古屋駅西口出発
•旅行代金 12,500円 ※最少催行人員 20名
•旅行主催・お申し込み 名阪近鉄旅行
http://www.chunichi-culture.com/mgcgi/mgrqcgi.cgi?APPNAME=BunWeb&PRGNAME=kouza_para

1108.栄中日文化センター講座 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2011/10/06(木) 13:59
講座ジャンル 歴史
講座名 怨霊の鎮魂
曜日・時間 第3金曜日 朝 10:30〜12:00
会場 栄中日文化センター  (名古屋市中区栄4−1−1 中日ビル4階)
講師 三重大学教授 山田 雄司
講座内容 非業の死を遂げた人々の霊魂は、一定の場所にとどまることなく怨霊となると考えられ、怨霊は災害や疫病をもたらす存在であり、社会を恐怖におとしいれてきました。そうした怨霊を鎮めるために、どのような方策がとられてきたのでしょうか。怨霊鎮魂の具体例から日本文化の特質について考えていきます。10月から始まる6ヵ月講座です。
受講料 6ヵ月分 11,340円
備考 筆記用具
講座番号 1-11-065-0
http://www.chunichi-culture.com/mgcgi/mgrqcgi.cgi

1107.三枝暁子氏著『比叡山と室町幕府』 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2011/09/30(金) 23:28
三枝暁子さんより『比叡山と室町幕府』(東京大学出版会)を送っていただきました。どうもありがとうございました。東京大学に提出した博士論文をもとにまとめられたもので、室町時代における祇園社・北野社と比叡山、室町幕府との関係を丁寧に論じられています。中世宗教史研究において必読の書です。

1105.大川吉崇氏著『大台ヶ原山 知られざる謎』 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2011/09/28(水) 16:33
大川吉崇さんより『大台ヶ原山 知られざる謎』(新人物往来社)をいただきました。どうもありがとうございました。各地の山を歩いてきた大川さんが、大台ヶ原山にまつわるさまざまな伝承や松浦武四郎との関係などについて実際に踏査し、日本文化の原風景について考察された書です。

1104.第41回 実隆公記を読む会 返信  引用 
名前:苅米一志    日付:2011/09/23(金) 02:33
下記のとおりご案内をいたしますので、ご参加の程お願いいたします。

日時:2011年10月15日(土)14:00〜
場所:就実大学附属図書館 3階スタディ・ルーム
内容:文明8年7月1日条〜
※テキストは当日配布します。
その他:終了後は、懇親会を予定しています。

☆データ配信中!!
『実隆公記』文明6年条および同7年条の注釈を作成しました。
無料でデータを配信しておりますので、ご希望の方はご連絡ください。

http://www.shujitsu.ac.jp/web/department/cultural/kibi/index.html

1103.佐野賢治氏著『ヒトからヒトへ”一人前”への民俗学』 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2011/09/09(金) 15:36
佐野賢治先生より『ヒトからヒトへ”一人前”への民俗学』(春風社)を送っていただきました。どうもありがとうございました。ヒトはいかなる儀礼を通過して人となるのか、民俗学的観点から平易に解説されています。

1102.?「発見塾」 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2011/09/06(火) 22:56
開催日 9月10日(土)13:30〜15:00
会 場 津市安濃町保健センター
テーマ 「歴史に見る日本人の霊魂観」
講 師 山田 雄司  三重大学人文学部・教授

人は死んだらどうなるのか。霊魂はあるのかないのか。この問題は洋の東西を問わ人は死んだらどうなるのか。霊魂はあるのかないのか。この問題は洋の東西を問わず、さらに原始・古代から現代に至るまでさまざまな議論が重ねられてきました。人は霊魂が肉体の中に収まっていることによって生きているのであり、肉体から離れると死を迎えると考えられていました。そして、霊魂は生きているときでも体から抜け出してしまうことがありました。本講演では、主に古代・中世の日本人の例を中心に、霊魂はどのようなものと考えられていたのか、また一般的な死の場合および非業の死を遂げた場合の霊魂のありかについて解説していきます。

お問い合わせ
〒514-8507 三重県津市栗真町屋町1577
三重大学附属図書館
Tel.059−231−9032
Mail. lib-kikaku@ab.mie-u.ac.jp
http://www.lib.mie-u.ac.jp/seminar/hakken/file/hakken20110910.pdf

1101.第40回「実隆公記」を読む会 返信  引用 
名前:苅米一志    日付:2011/09/02(金) 16:13
下記のとおりご案内をいたしますので、ご参加の程お願いいたします。

日時:2011年9月10日(土)14:00〜
場所:就実大学附属図書館 604会議室
※いつもと場所が違います。ご注意ください。
講師:加栗貴夫氏(広島なぎさ中学・高等学校)
内容:文明8年6月1日条〜
※テキストは当日配布します。
その他:終了後は、懇親会を予定しています。

☆データ配信中!!
『実隆公記』文明6年条および同7年条の注釈を作成しました。
無料でデータを配信しておりますので、ご希望の方はご連絡ください。

http://www.shujitsu.ac.jp/web/department/cultural/kibi/index.html

1100.「承久の乱における一族の分裂と同心」「木曽義仲の畿内近国支配と王朝権威」 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2011/08/24(水) 15:41
長村祥知さんより「承久の乱における一族の分裂と同心」(『鎌倉』110)ならびに「木曽義仲の畿内近国支配と王朝権威」(『古代文化』63-1)を送っていただきました。どうもありがとうございました。前者では、承久の乱時の一族分裂について具体的に明らかにされています。後者では木曽義仲の在京時における政権構想とその限界を、王朝権威との関係、および畿内近国支配の実態から解明しています。

1099.中世史研究会大会・総会 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2011/08/17(水) 21:35
報告者:山田 邦和 氏
題目:「院政王権都市と天皇陵」
日時: 9月10日(土)13:00〜17:00(12:30受付開始予定)
会場: 名古屋大学 文学部237講義室(地下鉄名古屋大学駅1番出口から徒歩2分)
総会: 13:00〜13:45
大会: 14:00〜17:00

1098.『日本古代の神祇関係法制の理念と社会』 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2011/08/17(水) 16:06
久禮旦雄さんより『日本古代の神祇関係法制の理念と社会』をいただきました。どうもありがとうございました。神祇令から神祇式に至る歴史的展開過程を当時の政権構造や社会の変化の中で論じることで、日本古代における国家支配を正当化するイデオロギー装置としての祭祀を規定する方が、社会といかなる関係を結んだかを実証的に考察した博士論文です。早期の公刊が望まれます。

1097.「民俗文化調査結果」 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2011/08/17(水) 16:02
大江篤さんより「民俗文化調査結果」(『篠山市歴史文化基本構想』篠山市教育委員会)をいただきました。どうもありがとうございました。丹波篠山に残るさまざまな祭礼について調査・報告されています。

1096.「高野山成慶院『甲斐国供養帳』」 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2011/08/17(水) 15:59
丸島和洋さんより「高野山成慶院『甲斐国供養帳』(三・四・五)をいただきました。どうもありがとうございました。高野山成慶院所蔵の『甲斐国供養帳』の翻刻で、同供養帳には武田勝頼やその家臣の名が見られます。

1095.「忠霊塔と戦死者供養」 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2011/08/17(水) 15:54
今井昭彦さんより「忠霊塔と戦死者供養」(『季刊考古学』116)を送っていただきました。どうもありがとうございました。近代に建設された戦死者慰霊懸賞施設としての忠魂碑や忠霊塔について言及されています。


ページ: |< << 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb