[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
お疲れさまでした。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



4585.春ですね 返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2011/02/27(日) 11:04
猛烈に寒かった冬がいつのまにか暖かい春に変わっていました。
近所の川の土手に少しずつ緑が増し、野生の水仙には小さな花が。
少し摘んで来て、玄関の花瓶に挿しました。
要約筆記は、各団体の総会準備の時期に入り、忙しさを増しています。
今年も福岡では関連団体の沢山の行事があるようです。
皆さん、どうか身体だけには気をつけて。

4584.障害者基本法改正案に対する声明 返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2011/02/22(火) 06:39
全難聴は2月20日の2010年度第2回定期総会で、障害者基本法改正案に対する声明を満場一致で採択。

第二次意見に沿った障害者基本法の抜本改正を求める声明

2011年2月20日
社団法人全日本難聴者・中途失聴者団体連合会
理事長 高岡 正

政府は,障害者権利条約の批准とこれに対応する国内法整備に向け,2010年6月29日,「障害者制度改革の推進のための基本的な方向について」を閣議決定し,これを受けて内閣府の障がい者制度改革推進会議は,障害者基本法の抜本改正のための「障害者制度改革推進のための第二次意見」を同年12月17日に取りまとめた。

しかし,本年2月14日に内閣府から障がい者制度改革推進会議に提出された「障害者基本法の改正について(案)」は,現行障害者基本法の条文修正に終始しており、抜本改正とはほど遠いものである

当連合会は、閣議決定及び第二次意見に沿った障害者基本法の抜本改正を求めると同時に、聴覚障害者に大きくかかわる下記の事項を改正案に明記するよう強く要請する。



1 障害者間の種別・程度による制度間格差をなくすと共に、各障害の独自の障害特性やニーズにも配慮することによって、すべての障害者に障害のない人と平等の権利を保障すること。

2 障害者がすべての人権及び基本的自由を完全に享有することを可能とするため、様々な情報へのアクセス、自らが必要とする言語の使用、及び多様なコミュニケーション手段の使用が保障される権利を有することを確認し、それを実現するために必要な措置を講ずること。

3 特定のニーズに応じ、又は生活上の障壁となるものを除去するため、障害者のニーズを調査研究し、世界の技術開発の成果をも取り入れた障害者の支援機器の普及、技術開発について、必要な措置を講ずること。

以上

4583.いよいよ「者」のカリキュラムが 返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2011/02/08(火) 07:58
長年の目標だった、「要約筆記者」のコアカリキュラムが厚労省の資料に掲載されました。
これからより具体的に進められていくと思います。

時間は84時間に。当初予定の108時間からは大幅に減少。
理想と現実の狭間で切り捨てなければならない部分が出てきますね。
個人的にはパソコンの連係入力が選択課目の中に入っていたので、少し安心しました。

4582.今年もよろしく 返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2011/01/01(土) 07:15
新年明けましておめでとうございます
本年もどうぞよろしくお願いします

雪で道路はカチカチに氷っています
実家の両親、息子夫婦に孫が2人、娘と総勢9人で迎えるお正月は大忙しです。

4581.平成23年度厚生労働省予算案に盛り込んだ主な施策 返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2010/12/28(火) 09:31
障害者支援関連では

【障害者の地域移行・地域生活支援のための緊急体制整備事業】 【特別枠】 【100億円】
○障害があっても自ら選んだ地域で暮らしていけるよう、施設や病院からの地域移行や地域生活の支援を充実するた
め、@地域での安心生活を支援する事業、A在宅の精神障害者へのアウトリーチ(訪問支援)事業、B地域で暮ら
す場の整備事業を、緊急的かつ総合的に行うこととし、これらの事業に係る経費を支援
@ 地域移行のための安心生活支援(新規)【10億円】
市町村で障害者が地域で安心して暮らすための地域支援策を盛り込んだプランを作成し、それに基づき、夜間も含めた緊
急対応や緊急一時的な宿泊等の事業を面的に一体的に行う体制を整備するとともに、移動支援やコミュニケーション支援
等、地域での活動支援を更に必要とする場合には、その経費を重点的に支援する。(100箇所)
A 精神障害者アウトリーチ(訪問支援)推進事業(新規)【7億円】
未治療者、治療中断者などの在宅の精神障害者に対し、アウトリーチ(訪問支援)により、医療・保健・福祉サービスを
包括的に提供し、丁寧な支援を行うため、多職種チームによる訪問活動等を実施する。(25か所(定額補助))
B 地域で暮らす場の整備促進【83億円】
障害者の地域移行支援の核となる、グループホーム(都道府県の障害福祉計画の目標8.3万人を達成)の地域で暮らす「住
まいの場」の整備、就労支援等の「日中活動の場」の整備など、障害者が地域で暮らす場等を確保する。

(参考)【平成22年度補正予算】
○ 障害者自立支援対策臨時特例基金の積み増し 【39億円】
施設サービスの昼夜分離や就労支援の充実等の新体系サービスへの移行に必要となる施設改修や設備の充実を推進するとともに、
発達障害者に対する情報支援機器や障害者のための自立支援機器の開発・普及を促進するため、基金の積み増しを行う。

4580.法律用語 返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2010/12/27(月) 07:03
要約筆記や聴覚障害者支援、福祉の勉強等の場面で様々な法律用語が出てきます。大学で法律等を正式に学んだ方は特別問題はないと思いますが、そうではないものにとっては敷居が高いこともあります。

それをだれもがわかるように、書き表しているサイトがありました。四国の大学の先生のサイトです。
http://www.cc.matsuyama-u.ac.jp/~tamura/yogo-horitu4.htm

4578.指で勉強、つかんだ合格 返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2010/12/25(土) 18:18
盲ろうの19才の方がルーテル大学に合格。
http://www.asahi.com/national/update/1225/TKY201012250132_01.html



4579.Re: 指で勉強、つかんだ合格
名前:totorisu。    日付:2010/12/26(日) 14:30
関連のニュースとして。

盲ろう者が映画制作。
http://mytown.asahi.com/areanews/osaka/OSK201011110158.html

4577.法定での手話通訳 返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2010/12/22(水) 09:23
今日のネットニュースに掲載されていたものです。
http://mytown.asahi.com/tokyo/news.php?k_id=13000001012210001

4576.派遣ではない活動の仕方 返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2010/12/21(火) 08:21
週末東京で三田フレンドの勉強会に参加してきました。
報告は様々な支援場面、様々な活動、施設その他、そして報告者もボランティア、大学院生、施設の管理者、聴覚障害関連商品の開発など一方向からだけではない視点というのが素敵で、発展性があり、ものすごく勉強になりました。

今回のこの勉強会でかなり触発されましたし、影響も受けました。今後のサークル活動の視点にしたいと思います。

派遣ではない活動の面白さ。発想の豊かさ、そしてそれをどういう形で報告するのか、興味深い1日でした。
三田フレンズのMさんありがとう。

それに人工内耳友の会の全国大会が福岡であるそうで、そのことも頼まれました。

4575.ワイド画面 返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2010/12/17(金) 10:32
最近のノートパソコンもDVD視聴用なのかワイドな画面のものが増えてきました。
文章を視線を横向きに走らせる場合、どれくらいの文字数だと読みやすいのか。また、どの程度なら一度に読めるのか。
こういうことへの配慮も必要です。

ワイド画面をそのままの状態で使ってートテイクをしている方、ちょっと考えてみてください。
自分で試してみるのも良いでしょう。
長い文章の場合は、短く切ったり、意味のある文節の切れ目で改行するなどすると、利用者はもっと読みやすくなります。

4574.辞書登録やFキー・メモ表示へ 返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2010/12/15(水) 10:00
現場や入力の準備段階だけでなく、現場で利用者がみていても辞書登録を入力欄を使ってやっていませんか?
これは討論集会の第2分科会でも発言されている方がいらっしゃいましたが。これを聞いて、ああ、そうだ、そういえば最近特に目にすることが多いと感じていたところだったのです。
周囲には目もくれず、一心不乱で入力をしている。

これは、利用者にとっては非常に目障りだし紛らわしいことなのです。
文字が出てくるので、しゃべっているのかな?と思うとそうでもないし。その境目は利用者には見当がつきにくいのです。

辞書登録等の作業は利用者に見えない形でしましょう。

4554.要約の勉強 返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2010/10/22(金) 00:31
時間をかけた要約の勉強が役に立つのはシノプシスを書く時くらいかなあ・・・。
本当に必要なのは、これをどう表現しどう伝えるかという意識と即時性。これがなければ現場では役に立たない。



4558.Re: 要約の勉強
名前:ponta    日付:2010/11/25(木) 09:06
お久しぶりです。お元気ですか?
三田の方まで繰り出しておられるご様子ですね。
totoさんの行動力はいまだに減退してないようで、まずは安心しました。(笑)

先日のサークルの勉強会で、全要研ニュース10月号の三宅さんの要約学習法を試してみました。
メインが書いたものを、意味が通る(続く)ようにサブが仕上げるという練習です。
そこまでのプロセスも順にやっていくのもおもしろいですよ。
このような学習法を考え出される三宅さんを、改めて尊敬しました。

一度八女サークルでもやってみられたらどうでしょう。
けっこう盛り上がると思いますよ。


4559.Re: 要約の勉強
名前:ponta    日付:2010/11/25(木) 09:15
「意識と即時性」という問題ですが、まことにおっしゃる通りです。

伝えようという「意識」が不足している人は、
たとえ即時性が保障されていなくてもなんとも感じないようです。

今、書いている文字、打っている文字をかた時も見のがさないように
食い入るように見つめている利用者の存在が背中に感じられる要約筆記者は、
要約することがいかに必要かを理解できるし、
学習したことを使いこなすことができると思います。

しかし、利用者を意識できない人は、
意図を伝えきることも、即時性を保障することも難しいのでは…と最近感じています。


4560.Re: 要約の勉強
名前:totorisu。    日付:2010/11/26(金) 07:26
まあ!pontaさんお元気ですか?
三田のこと?(笑)
三田のサークルはもう10年ほど前からのおつきあいがあって、特にM下さんとはパソコン要約筆記やPSP表示の件などで連絡を取り合って来た仲なのです。
今回は本当はパソコン要約筆記を始めたばかりの会員さんに来てもらって意見やお話をする予定だったのですが、予定でそれができなくなりました。私は飾りです。M下さんが一緒に飲みたいというから。(笑)

三宅さんのあの方法は、三宅さんのお話を聞いてみたいと思って、むりやり愛知県の研修会にM島さんに無理を言って参加させてもらったときに出会いました。最初にこう書いてしまった、さてどう続けるか?という方法ですよね。それが自分か他人かの違い。

要約筆記に関しては、一次の熱情のようなものは消えました。ある程度の形ができあがった今、手書きは消滅の方向に進んでいます。本当は消滅ではないのです。一番必要とされているはずなんです。
パソコンに関しては、今度は手書きと同じくらいに要約をしようとしている。そう、連携不要論です。
1人で聞き込み、要約整理して表示できる人を養成しようとしています。連携は文がねじれるからと。ねじれると決めつけている。ここがおかしい。中途半端なパソコン要約筆記をみて決めつけてはいけないと思っています。


4561.Re: 要約の勉強
名前:totorisu。    日付:2010/11/26(金) 08:31
も1つ追加するなら、入力に一定の力がある人は、自分が持つ要約力をつかって入力するなら、すごく安定してやりやすい。これは事実です。入力にまだ力がない人と組むよりははるかにやりやすいです。
ただ、それまでに養成するにはかなりの時間がかかります。
そこをどうクリアしていくかだと思います。


4562.Re: 要約の勉強
名前:ponta    日付:2010/12/03(金) 10:18
パソコン要約筆記が広まるにつれて手書き要約筆記が衰退しているとのご意見ですが、確かに講演会などの派遣の場合はほとんどがパソコン要約筆記に移行しつつあるようですすね。
このような時には連携入力も効果的だと思います。

ところで、個人派遣においてもパソコン要約筆記は広まりつつあります。
しかし、個人派遣の場合は、たとえ派遣に複数依頼されたとしても、連携入力で対応できるだけの人数が確保されにくいので、実際には交代しながらの一人入力で対応することが多いです。
そうなると当然、全文(全内容)入力は難しいですから、重要な部分(意図)を伝えきるためには、手書き同様、要約しながら入力しなければなりません。
実際の現場ではそのような対応が求められるのですから、養成に時間がかかるので難しいなどとは言っていられないのが現状です。

一人での要約入力が出来る人は、たいていの場合連携入力も上手にできるはずです。たとえ相棒が聞こえたまま入力したとしても、その後に続けてうまく内容(文意)が続くように要約しながら入力していくことも可能です。
そういう意味でも、今回、私たちのサークルが行なった学習は、パソコン要約筆記での練習でも効果的だと思います。


4571.Re: 要約の勉強
名前:totorisu。    日付:2010/12/08(水) 08:28
そうですよね。
最終的には要約筆記者にどれだけの文の構成能力があるかどうかにかかってきますよね。

4573.障がい者制度改革推進会議(第2次意見素案)から 返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2010/12/07(火) 07:28
障がい者制度改革推進会議も27回、そろそろ内容も詰めにはいっているようです。
その中から、要約に関連すると思われる部分を抜粋してみました。


【言語・コミュニケーションの保障】
日常生活及び社会生活において、多くの障害者が必要な言語又はコミュニケーション手段を使用することに多くの困難を抱えているが、その問題の深刻さが省みられることは少なかった。それ故に、改めて、コミュニケーションに困難を抱える障害者が障害のない者と等しく人権が保障されるよう、手話等が言語であることを確認するとともに、必要な言語又はコミュニケーション手段の使用が保障されるべきである。
コミュニケーションを保障するための必要な手段には、手話、点字、要約筆記、指点字、触手話、文字表示、わかりやすい言葉、拡大文字、音声、朗読、触角による意思伝達、その他の補助的代替的手段、それら使用する通訳者や説明者等の人的支援、さらには容易に使用できるマルチメディア、トーキングエイド等の機器も含む。

以上を踏まえ、基本法には次の観点を盛り込むべきである。

・現行法の規定に加えて、障害者が基本的人権の享有主体であることを確認すること。

・地域社会で生活する権利を確認するとともに、その実現に向けた施策の具体化のための措置を取ること。

・障害者が必要とする支援を受けながら、自己決定を行えることが保障されること。

・手話等の言語性を確認するとともに、必要な言語及びコミュニケーション手段の利用が保障されること。


詳細はウェブにあります。検索してみてください。
http://www8.cao.go.jp/shougai/suishin/kaikaku/s_kaigi/k_27/index.html


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb