[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
海部屋語録UP用

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL



12.柏木的BBG理論 返信  引用 
名前:柏木@鑑賞士&警備隊長    日付:2003/08/10(日) 01:47
〜はじめに〜

この理論は柏木の独断と偏見に満ちています。
そのため、「このカードは使えないのか・・・」や、「このカードって、こんなに強いんだ」と思うのは個人の自由です。
しかし、私の理論に書いてあったからという理由で、カードに意見を述べる行為だけは、ご遠慮ください。
デッキレシピを真似ることは特に禁止しませんが、デッキレシピをそのままとかに掲示板等に投稿することはご遠慮ください。


〜第1章:BBGとは?〜

遊戯王デュエルモンスターズ(以下、OCG)の仮面の呪縛&デュエリストレガシーVOL3に封入されているモンスターカードです。

ステータスは、

ビッグバンガール  星4 炎属性・炎族・効果
ATK1300/DEF1500

自分がライフポイントを回復するたび、相手プレイヤーに500ポイントのダメージを与える。
(これは仮面の呪縛のテキストです。)

と言う、攻守ともに微妙な数値です。
しかし、効果が鬼です。ライフを回復する「たび」500ダメージです。
単純計算ならば、16回効果を発動で勝ちです。
効果は重複するので、2体いれば8回効果、3体いれば6回効果を発動すれば、ダメージ8000は与えられます。



13.Re: 柏木的BBG理論
名前:柏木@鑑賞士&警備隊長    日付:2003/08/10(日) 01:49
〜第2章 BBGと相性のいいカード(単体編)〜

ここでは、BBGと相性がいいカードのうち、単体で使えるカードを紹介していきます。

その1:ホーリー・エルフの祝福

このカードのみ、回復回数がフィールド上モンスターの数になります。
たとえば、フィールド上にBBGが1枚と、その他のモンスターが4体いたとします。
その時のBBG効果の計算は、
500×1(自分フィールド上のBBGの数)×5(フィールド上のモンスター数)
となります。例の場合は相手に2500のダメージと、自分が1500回復になります。
BBGデッキには入れておきたいカードですね。

その2:超重力の網−グラヴィティ・バインド−&平和の使者

「単に攻撃させないカードじゃん。」と思うあなたはまだ甘い!
攻撃させない=BBGが死なない=効果起動のチャンスが増えるといいこと尽くめです。
BBGはほとんどの場合、ロックデッキです。
このカードもロックタイプのBBGデッキには欲しいですね。

その3:お注射天使リリー

上に挙げた「超重力の網−グラヴィティ・バインド−(以下、バインド)」を通過できるモンスターで、問答無用な強さを誇るモンスター。
効果起動のライフ2000は痛いが、攻撃力3400になるのは最高です。
何気に「BBGデッキの切り札」的役割です。チェスで言うところのクイーンですね。
下手に使えば相手に利用されて終わります。使用時にはご注意を。

その4:ボーガニアン、ステルスバード等、自身の効果でダメージを与えられるモンスター

これらのカードを入れると、ダメージが加速できていい感じです。
ラヴァゴーレムもショッカ−除去&ダメージとして優秀ですし。
注意したいのは、この系統のモンスターを増やしすぎると、BBGデッキじゃなくて、直ダメデッキじゃんとか言われそうな点ですね。
入れるなら4〜5枚ほど、入れるのが適当ではないでしょうか?

その5:堕天使マリー&神の恵み

堕天使マリーは墓地に存在する時、スタンバイフェイズ時に、神の恵みはカードをドローした時に発動する回復効果です。
注意したいのは神の恵み。たとえ壺で2枚引いても回復回数は1回です。

他にもまだまだあると思いますが、この辺にさせていただきます。
サイエンティスト?もはや紹介不要じゃないか


14.Re: 柏木的BBG理論
名前:柏木@鑑賞士&警備隊長    日付:2003/08/10(日) 01:50
〜第3章 BBGと相性がいいカード(複合編)〜

ここでは1枚では意味のないカードを紹介していきます。
つまり、2枚以上で使えというカードですね。

その1:キラー・スネーク(スケープゴート)+突然変異

BBGデッキでよく使われるモンスター、「サウザンドアイズサクリファイス(以下、サウサク)」を呼び出すためのカード。
召喚しただけでバインド代わりにほっておいてもよし、ショッカ−を吸い込んで殴るもよし。
除去と攻撃に使えるカードですね。このカードを使う時には「封魔の呪印」や「王宮の勅命」、「ペンギンソルジャー」や「強制脱出装置」など、突然変異を打ち消すカードやサウサクを手札(融合デッキ)に返すカードには気をつけましょう。

その2:魂吸収+開闢または終焉の使者+魂の開放(2枚、うち1枚は墓地)+原初の種(2枚、うち1枚は墓地)

キーカードが多すぎますが、魂吸収を張った状態で使者を召喚、1枚の魂の解放と原初の種が墓地にある状態で魂の解放を使用、先ほどの魂の解放と原初の種を除外。そのあと2枚目の原初の種を使い、魂の解放と原初の種を回収・・・
順番を間違えなければBBG効果で焼けます。
開闢または終焉で殴った方がいいという意見は、却下の方向で

その3:マジック・キャンセラー&お邪魔トリオ

これを使ったデッキは通称「ジャマキャン」というそうです。
創始者は水デッキ構築HPのnewslimeさんです。
ただ、私はこのタイプのデッキを作ったことがないので、あんまり詳しく紹介できません。
戦闘方法としてはお邪魔展開して召喚をロックしたあと、マジックキャンセラーで魔法をロック、
お邪魔が自爆しないようにサウサクをキャンセラー召喚前に並べて後はゆっくり焼きましょうなデッキらしいです。
・・・詳しいことはわかりませんが
キャンセラーが破壊されないよう、ご注意を


15.Re: 柏木的BBG理論
名前:柏木@鑑賞士&警備隊長    日付:2003/08/10(日) 01:51

・・・以上です。よく考えると、あんまりないなあ・・・

■ 2003/08/01 (Fri)  柏木的BBG理論の続き


〜第4章 BBGと相性の悪いカード〜

ここでは、BBGと相性の悪いカードを紹介します。

その1:人造人間サイコショッカ−&王宮のお触れ

どちらもバインドとホーリーエルフの祝福を無効化してくださるカードです。
もはや紹介不要でしょう。どちらも目に入ったら、さっさと破壊することをお勧めします。

その2:シモッチによる副作用

これも厄介なカードです、回復効果が自分にダメージ効果に代わってしまいます。
BBGの効果起動条件は「自分のライフポイントの回復」なので、条件に当てはまらなくなります。
使っている人はほとんどいないとは思いますが、見かけたらさっさと破壊しましょう。

その3:相手のリリー&相手のサウサク(いわば攻撃力1300以上の星3以下モンスター)

リリーは先ほど紹介しました。サウサクも紹介不要でしょう。
問題はドラゴンゾンビや音速ダックなどのバインドを抜けてくる星3以下のモンスターです。
アトランティスをはっている状態の水属性の星4のモンスターも厄介です。
BBGが破壊されると辛いので、そのようなデッキを組んでいる人の場合は、平和の使者を使いましょう。
もしくはサウサクで攻撃できないようにするのもおしゃれですね。

その4:開闢の使者&終焉の使者

もはや紹介不要ですね。最近、みんなが使う最強カードです。
終焉の使者はせっかく構築した場をリセットしてくれますし、開闢は殴れなくても除外してくれます。
効果にチェーンでホーリーエルフの祝福が抵抗の方法でしょうか?

その5:魔導サイエンティスト

サウサクを呼びだしてBBGを吸わせる科学者です。
自分が使うのはいいけど、相手が使うとやたらと厄介です。
BBGを2体攻撃表示で出すと、1体吸収、もう1体に攻撃で2体破壊されることもあるので、ご注意を

・・・他にも色々ありますね。
バインド破壊してくれるブレイカーとか、墓地に落としたマリーを除外してくれる魂の解放とか
でも、ここで割愛です。


16.Re: 柏木的BBG理論
名前:柏木@鑑賞士&警備隊長    日付:2003/08/10(日) 01:52
〜第5章 柏木のデッキレシピ〜

では、ここで、私のデッキ、「ラヴァ・ビッグバン」と「フレアハンデスBBG」を紹介したいと思います。

両方とも最近のカードがあまり入っておらず、あまり参考にならないかもしれませんが、そこは愛嬌で

デッキレシピ1「ラヴァ・ビッグバン」

モンスター(14枚)
溶岩魔神ラヴァ・ゴーレム×3枚/黒き森のウィッチ/ボーガニアン×2枚/ファイバーポッド/
ビッグバンガール×3枚/サイバーポッド/クリッター/キラー・スネーク/お注射天使リリー

魔法(15枚)
突然変異×3枚/天使の施し/早すぎた埋葬/手札抹殺/死者蘇生/強欲な壺/ハーピィの羽根帚/
スケープ・ゴート×2枚/サンダー・ボルト/サイクロン×3枚

罠(11枚)
封魔の呪印×2枚/破壊輪/王宮の勅命/リビングデッドの呼び声/ホーリー・エルフの祝福×3枚/
グラヴィティ・バインド−超重力の網−×3枚

融合デッキ

適宜、ご用意ください。
サウサクは3枚でも、特に問題はないです。

デッキレシピ2「フレアハンデスBBG」

モンスター(16枚)
不死之炎鳥/八俣大蛇/火之迦具土×2枚/炎の精霊イフリート×2枚/ビッグバンガール×3枚/
コマンド・ナイト×3枚/インフェルノクインデーモン/UFOタートル×3枚

魔法(18枚)
天使の施し/早すぎた埋葬/心変わり/死者蘇生/強欲な壺/強奪/ブラック・ホール/
ハーピィの羽根帚/バーニングブラッド×3枚/デビルズ・サンクチュアリ×3枚/
サンダー・ボルト/サイクロン×3枚

罠(6枚)
破壊輪/王宮の勅命/リビングデッドの呼び声/ホーリー・エルフの祝福×3枚


デッキレシピ1の方が、ロックデッキ系です。
ラヴァゴーレムでショッカ−を除去し、サウサクとバインドでその他の攻撃を止めます。
ダメージ源はボーガニアンとBBG,ラヴァゴーレムです。

デッキレシピ2のほうは、殴り系のBBGです。
バーニングブラッドでモンスターを強化、殴るデッキです。
BBGも主力に出来るところがいいですね。
積極的に火之迦具土や八俣大蛇を出して、自分に有利に運びましょう。


17.Re: 柏木的BBG理論
名前:柏木@鑑賞士&警備隊長    日付:2003/08/10(日) 01:52
〜第6章 BBGの枚数とBBGデッキの作り方〜

BBGデッキに入るBBGの枚数

ロックタイプなら3枚、殴り系の補助に使うなら2〜3枚をお勧めします。
理由としては、ロックタイプなら大量のモンスターを場に並べることが出来、エル祝が最大限に機能できる可能性があることが挙げられます。
エル祝は3枚積みましょう。モンスターが並んだ時に使うと、最高です、

殴り系の場合、バインドやサウサクなど、相手の動きが止められるモンスター、罠、魔法がないので、BBGの生存率が低くなる上、殴ることが主体なので入れづらい感があります。
場が膠着した時のダメージソースに結構適していたりします。
ただ、エル祝が2〜3枚欲しくなりますが・・・

デッキの構築法(柏木Ver)

私なりのデッキ構築法を箇条書きで書いて見ます。

1・BBG以外の決め技を入れるか、BBGのみにするか考える
2・ロックタイプか殴りタイプかを考え、BBG・エル祝・バインドの数を考える
3・必要なカードを考え、まずは考えたとおりに構築してみる(ここではカード総数は考えない)
4・テストプレイ(一人でやってもよし、相手を探してやってもらうもよし)を重ね、コンセプトどおりでうまく回るようにデッキをシェイプアップする
(ここが一番大変)
5・デッキ総数を40〜42枚にできれば完成かな?と(何故疑問形?)
と、こういった流れになります。
これは私が使う方法ですので、皆さんあまり参考になされませぬように。
人には人にあった構築方法があります。
他人のデッキ構築法を参考に、自分だけの構築法を考えるのもありだと思います。

〜第7章 まとめ〜

BBGデッキはいわゆる「コンボデッキ」や「ロックデッキ」と言う範囲におさまるデッキです。
しかし、組み方によっては殴り系のデッキにすることが出来ます。
皆さんもこの理論でBBGに興味を持ちましたら、ファイルや箱に眠っているBBGを使ってみてはいかがでしょうか?

5.分解!! 悪魔デッキ 返信  引用 
名前:みち    日付:2003/06/19(木) 23:09
【はじめに】
カード名は基本的に省略してあります。
検索できる範囲での省略ですので、自力で探してください。


【第1回】

第1回は『悪魔デッキってどういうもの?』です。
悪魔デッキにも様々なタイプがありますが
今回は主に、ハデス、ネクロ、Gウィ、ニュート等を主力にして構成される
単純にビートダウンを狙うデッキのことを、こう呼ぶことにします。


悪魔の特徴としては以下が挙げられます。


特長1、相手をコントロールする性能が高い。
分かりやすい例では、ネクロ、XENO、ニュート。
レッサーやハデス、ジェノキングの効果無効もコントロールの一種ですし
バルターの魔法無効は厄介です。
お馴染みのヤタガラスも、ドローを封じることで
相手をコントロールしていると言えるでしょう。


特長2、場を制圧しやすい。
クリッター、トマト、Gウィ等の引っ張りや、ネクロを使うことで場が途切れません。
レッサー、ハデスを始めとする効果無効化能力を持つモンスターは、相手の引っ張りを抑えられますし
リバースのみ無効にできるツインヘッドケルベロスもいます。

特にハデスは倒したモンスターの効果全てを無効化し
更に自軍の悪魔全てに無効化能力を分け与えるので強力です。


特長3、粘り強い。
上でも書いたように場が途切れにくいので、粘り強いです。
他にも、手札から使える防御カードのクリボー、攻撃力減少のジェロイド
トマトから出せる影響で悪魔デッキでも見られる、魂を削る死霊も堅いです。



6.Re: 分解!! 悪魔デッキ
名前:みち    日付:2003/06/19(木) 23:10
【第2回】

今回は第2回『よく使われるカードは?』です。
長所や短所と共に多少なりとも見かけるものを。


○迅雷
長所:対象効果を2分の1で無効化可能。☆6で攻撃力最高。

短所:毎ターン500の維持コスト。サイコロ判定が効果の処理時である。

一言:2分の1に賭けられる人は強いと感じるでしょう。
確実性を重視する方にはあまりおすすめできません。


○ハデス
長所:倒したモンスターの効果の完全無効。攻2450である。
蘇生不可なため、ネクロのエサにしやすい。

短所:捨て蘇生不可。ウィッチサーチ不可。

一言:ウィッチサーチ、蘇生不可はさほど痛くありません。
異次元女を無効に出来るのは心強いです。
このカードの真の強さは、3枚積んで専用デッキを組んだとき発揮されます。


○ネクロ
長所:特殊召喚であるためラッシュがかけやすい。
セミ上級に戦闘で勝てる。守備が堅い。相手を牽制できる。

短所:初手に引くと活きない。ゴブ突に倒される。
ファイポと相性が悪い。サーチ出来ない。除外されると効果が出ない。
似たようなタイミングで出せる開闢・終焉に能力・効果共に劣る。

一言:切り札にするには少々不安定と感じる場合もあるでしょう。
しかし、相手に与えるプレッシャーは大きいです。
開闢・終焉に劣るのは仕方ないでしょうか。
異次元女3積みが流行っている現在では、少々活躍しづらいかもしれません。


○レッサー
長所:引っ張り、サーチの無効化。汎用性が高い。

短所:ゾンバと相打ち。ゴブに倒される。守備力が低い。

一言:上級としては良くあることですが
つまずき、月読命、月の書などには強くないでしょう。
使いやすく、ネクロやハデスと違いファイポと相性がいいです。


○Gオーク
長所:セミ上級に戦闘で勝てる。ネクロのエサにしやすい。

短所:基本的に使い捨て。ゴブ突に能力で劣る。

一言:ゴブ突に劣っているので、ネクロがないならゴリラかゴブ突でいいでしょう。
特にユニオンする必要もないと思います。


○ニュート 
長所:悪魔族の1900である。能力変化が可能。リバース効果を持っている。

短所:入手困難。効果発動は楽ではない。守備力が極端に低い。
リバース効果を持っている。

一言:制限解除で3枚積みが可能になりました。
ゴリラとどちらを使うかは、微妙なところでしょうか。
相手に与えるプレッシャーは大きいです。
リバース効果は、諸刃の剣になりそうです。


○デーソル
長所:入手が容易。安定している。

短所:能力面でゴリラに劣る。効果なしである。

一言:特別な理由がない限りは、ゴリラを推奨します。
ただし、これが場にあると『いつジェノキングが来るか分からない』
というプレッシャーを相手に与えることが出来ます。
これを考えると、私的にはニュートといい勝負かな、と。


○キラートマト 
長所:悪魔デッキでは、他にデッキに比べ引っ張ってくるものが豊富。

短所:悪魔ではない。戦闘破壊限定。最近は効果を発動しづらい。

一言:悪魔デッキは、闇中心で構成される場合が多いです。
持ってくるモンスターが豊富で、役に立つでしょう。
現環境で効果を発動しづらいのはトマトに限ったことではありませんが
Gウィよりは、という意味で。


7.Re: 分解!! 悪魔デッキ
名前:みち    日付:2003/06/19(木) 23:12
○ドリュア
長所:トマトからの連携が便利。モンスター破壊効果は単純に強い。

短所:戦闘破壊のみである。戦闘力は微妙。ピラタに相打ちされる。

一言:トマトから引っ張ると、追撃を抑えることが出来ます。
上級が出てきたらこっそり裏守備で出すと良いかもしれません。
ヴァロンも見なくなりましたし、これからが使い時でしょうか。


○ジェロイド 
長所:効果の確実性、速効性。特殊召喚でも発動可能。
ゴリラと相打ち可能。死霊を消せる。

短所:相手にモンスターがいないと自軍の攻撃力を下げなくてはならない。

一言:トマトからの連携は便利です。玄人向けのカードです。
ヴァロンの制限により、このカードの必要性は下がったのではないでしょうか。
ゴリラはいますが、☆4と相打ちではアドは取れないでしょう。


○クリッター 
長所:効果の確実性。死デッキの媒体。

短所:いわゆる『アタッカー』は持って来られない。

一言:悪魔デッキは下級の攻撃力が高くない場合が多いので
持ってくるものを選びやすいです。効果の発動率は比較的高いですが
異次元女が怖いので死デッキと併用したいところ。


○Gウィ
長所:デッキ圧縮が可能。場を持たせて後に続けやすい。
強制転移と相性がいい。ネクロと相性がいい。死デッキの媒体。

短所:手札にたまると厳しい。戦闘で墓地に置かれないと効果が出ない。
墓偵察者に若干劣る。

一言:効果による500ダメージは終盤にきいてきます。
初手に出したいモンスターです。偵察者との使い分けは好みでしょうか。


○クリボー 
長所:手札から使える。ネクロのエサにしやすい。

短所:1回しか防げない。フィールドに出ると役立たず。モンスターを守れない。

一言:たかが1回、されど1回でしょうか。タイミングを見極めましょう。


○ヤタ
長所:ロックがかかれば勝利可能。スピリットなので除去されにくい。

短所:押されているときには不要。

一言:メインデッキ採用率の一番高い悪魔かもしれないですね。
特に言うこともなさそうです。


○バルター
長所:効果の完全無効。通常魔法の封殺。

短所:融合モンスターである。通常魔法しか無効に出来ない。

一言:融合デッキには必須でしょうか。
科学者で呼んでも変異で呼んでも活躍する、優秀なモンスターです。
ライフ消費は激しいので、巨大化などの投入もおすすめします。


○ソウルハンター
長所:悪魔族である。

短所:紅陽鳥に能力で劣る。

一言:融合デッキはいくら増えても問題ないので投入をおすすめします。
2200は問題ない数値ですし、ハデスやネクロがあれば、紅陽鳥以上に役に立ちます。


○死デッキ
長所:悪魔デッキには媒体が多く、発動しやすい。
開闢・終焉を落とすことが可能。

短所:発動にコストが必要。引っ張りクラスを落とせない。
恐怖・絶望を落とすと怖い。

一言:開闢・終焉が流行っている現環境では、能力を最大限に発揮できるでしょう。
手札を根こそぎ落とすこともできるので、最もエグイハンデスカードかも知れません。
破壊能力も強いですが、把握能力が鬼です。絶望やお触れにはご注意を。


8.Re: 分解!! 悪魔デッキ
名前:みち    日付:2003/06/19(木) 23:13
【第3回】

今回は、前回挙げなかった悪魔関連のカードについてです。
癖が強く、扱いが難しいものも多いですが、相手を翻弄する能力は十分です。
前回挙げたカードに慣れたら、使ってみるのも良いでしょう。面白いです。

★ラヴァゴーレム
長所:ほぼ確実に相手モンスターを除去可能。ロックがかかれば勝利可能。

短所:出せる状況が限られる。サポートがないと自分が不利に。

一言:使う場合は専用デッキになるでしょうか。
バインドなど永続防御を張るのがセオリーでしょう。
単なる除去カードとして見るには、勿体無く危険です。


★ゾーク
長所:毎ターン除去が可能。高攻撃力。
ソニックバード・センジュゴッドでサポート可能。

短所:効果で自滅の可能性あり。手札消費が激しい。

一言:儀式モンスターですので、専用で組むべきでしょう。
手札消費が激しいのは、儀式の特性なので仕方ないでしょうか。
非常に高い除去能力を持ちます。低確率ですが自滅もありうるので
堅実に攻めたい方にはおすすめではありません。


★レジェンドデビル
長所:どこまでも攻撃力を上げられる。トマトで呼べる。

短所:上級としては能力が低い。サポートカードが必要不可欠。

一言:無限の可能性を秘めたカードでしょうか。
トーナメントレベルまで高めるのは難しいですが、挑戦するのも面白いでしょう。


★偉大ガーゼット
長所:かなりの攻撃力を持つ。

短所:生け贄召喚しないと無意味。倍にするのは元々の攻撃力。

一言:明快なパワーカードです。攻撃力4000クラスを簡単に出せるので
相手の意表を付くのにはもってこいでしょう。


★へルポエマー
長所:毎ターンハンデスの可能性あり。

短所:効果発動までが厳しい。手札全伏せで回避が可能。

一言:生け贄セットはスフィーと勘違いさせることができます。
高度な心理作戦も可能ですが、使うのは厳しいでしょうか。


★メフィスト
長所:貫通可能。ハンデス可能。

短所:上級としては能力が低い。他のカードのサポートが必要。

一言:パーシアスとの使い分けは好みのレベルとも思えますが
実際はパーシアスの方が人気でしょうか。
悪魔には上級の候補が多いので、相手を惑わすのもありです。
2体目の上級としてどうでしょう。


★堕天使マリー
長所:墓地にいるだけで効果発動。

短所:効果があまりにも地味。

一言:一度発動させれば効果が途切れることはなさそうです。
発動条件は悪魔らしくて良いのですが、200ポイントでは変わらないでしょう。
BBGデッキにも入るかどうか、といったところでしょうか。


★バイショ
長所:伏せカード『全て』を戻せる。五つ星である。

短所:上級にしては低すぎるステータス。
トマトから展開しても効果があまり活きない。魔法・罠は効果にチェーン可能。

一言:変異専用と見てもよいでしょうか。
誘発効果なのでチェーンは可能ですし、トマトから出すとまた伏せられますし。
生け贄召喚や蘇生するほどでもありません。
変異バルターとの相性は抜群なんですけどね。


9.Re: 分解!! 悪魔デッキ
名前:みち    日付:2003/06/19(木) 23:14
★ジェノキング
長所:破壊した効果モンスターを完全無効。
効果無効化能力を持ちながら☆4。3分の1で対象効果無効。

短所:毎ターン埋葬分のコストが必要。守備2000を倒せない。
ダイレクト狙いならゴリラの方が上。

一言:召喚できれば強力なのですが、出しづらいです。
デーモンデッキでも出せますが、専用を組むほうが強いでしょう。
対象効果無効は3分の1なので、当たればラッキー程度に。
神宣や我が盾を積んでスーサイド風味は面白いのでは?


★幻影の壁
長所:守備1850は上等。死デッキの媒体に使える。

短所:手札に戻すしか出来ない。異次元女やブレイカーの効果を再利用される。

一言:針千本には劣ってしまうでしょうか。
表示形式を問わず効果が出るので、攻撃表示で置いておくのも面白いです。
実際の効果発動率はともかく、牽制にはなります。


★ガーゴイルの道化師
長所:効果発動率が高い。死デッキ媒体になる。

短所:能力が低い。対象が表側表示の一体のみ。

一言:非常に柔軟な効果をもっています。
月読命や竜宮之姫の方が使い勝手は良いですが、こちらは特殊召喚が可能で、場に残ります。
この特長を活かした使い方を見つけてあげたいですね。


★ハデスの使い魔
長所:永続的に700アップ。

短所:そのターンの召喚機会を失う。

一言:装備魔法より長持ちすると思いますが、やはり除去されてしまえば終わりです。
魔法を無効化出来るバルターにつけると、対抗手段がかなり限られます。

★XENO
長所:相手モンスターのコントロールを奪える。ダイレクトが可能。

短所:リバース効果である。能力値が貧弱。

一言:コントロール奪取+ダイレクト可能はとても強力ですが
自分ターンでのリバースが必要なので、他のカードのサポートが無いと厳しいです。
太陽の書や覇者の一括、陽動作戦辺りと組み合わせると発動しやすそうです。


★カオスネクロマンサー
長所:攻撃力3000以上の可能性。引っ張りやすい。

短所:序盤に引いても役立たず。上昇するのは攻撃力のみ。

一言:どうせやるなら、専用で組んで3000を拝ませたいところ。
死デッキ媒体にも成り得ますが、攻撃力が変動する以上媒体として過信するのは危険です。
常に能力が修正されるので、蘇生しても戦えますね。


★冥界流傀儡術
長所:3積みできる貴重な蘇生カードである。

短所:発動時のコストが重い。

一言:条件は厳しいですが、蘇生カードですので使いこなせば強いです。
コンボカードなので、蘇生系の魅力であるピンチ時の逆転が狙えないのは仕方ないでしょう。
制限ですが、心変わりや強奪。その他では堕落やXENOとのコンボが強力です。


★冥王の咆哮
長所:どんなに攻撃力に差があっても戦闘に勝利可能。自分のライフを適度に減らせる。

短所:発動にライフが必要。上位互換カードがたくさん存在する。

一言:汎用性が段違いな突進が存在しますし、ミラフォや炸裂装甲も上位互換とみなせるでしょう。
悪魔族で、戦闘ダメージにより効果が発動するモンスターはメフィストとデビルコックしかいません。
どちらも攻撃力は1800あるので、突進で十分でしょう。
開闢や終焉が素直に攻撃してくれれば活躍の場もあるのですが。


10.Re: 分解!! 悪魔デッキ
名前:みち    日付:2003/06/19(木) 23:15
【第4回】

今回は『悪魔デッキの弱点』についてです。
相性が悪いカード等を挙げていきます。

●悪魔払い
当然といえば当然なんですが、常にほぼ全滅の危機に晒されるのはよろしくないです。
サイド投入率もあまり高くないとは思いますが
サイドにはある程度の他種族カードも用意しておくべきでしょう。

●ファイポ
ネクロとの相性が悪いです。Gウィもデッキに戻したくないですし。
ですが、レッサーとの相性がいいため弱点とも言えないカードです。

●カイクウ
死デッキを投入している場合には、こちらが入れている場合も多いのですが
相手にするのは少々厄介です。場にいるだけでネクロが出せませんし
破壊しても、こちらの墓地が削られているとネクロは出しづらいでしょう。

●墓守デッキ(谷あり)
谷でネクロは封じられますし、高い守備力のせいでハデスなどに頼らないと崩せないです。
展開力も悪魔並にありますし、谷存在時の偵察者はハデスでも倒せません。
逆に谷存在時は、死デッキが効果覿面なのですが。

●開闢終焉デッキ
これに勝てる種族デッキは無いと言っても過言ではないのですが
他の種族デッキと比べると、悪魔にはまだ可能性があるのではないでしょうか。
死デッキを標準装備している可能性のある種族は悪魔・アンデッド・墓守ぐらいです。
それでも、谷がある墓守や恐怖・絶望があるアンデッドよりは厳しそうですが。



【最後に】
悪魔デッキは、遊戯王界で優遇された種族でしょう。
種族統一が組める時点で恵まれていると言えます。
種類も豊富で強力なものが多いです。
折角恵まれているんですから、いいデッキを組みたいですね。

どこででも見ることができるので、今回はレシピを省略させていただきました。
ここの特選レシピにもいくつかありますので御覧下さい。


11.(untitled)
名前:みち    日付:2003/06/19(木) 23:16
テトさん>前に書いたものと差し替え(削除)をお願いします。
長くなってしまったので、改行を詰めるなり2つに分けるなり適当に改変してくださって構いません。
こちらの事情でレシピ掲載を中止するので、タイトルは『分解!! 悪魔族』とでも。

PS:語録に載った後に邪魔でしたら、削除お願いします。

1.?? 返信  引用 
名前:ロッド    日付:2003/05/24(土) 22:48
この掲示板はなんのために使うんですか?



2.Re: ??
名前:MOTY@副管理人    日付:2003/06/05(木) 09:37
「語り」を書いてくれている方が「語り」をコラムとして纏めるときの一時的な保管庫として使っています。

語りを書いていない方でもミニ理論とかカキコしていただければ内容次第で「語録」にアップしますよ〜。


ページ: 1 2 3 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb