[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
日本史関係情報掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



1251.真宗文化センター講演会 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2013/04/04(木) 16:56
・日   時   平成25年4月6日(土曜日)
          13時30分〜15時50分(予定) 
・場   所   真宗文化センター事務所内 FORUMS(フォーラムエス)東京都港区西
          新橋2−23−1 3東洋海事ビル地下1階
          電話 03−3434−8007
・講   師
   【第一部】 真宗文化編(第8回)
   @佐藤弘夫(東北大学大学院教授)
   題目「親鸞の神祇観ー神祇不拝と神仏習合」 13:30〜14:30

   【講師プロフィール】
   1953年宮城県生まれ。東北大学大学院文学研究科博士前期課程修了。日本思 
   想史専攻。博士(文学)。現在、東北大学大学院文学研究科教授。著書に、『アマテ 
   ラスの変貌』、『偽書の精神史』、『霊場の思想』、『起請文の精神史』、『神国日
   本』、『死者のゆくえ』など多数。

   A今井雅晴所長講話
   題目「親鸞座像の諸相」 14:30〜14:50

   【第二部】 恵信尼の水脈編(第2回)
   高山 秀嗣(二松学舎大学研究員)
   題目「恵信尼と覚信尼」 15:00〜15:50

   【講師プロフィール】
   1974年広島県生まれ。龍谷大学大学院文学研究科博士課程修了。博士(文学)。 
   専門は、日本宗教史・宗教教育。現在、二松学舎大学非常勤講師。著書『中世浄
   土教者の伝道とその特質―真宗伝道史研究・序説―』(永田文昌堂、2007年)。論
   文「本願寺歴代宗主の伝道―善如期から存如期を中心にして―」(今井雅晴先生
   古稀記念論文集編集委員会・編『中世文化と浄土真宗』思文閣出版、2012年)な
   ど。

・会   費   @500円(講演会のみ) A1,000円(講演会・懇親会出席)
          ※前回懇親会が好評でしたので、今回も実施致します。お時間のある
          方はご参加下さい。
・定   員   50名 ※先着順です
・申込み方法   (1)官製ハガキにて申込
           〒105-0003 東京都港区西新橋2−23−1
           真宗文化センター事務局 宛
           住所・氏名・電話番号(以上必須)を明記し、発送して下さい。
           (2)インターネットにて申込
            真宗文化センター公式ホームページ
           (http://shinsyubunka.sukimakaze.com/index.htm)
           「入会・講演会申込フォーム」より申込んで下さい。
           (3)メールにて申込
            (shinsyubunka@yahoo.co.jp)
            住所・氏名・電話番号(以上必須)を明記し、送信して下さい。
・参加者特典   講演会出席者の方には真宗文化センター発行、今井雅晴著「関東の
            親鸞シリーズG」(書き下ろし)をもれなく進呈させて頂きます。 

http://shinsyubunka.sukimakaze.com/pg72.html

1250.第57回 実隆公記を読む会 返信  引用 
名前:苅米一志    日付:2013/04/03(水) 01:47
下記の要領で、開催いたします。よろしくご参集ください。

日時:2013年4月27日(土) 14:00〜
※当初の予定から、1週間遅らせました。ご注意ください。

場所:就実大学 附属図書館 3階スタディ・ルーム

内容:文明10年正月1日条〜
※テキストは、当日配布します。

その他:終了後は懇親会を予定しています。

☆データ配信中!!
『実隆公記』文明6年〜9年条の注釈を作成しました。
無料でデータを配信しておりますので、ご希望の方はご連絡ください。

http://www.shujitsu.ac.jp/huzokushisetsu/huzokushisetsu_kibiken/6663.html

1249.中世史研究会例会 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2013/03/27(水) 21:50
報告者:松薗 斉  氏

題目:「室町時代の女房について
        ―伏見宮家を中心に―」

日時:2013年4月25日(木)
      18: 30〜21:00 (開場18:00)

会場:愛知県産業労働センター12階1206会議室
  (JR名古屋駅桜通口からミッドランドスクエア方面徒歩5分)

1248.第7回三重大学歴史都市研究センター例会〔公開研究会〕 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2013/03/21(木) 12:55
第7回三重大学歴史都市研究センター例会〔公開研究会〕

日時 2013年3月 23日(土)15〜17時
報告 深谷克己氏(早稲田大学名誉教授)
テーマ 「藤堂藩の誕生」
会場 三重大学共通教育棟1号館4階419講義室(聴講無料)

1247.伊賀連携フィールド「忍者・忍術学講座」 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2013/03/20(水) 17:27
日時:3月23日(土)10:30〜12:00
場所:ハイトピア伊賀3階コミュニティホール

発表者:クバーソフ・フョードル(三重大学人文学部留学生)
題目:外国人の目から見た忍者

概要
今や世界の人々を魅了している"Ninja"はどのようにして世界各地に広がっていったのだろうか。さまざまに姿態変容を遂げて拡散する"Ninja"について、地域ごとの特色を明確にしながら影響関係を考えていきたい。

1246.第56回 実隆公記を読む会 および 記念特別企画 返信  引用 
名前:苅米一志    日付:2013/03/13(水) 11:17
下記の要領で、開催いたします。よろしくご参集ください。
日時:2013年3月30日(土) 14:00〜
場所:就実大学 A201会議室
※会場がいつもと違っています。ご注意ください。
内容:文明9年12月1日条〜
※テキストは、当日配布します。
その他:終了後は懇親会を予定しています。

http://www.shujitsu.ac.jp/huzokushisetsu/huzokushisetsu_kibiken/6663.html

1245.平成25年度三重大学市民開放授業受講生募集のお知らせ 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2013/03/09(土) 11:11
受付期間
前期  平成25年3月14日(木)〜平成25年3月21日(木)

日本史U 前期 木,3・4限(10:30〜12:00)「中世の怨霊」を市民開放授業にしてありますので、ご興味のある方はどうぞ。
ちなみに後期は忍者の授業をします。

http://www.mie-u.ac.jp/neighborhood/extension.html

1244.岡野友彦氏著『院政とは何だったか―「権門体制論」を見直す―』 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2013/03/04(月) 16:45
岡野友彦さんより『院政とは何だったか―「権門体制論」を見直す―』(PHP新書)を送っていただきました。どうもありがとうございました。中世の荘園制について、権門体制論という観点から考察された著作です。新書なので普通に読んでいてわかるように工夫されています。

1243.高橋一樹氏著『東国武士団と鎌倉幕府』 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2013/02/26(火) 17:34
高橋一樹さんより『東国武士団と鎌倉幕府』(吉川弘文館)を送っていただきました。どうもありがとうございました。東国武士団同士はどのようにつながっていたのか、治承寿永の内乱から執権政治の頃までを論じた労作です。

1242.「在地徳政論再考―伊勢・近江を中心に―」「南北朝〜室町期の戦争と在地領主」 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2013/02/26(火) 17:12
呉座勇一さんより「在地徳政論再考―伊勢・近江を中心に―」(『戦国・織豊期の西国社会』日本史史料研究会)ならびに「南北朝〜室町期の戦争と在地領主」(『歴史学研究』898)を送っていただきました。どうもありがとうございました。「徳政」文言の持つさまざまな意味について丹念に考察した論考です。

1241.三重大学大学院人文社会科学研究科(修士課程)地域文化論専攻の第2次学生募集について 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2013/02/18(月) 12:17
三重大学大学院人文社会科学研究科(修士課程)地域文化論専攻では、以下のとおり第2次学生募集を行います。

・出願期間 平成25年2月20日(水)〜3月1日(金)
※ただし、持参の場合は土曜日・日曜日及び2月22日(金)・2月25日(月)を除く9時から17時とし、郵送の場合は「書留速達」とし、3月1日(金)必着

・試験日  平成25年3月8日(金)

・合格発表 平成25年3月18日(月)午前10時頃

ご質問、詳細については、以下までお問い合わせください。
三重大学人文学部学務担当 059−231−9197

1240.三重大学人文学部考古学・日本史 卒業・修士論文発表会 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2013/02/14(木) 16:44
3月9日(土)12:50〜
三重大学共通教育校舎2号館3階381教室

開会の辞

卒業論文
馬場雄平「紀州藩領村落の家族構成―尾張組宗門帳の非血縁・傍系親族記載を手掛かりに―」
武田未菜「伊勢湾西岸における地震痕跡の一考察」
熊谷朋美「中世後期の尼五山の実態に関する一考察―通玄寺曇華院に着目して―」
近藤早記「長屋王家木簡からみる邸宅の家政機関」
鈴木秋桜香「中世北野社における酒を通じた人間関係―松梅院禅豫の日記から―」
阿部直樹「古代日本都市におけるごみの廃棄方法についての考察―長岡京・春宮坊跡を中心として―」

休憩(15:00〜15:20)

長原舞佳「斎王制度の確立に関する一考察―桓武・嵯峨朝斎王の卜定から―」
中尾将士「中世後期における伊勢国司北畠氏の交流についての研究―内政・外交・近隣勢力との比較から―」
森口京祐「四国阿波国における熊野信仰」
中野彰彦「古代湯屋の構造に関する比較研究―宝菩提院廃寺湯屋跡を基礎にして―」
水口美沙「近世尾張地方における祭礼の維持体制と領主規制」


修士論文
山アし央倫「平安期若狭国の製塩に関する一考察―東大寺・西大寺領塩山の分析を中心として―」

閉会の辞

コンパ 18:00〜

卒論は各人15分、質疑応答5分、修論は20分、質疑応答8分です。発表者はレジュメを60部用意して下さい。

1239.中世史研究会例会 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2013/02/07(木) 23:32
報告者:生駒 孝臣  氏
題目:「鎌倉期の摂津源氏頼政流と東大寺領山城国玉井庄」
日時:2013年2月22日(金)
   18: 30〜21:00 (開場18:00)
会場:愛知県産業労働センター12階1210会議室
  (JR名古屋駅桜通口からミッドランドスクエア方面徒歩5分)

1238.仏教史学会例会 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2013/02/06(水) 10:05
報告T:福島 重 さん(大谷大学)
  「日本僧邵元の撰碑と元代後半期の華北の僧たち
    ―碑刻が語る當時の樣相―」
報告U:藤村 潔 さん(同朋大学)
  「源信における念仏思想の受容と展開―観想と称名―」
日 時:2013年3月9日(土) 午後1時〜
場 所:同朋大学 Doプラザ閲蔵 2階 多目的会議室
    (来聴無料)
同朋大学へのアクセス
@名古屋駅・名古屋市バス笹島バス停から稲西車庫行きに乗り18分。鴨付町で降りてすぐ。
A名古屋駅から地下鉄東山線高畑方面に乗り6分。中村公園駅下車。そこから徒歩15分。もしくは名古屋市バス稲西車庫行きに乗り5分。鴨付町で降りてすぐ。
B名古屋駅新幹線口からタクシーで15分。1600円程度。

1237.新忍者衣装デザイン募集のお知らせ 返信  引用 
名前:山田雄司    日付:2013/02/02(土) 21:50
伊賀流忍者観光推進協議会では、国内だけでなく世界的にも知られる「忍者(NINJA)」を貴重な地域資源と位置づけ、本協議会を構成する伊賀市、名張市、両市の観光協会、三重大学伊賀連携フィールド、三重県が連携しながら、伊賀流忍者の国内外へのPR事業に取り組んでいます。

 このたび、伊賀地域の観光振興事業等で活用することを目的に、観光客が着てみたい新しい忍者衣装や、簡単に着用できるタイプのデザインをします。



【募集内容】 観光客が着てみたい新しい忍者衣装や、簡単に着用できるタイプのデザインを募集します。

【募集期間】 平成25年2月4日(月)〜平成25年3月8日(金)消印有効

【   賞   】 優秀賞(採用作品) 5点以内 賞金3万円

【問合わせ】 「新忍者衣装デザイン募集」業務担当

         一般社団法人伊賀上野観光協会

          TEL:0595-26-7788 FAX:0595-26-7799
http://www.city.iga.lg.jp/ctg/54690/54690.html


ページ: |< << 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb