[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
山野先生ファンの掲示板
マナーを守って皆様楽しく参加してください。なお、管理人の主観で、予告無く削除することがあります。書き込みの際は予めご了承ください。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



1372.突然すみません 返信  引用 
名前:永田 真    日付:2016/09/19(月) 19:57
突然申し訳ありません。山野浩一先生の「X電車で行こう」「鳥は今どこを飛ぶか?」を中学高校時代に熟読熱読していたものでございます。
ストーンズのShe is a rainbowを久々に聴く機会があり先生の御本を思い出してしまいました。
で,その後どうされているのかと検索してこのサイトをみつけて感激しております。
「恐竜」大好きでした。
自分が大学に入ってSFから離れた前後で先生も活動領域が競馬中心になられたと,聞いてはおりました。
SFのほうも,このサイトでまだ入手可能と知り大変にうれしくおもいます。AMAZONで購入して数十年振りで読ませていただきたいと思います。
先生どうかご健勝で,ご活躍くださいますよう,祈念申し上げます。
突然失礼いたしました。
i118-21-136-88.s30.a048.ap.plala.or.jp (118.21.136.88)



1373.Re: 突然すみません
名前:山野浩一    日付:2016/09/24(土) 10:37
ありがとうございます。その後の作品はかなり凝縮した内容で、読むのに高い集中力を
要求するものがほとんどとなったため、読者にお付き合い願えない傾向が強くなってし
まったようです。テーマそのものはさらに突き詰められ、感性もさらに鋭敏なものと
なっていると思いますので、ご苦労をおかけしますが、ぜひ「殺人者の空」「霧の中の
人々」といった作品にもお付き合いいただければ著者としてもとても意義深いものとな
ります。よろしくお願いします。 p1685141-ipngn15801marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp (153.204.210.141)


1374.Re: 突然すみません
名前:永田 真    日付:2016/10/02(日) 07:29
山野先生,ご返信誠に有難うございます。
まず古文庫本を入手し,ピートとサッカー少年たちとX電車に40年振りで再会致しました。
ピートの「…とおもうのよ!」をその後40年間,ずっと自分の実人生でアファーメイション的に使ってきていたことに驚きました。40年の時空を経て「出典」はすっかり失念いたしておりました。
「恐竜」は,多くの他作品のエンディングにせつなさを覚えておりましたので,何か爽快な,希望の灯がともるようなラストに感じられたものであります。当時自分が高校生だったこともあって強い共感を覚えたものでありました。
X電車は,本作ご発表の1〜2年後の「ウルトラマン」で交通事故死した少年が伊豆サボテン公園の高原龍に憑依して自動車を襲わせた話に,おそらくインパクトを与えていたのではないか,と思いました。
自分は大学勤めのもので90年代は米国の大学の研究室におりましたが上司がジャズ好きでA電車をかけるたび,X電車を想起したのを思い出します。当時米国のこぶりな大学町で日本の文庫本など入手しえる由もなかったのですが。

次はパラレルスワローに再開させていただいたのちに,自分の人生で初めて!「殺人者の空」を読ませていただく予定でおります。
現在自分は58歳でありますが,年甲斐もなく,ワクワク,うきうきといたしております。

大変有難うございました。ご返信,ご助言に深謝申し上げます。
先生の御健康と益々の御活躍を念じております。 i118-21-136-88.s30.a048.ap.plala.or.jp (118.21.136.88)

1370.ご報告 返信  引用 
名前:割鞘義一郎    日付:2015/10/17(土) 11:11
お久しぶりです。
このたび、自作の小説をアマゾンのKDPで「自己出版」しました。
おかねもかからず、手間も思ったほどかかりませんでした。
読者にふれる機会はゼロではないので、とにかくやってみました。

山野先生もご自身の小説を、こういう手段で読者に提供するのもアリかなと思いました。かつて、NW−SF社で出された作品は山野先生ご自身が出版権をお持ちのはずですし、読みたがっている読者も少なくないと思います。値段も自分で決めることができますし。
べつにアマゾンの回し者というわけではありませんので、勧誘ということではありません。ただ、時代はかわったなぁ、と思うこの頃ではあります。
http://www.amazon.co.jp/%E5%89%B2%E9%9E%98%E7%BE%A9%E4%B8%80%E9%83%8E/e/B015LUTO7S/ref=ntt_athr_dp_pel_pop_1
EATcf-69p240.ppp15.odn.ne.jp (210.231.16.240)



1371.Re: ご報告
名前:山野浩一    日付:2015/10/19(月) 20:11
北野勇作さんがパブーというサイトで「地獄108景」という作品を公開していたのでしったのですが、確かにネットでは簡単に自己出版できるのが面白いですね。割鞘さんも見本として一部を無料開示されると読みたくなる人が多くなるのではないかと思います。 p3648056-ipngn20401marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp (153.229.185.56)

1368.ターフダイヤリー 返信  引用 
名前:神尾睦    日付:2014/10/07(火) 10:26
山野先生の血統本のおかげで競馬が好きになったものです。
ターフダイヤリーですが、あれは単行本にならないのでしょうか。
難しいでしょうか。
pl085.nas82a.p-tokyo.nttpc.ne.jp (210.165.199.85)



1369.Re: ターフダイヤリー
名前:山野浩一    日付:2014/10/10(金) 22:23
単行本を出すのは出版社なので私にはわかりませんが、
私の希望してもかなり面倒なので熱意があるとは言えな
いでしょう。むしろ「伝説の名馬」の再刊とか、残すべ
きものは他に多いように思います。新聞のコラムはあく
までも時事的なものでしょう。 p17209-ipngn901marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp (114.158.96.209)

1366.はじめまして 返信  引用 
名前:Peterson    日付:2013/11/26(火) 14:07
山野先生はじめまして。
私は「サラブレッド血統事典」の頃から先生の本を読んできまして、今では「種牡馬系統のすべて」あたりまで拝読してまいしました。

ぜひ、山野先生の辛口でスパーッと切れる切れ口でコメントを頂きたく、はじめて書き込みします。

JRAでは2014年からいくつか新設重賞ができるとのことです。今回は特に2歳戦に手が入るようで、朝日杯の「移動」とか、いちょうSの「新設」とかいろいろあります。

ところで、なぜ、いちょうSは「新設重賞」であって「格上げ」ではないのでしょう。応答するような京都2歳Sは「G3を申請」しているそうです。凡人の目にはいちょうSも「格上げ」に見えるのですが、いまのいちょうSだと、グレードを申請してもレーティングが足りなくてG3ももらえないことがわかっているので「新設重賞(Gなし)」なんでしょうか。

ホープフルSもG2を申請するとのことで、こちらは実態としてはいまのオープンのホープフルSの格上げに見えますが、ロジックとしてはラジオNIKKEI杯の移転という形だそうで…。

グレードの認定を受けている重賞を、別の競馬場に移し、時期も変え、距離も変え…といった場合に、どこまで従前の重賞との継続性を認められてグレードを維持できるのでしょうか?

nthkid053122.hkid.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp (220.219.212.122)



1367.Re: はじめまして
名前:山野浩一    日付:2013/11/28(木) 22:43
おおむねおっしゃる通りですが、2年間のレースレートによって3年目からグレード認定されます。ホープフルSはラジオNIKKEI杯の継続でなければGIIの認定が難しいでしょう。京都2歳Sはレースレートが足りており、いちょうSは不足しているということでしょうね。実際に両レースの上位馬にはカナリ差がありますね。
競馬場、時期の変更はグレード継続にさほど影響は与えないようです。距離変更は極端な場合に問題になるかもしれませんが、3000のパリ大賞が2000になった時も全く問題にならなかった。確かに出走馬の質は少し変わるはずですが・・・。 p3075-ipngn1004marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp (118.22.178.75)

1364.はじめまして 返信  引用 
名前:イトー    日付:2013/08/21(水) 15:25
本日のターフダイアリー拝見しました。
3大種牡馬時代のお話とても興味深く先生の血統辞典で競馬のおもしろさに目覚めた自分としては楽しく拝読させていただきました。
願わくばさらに旧3大種牡馬の血を絶やさずタニノギムレットとジャングルポケットも含めて5大種牡馬の時代になってくれたりするともっと楽しいような気がします・・・
ヘロデ系やマッチェム系も巻き返して欲しいですが、そろそろサラブレッドも新たな血を外から導入する時期が来ているような気がします。
JSBに新たな考えはないのでしょうか?
ターフダイアリー毎週楽しみにしております。相変わらず蒸し暑いですが御自愛なさってください。
157-14-172-146.tokyo.fdn.vectant.ne.jp (157.14.172.146)



1365.Re: はじめまして
名前:山野浩一    日付:2013/08/23(金) 20:22
父系はy染色体のすべてを伝えるので、決して小さな問題ではあり
ませんが、同じサンデーサイレンス産駒でもデイープインパクトと
ステイゴールドでは正反対の遺伝形質を伝えているともいえます。
従って必ずしも外から新しい血脈を導入しなくても、国内で発展さ
せていくと、血脈の更新も行われていくでしょう。ステイゴールド
系でメジロマックイーンが、ディープインパクト系でストームキャ
ットが重要な遺伝形質を作り出して、次に続く大物種牡馬が登場す
るかもしれませんね。 p1018-ipngn1106marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp (118.22.224.18)

1362.NOVA10 地獄八景 返信  引用 
名前:割鞘義一郎    日付:2013/07/09(火) 22:16
さっそく購入して、拝読いたしました。
まさか地獄巡りの話とは! 意外でした。
地獄から天国へというラストは、筒井さんの長編「ヘル」を想起しましたが、
読みやすい文体といい、醒めた視線といい、ちょっととぼけた味わいといい、変に理屈っぽいところといい、あー、山野浩一の小説だ!という感じで、とても楽しめました。少し間をおいて、再読します。

ついでと言ってはなんですが、
ハヤカワSFコンテスト、風波新(かざなみ しん)の筆名で送った拙作「嘉門幸作の奇妙な夏(シーズン)」が一次選考を通過しました。
EATcf-01p115.ppp15.odn.ne.jp (211.121.32.115)



1363.Re: NOVA10 地獄八景
名前:山野浩一    日付:2013/07/11(木) 07:16
ありがとうございます。コンテストでのご健闘をお祈りしています。 p1018-ipngn1106marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp (118.22.224.18)

1361.お知らせ 返信  引用 
名前:山野浩一    日付:2013/02/24(日) 09:53
ご案内のように昨年末からフェイスブックをスタートさせましたが、
何らかの事故でこのホームページからのリンクではタイムラインが
ストップし、本体とは別のフェイスブックとなってしまっていまし
た。結果的に2つのフェイスブックが存在したことになり、本体そ
のものは発足日からのタイムラインが継続しているので、新しいフェ
イスブックができたというわけではないのですが、このホームページ
からのリンクでは本体に通じなくなってしまいました。管理人さん
が修復してくださって現在は本体にリンクされるようになっています。
ただ、その間に友達申請をして下さったり、フェイスブックへの投稿
やメールをお送りいただいた方々のものが本体では受け取れなくなって
いましたので、まことに恐縮ですが、もう一度本体に送りなおしてい
ただけるでしょうか。本来なら私の方から最新性すべきところですが、
申請していただいた方のお名前はわかっているものの、同姓同名も多く、検索からの最新性にはリスクがともないます。何とどよろしく
お願い申し上げます。

p4234-ipngn1203marunouchi.tokyo.ocn.ne.jp (118.22.255.234)


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb