[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
お疲れさまでした。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



4604.もっと書いて欲しいんですけど? 返信  引用 
名前:コモ    日付:2011/06/10(金) 20:39
totoさん、お久しぶりです。
私、要約筆記サークルに属しています。中途失聴で、人工内耳装用で、時々「サークルには邪魔かもな」と思いながらも属し続けています。
この間、友達の難聴者がサークルを見学にきました。全要研から出ている例文を使って練習をしました。その友達が例文を読み、サークル員がそれぞれ机でロールシートに書き、OHPに写して、みんなで検証。
意見を求められて、その友達が最初に言ったのは「最近の要約筆記ってこんなにまとめてしまうものなのですか?私はかなりゆっくり例文を読んだのだから、もう少し詳しく書いて下さると思いました。」
私は、「Yさん、講座で、書けるのは五分の一だって習ったでしょ?今書いてもらったのはたぶんだいたい五分の一くらいになってるよ。問題は話しの内容がどれだけ書かれたか、なんじゃないの?」と。
それから、「じゃあ、話の内容が抜け落ちていないかどうか検証しよう」ということになり、じっくり見てみました。最後の部分に話し手の言いたいことがまとめられているので、それをいかにうまく書くかですが、Yさんは「これは子育ての問題というだけではなく」という一文も是非書いて欲しいというのです。私は「いや、その一文はなくても『子供の夜更かしは社会全体の問題なのです』だけ書けていれば、話し手の言いたいことは伝わると思う。それに、前に聞いたけど、話しが終わってから10秒以内に書き終わらないといけないらしいよ。」
Yさんは、他にも「この部分を書いてもらわないと、私には話の内容が伝わってこない。この言葉を書いてもらうと、内容がふくらむ」
それに対して別の難聴者が「私達難聴者は、書かれた文章を自分で膨らませて読まないとダメだって、前に勉強したじゃん」

と、こんなやり取りがあったんですが、「Yさんの気持ちもわかるなあ
」と何となく心に残る一場面でした。



4605.Re: もっと書いて欲しいんですけど?
名前:totorisu。    日付:2011/06/12(日) 20:49
コモさん、お久しぶりです。

「もっと書いて欲しい」ということ、最近よく聞きます。
「全部書いてもらいたいからゆっくり言っているでしょう」このことばも聞きます。

totoも、今年の1月にあったという聞く権利のフォーラムの資料のUさんの文章を読んで、考え込んでしまいました。
うーん、私たちは間違った方向に進んでいるのではないか?と。

でもね、きちんとここは伝えておかなければいけないと心を強くして。(笑)
○ まず、本当に人が手で書く場合は、全ては書けません。
  じゃあ、どうしたらいいか?
  まとめる、要するに要約したりはしょったりして必要な部分、伝えなければ行けない部分を書くしかありません。

○ 書けないから要約しているのなら、書けるようにゆっくり言っているからそのまま書いて。
  話すことばは文章ではないのです。話言葉と書き言葉は違います。
  言葉が文章になったときに誰が読んでも同じ意味で、かつわかりやすいこと。読むために時間がかからない書き方が必要。
  書き始めにその人がゆっくりなのか、早口なのかもわかりません。
  そういうことを丸ごと含めて、どういう場面でも書き遅れない、内容を伝えら得る訓練を要約筆記者はするのです。その書き方のフォーマットが今、コモさんがおっしゃったような書き方だと思います。

○ ずっとその書き方なのか?
  場面によって違うと思います。
  その人の命や権利に関わったり、財産に関わるような場面では必要最小限でも伝えるべきことを確実に伝えなければなりません。
  講演会とかではまた違ってくると思います。細やかな表現、話し手が言いたいかったこと、本題に関係がなくてもここで言いたい、ということばもあると思うのです。

○ 今おっしゃったような書き方は要約筆記者を育てるというか、どういうところでも聴覚に障害がある人の役に立つ書き方ができるようにする訓練のためのものです。次の段階ではそれ以上に発展をさせていけばよいのです。

○ 私は最近はパソコン要約筆記ばかりですが、書きすぎ、いや打ちすぎといつも言われます。たくさん打つと文字が速く流れてしまい読みにくいのです。だから少し文字を小さめにして行数も多くしたいのですが、手書きになれている方々はやはり文字は少し大きめがいいとかおっしゃいます。いろいろ悩みますね。


4606.Re: もっと書いて欲しいんですけど?
名前:コモ    日付:2011/06/12(日) 23:21
「この期に及んで、まだ、もっといっぱい書いて欲しいって言うのぉ?」と突っ込みが入るんじゃないかと思っていました。私もけっこういろんな研修会で話を聞いてきたので。

だけど、実際にOHPを見ながら会議に参加するとき、難聴者が本当に会議の中で自分の意見を持ち発信できるのかと考えると、ただただ読むのに一生懸命で何か言いたいことが出たときには、もう議題が進んでいってしまっていることがかなりあるように思えます。

ブロックとかの難聴者の会議ですら、ループで聞こえる人たちがどんどん話を進めてしまい、ループの効果がない難聴者は、置き去りにされている現状があります。

私は難聴者どうしの会議は時間がかかって当たり前なんだと思います。ループの効果もない、重度の難聴者に合わせて、全員がOHPを見ながら会議を進めるのがほんとうなんじゃないかと思います。

話し合いの中でも、感情がかなり入ってくる話では、あまりに要約されたOHPでは相手に正しく伝わらない場面も出てくるのではないかと思ったりします。

そうすると、いつでも必ず五分の一ではない・・・と考えても良いのでしょうか?


4607.Re: もっと書いて欲しいんですけど?
名前:totorisu。    日付:2011/06/15(水) 11:58
コモさん、もちろんです。
話し手がゆっくり、それもわかりやすくきちんと、文章化してもおかしくない話し方を、1分間の文字で60前後でされたら?
当然、そのまま書くと思いますし、書くべきです。

それをまた25%にするなんて馬鹿げています。
これはどの要約筆記者に聞いても全要研に聞いても同じ回答が返ってくると思います。

私が心配しているのは、どういう場面でも役立つ要約筆記者を養成するための根本的なこと、基本を伝えるための養成方法自体が目的のように感じてしまっている要約筆記者が多いことが問題のような気がします。

書けて、読めて、意味もきちんと伝わるのであれば、どんどん書きましょう。きれいな字で。
汚い走り書きのような、読みにくい字ではダメです。

ただ、人間が書ける文字には限界があること。
人間が長時間疲れずに読める文字、文字の動き、流れの速さにも限界がある。
この2つをどうバランスよく調整できるか、その技術をみんなが持って欲しいです。


4608.Re: もっと書いて欲しいんですけど?
名前:totorisu。    日付:2011/06/13(月) 11:14
難聴者の会議はゆっくりと。
私が話すようにそのまま書いて欲しい。

これって、本当は要約筆記者にとってメッチャ苦痛なんです。(笑)
怒らないでくださいね。
要約すること、分かりやすくすることを訓練して、聞き方まで訓練して成長(?)した要約筆記者にとって、ゆっくりと書くように話される難聴者の発言には本当に戸惑うのです。
手にペンを持って、耳はダンボのように大きくして、「何を話されているのか?」「発言の意図は?」などと考えながら、難聴者の話を聞いて、発言に一番近い表現で、かつ、短く、読みやすく、理解しやすい文章に変える。
今の要約筆記者という名前に近い立場の要約筆記者は、そのまま書いてと言われると、え?そうなの?でももっと速く書きたい!と思っています。
それは、「もっと私たちを信用してください」という必死の声でもあり、願いでもあるのです。
この部分がまだまだ、要約筆記者を使う側の人間と、通訳として使える要約筆記者を養成する団体との間で、意見調整が完全にできていないのだなあと感じる部分です。

コモさん、要約筆記者は昔と比べると格段に成長しています。
一度信じて、ぺらぺらとしゃべって、スクリーンで確認してみてください。そこで気に入らない場合は、どうして?と後で要約筆記者に聞いてみる、というのも一つの方法だと思います。

今、足りないのは要約筆記者と使う側との信頼関係のような気がします。


4609.Re: もっと書いて欲しいんですけど?
名前:totorisu。    日付:2011/06/13(月) 11:54
忘れていました。

難聴者の会議はゆっくりと時間がかかるのです。

そうなんです!
会議を速く進めてと言っているのではないですよ。
間違えないでくださいね。

これは他の障がいの方の総会での場面でした。
総会の内容を参加者の全ての人が理解できるように待つ。これが大切なのです。伝えられなかったから仕方ないとかではなくて、障がいを理解し、支援している人であれば待つ、みんなが分かるまで待つ、このことの大事さを理解して欲しいですよね。

予定ではその時間までに終わる予定で、午後からはレクレーションとか他の予定が入っていました。
関係者も、遠くから時間がない!と合図を送っています。
でも、あるかたが何故急がせるのだ、全ての人がわかって参加できるまでに時間がかかるのは当たり前。
午前で終わらせずに午後まで続けたいと発言し、午後の予定はなくして、そのままその会議を午後も続けました。

その後、関係者の方から、これが大事なんだ。
関係者が理解していないのに判断を求めることがいかにひどいことなのか、そのことを全員があらためて考える場になりました。

情報保障とか、会議の予定時間とかの問題ではなくて、なぜそこで話しあっているのか、が大事なのですよね。


4610.Re: もっと書いて欲しいんですけど?
名前:コモ    日付:2011/06/14(火) 09:20
17年18年19年と三年間くらい、地元の要約筆記奉仕員養成講座に難聴者として関わってきました。養成事業を委託されている立場での、講師陣に加わってきました。最初に書いた難聴の友達のYさんも講師陣の一員です。

講師の立場でものを言うときは、本音はしゃべっちゃいけないんだなというのが正直な感想です。やっているうちに、講座に関わるのがすごく嫌になってきました。

養成講座の間は、totoさんの言われるような、どんな場面でも、読みやすく、きちんと内容を伝えられる、要約筆記者を育てるということを目的にしなくちゃダメっていうことなんですね?

Yさんは今年も講師をやっていくのだから、そこのところ割り切って話しの内容を考えていかなきゃいけないですよね。

だけど、サークルはより深い実践や訓練の場だから、一歩進んだ細かい状況に応じた書き方みたいなことを考えていってもいいんですよね?


4611.Re: もっと書いて欲しいんですけど?
名前:totorisu。    日付:2011/06/14(火) 14:33
はい、私はそう思っています。
でないと、要約筆記はこういうものですから、これで我慢をしてください、みたいなことになってしまいます。

それはおかしいですよね。
要約筆記は通訳です、というからには、ちゃんと伝わり、話し手も聞き手も満足する状態にならなければ意味がありません。
受け手、聞き手にずっと消化不良が続くような通訳は本物の通訳とは言えません。


4612.Re: もっと書いて欲しいんですけど?
名前:コモ    日付:2011/06/14(火) 17:10
ありがとうございました。
もやもやしていたのが、少し晴れたような気がします。Yさんにも話してみます。

私は中途失聴ですが、Yさんは幼児期からの難聴です。読む文章に対する受け取り方が、両者で違いがあるようにも感じますね。


4613.Re: もっと書いて欲しいんですけど?
名前:totorisu。    日付:2011/06/15(水) 12:00
コモさん、やはり中途失聴者の方の方が、元の話、以前に聞いていたような形での情報保障を求められるというのはあります。

個人でのノートテイクの場合は、ある程度は利用者の要望に応えられるのですが、大きな会場や集会等の場合は、全ての利用者に合わせてというのはできません。そのためには妥協点というものが必要になってきます。

その妥協点に対して、双方が不満では仕方ないと思うのです。
「分かりにくい、字が多すぎる」「もっと書いて、1文字でも多く」
この両者が相容れない限り、情報保障への不満が出続けるような気がします。
そこで、今、利用者にも情報保障、要約筆記へのリテラシー(Literacy)をということなのではないでしょうか。
だから、そのリテラシーを指導者養成講座などで学ばれたコモさんのような方々が、伝えていく役目を担っていると言ってしまったら、今までの話は何?となるかもしれませんが。

偉そうにごめんなさい。


4614.Re: もっと書いて欲しいんですけど?
名前:ponta    日付:2011/07/09(土) 22:25
totosiru。さんもコモさんもおひさしぶりです。

「難聴者の会議はゆっくりと。
私が話すようにそのまま書いて欲しい。」

当初、難聴者協会での会議では上記のような状態だったのでしょう?
でも、ゆっくりしゃべって、ゆっくり書いてもらっていては時間がいくらあっても前に進まない。
限られた時間の中で決めることは決めたいし、やるべきことはやりたい。という思いから要約筆記というものが始まったのだと思います。
いわば必要にかられて要約筆記は生まれたのです。

特に、ほとんどが健聴者でしめる場では、要約筆記者が追いつくのを配慮するなんてことはほとんどありませんね。
普段から普通のスピードの話し言葉に対応できる要約筆記者を育てるためにも、Yさんには普通のしゃべり(スピード)で講師をしてもらいたいと思いますし、さぜそれが必要かということが理解できていなければ、Yさんは講師としては適任だとは言えないのではないでしょうか?

ただ、確実に伝えて欲しいことで、とても大事な部分を話す時などはこの限りではないと思います。


4619.Re: もっと書いて欲しいんですけど?
名前:ponta    日付:2011/08/30(火) 12:08
「難協での話し合いは時間がかかってもしかたがない…」
本当にそうでしょうか?

以前、僕が難聴協会との話し合いに参加した時のことです。
それまで何度も、自分の言いたいことがなかなか伝わらない痛い思いを経験してきました。(地元の恥をさらすようですが、要約筆記者の力量の問題ですね)

しかし、今回はどうしても伝えたい、理解して欲しいという事柄があったのでいろいろ対策を考えた結果、伝えたいことを箇条書きにまとめたものをコピーして持参し、参加者に配布したことがあります。他の資料を準備することで、通訳としての要約筆記をより活かせるのだと思います。

ただ、突発的な部分での大事な事柄はこの限りではありませんが…。


4623.確実に文字そのままに伝えて欲しい場合
名前:totorisu。    日付:2011/10/01(土) 08:02
上記にもありますが、確実に文字そのままに書くことが要求さえる場合は、発言者の責任で、ということになります。
ご自分でホワイトボードなどに板書をしたり、プリントをして配ったりとかの配慮です。そうすれば、話に遅れずに、難聴者も参加できるし要約筆記者もじたばたせずに済みます。
これは難聴者、要約筆記者ともに周囲への啓発ということになると思います。ゆっくり話てもらうのではなくて、要約筆記になじまない部分をどうしたらいいか、という配慮ですよね。


4624.Re: もっと書いて欲しいんですけど?
名前:paki    日付:2011/10/07(金) 09:13
お久し振りです。
私は聴者ですが、最近、私だったら全体の骨格が知りたいか、
もっと豊かなものが知りたいかって思うのです。

totorisu。さんが書かれているように、
骨格の部分は、話し手が「ご自分でホワイトボードなどに板書をしたり、プリントをして配ったりとかの配慮」をしてくだされば、それで済むし、資料やテキストがあればそれが骨格だろうしって。

樹木に例えれば、幹も根も説明にはいらない。
時間があったらの情報で良い。
それより枝と葉っぱとそこに住んでいる小鳥や虫、花の情報が欲しいって思います。
それは、生きてきて樹木がどんなものか見てだいたい想像がつくからです。
その人の知りたいところが、それぞれに違う。
だからコミュニケーション支援事業、個人派遣ではそれぞれに合わせてほしいと思いますね。

たぶん、これから先そんな勉強もしていくんだと思います。
文の構成だけでほとんど要約しないほうが良い場面だってありますよ。
将来は、両方の勉強が必要だと思います。
理想を言えば、状況に合わせて要約率を変えられるように。

ただ、全体投影の場合は、誰に合わせるか。
全体像が分かって細かな所に入っていくという順序になるんでしょうね。
いろんな意味で統一感を持たせるということもあるでしょうし、
ぐっと要約するほうが難しいから、
それができれば追加するほうはできる。
書くのが遅かったり、入力するのが遅かったらできませんが。
書いたり入力するのは限界があるから、それもどこに合わせるか。

文字にはゆれがある。教育や考え方にもゆれがある。
同様に要約筆記もゆれがあるんだと思います。

とりとめもなく書きました。<(_ _)>


4625.Re: もっと書いて欲しいんですけど?
名前:totorisu。    日付:2011/10/07(金) 11:22
そうですよねpakiさん。おっしゃること、本当によく理解できます。
それにもう1つ矛盾が見えてきたような気がしないでもありません。
全体投影は自立支援、個人の要約筆記ではありません。まあ、個人が数人あつまれば全体投影というスタンスで要約筆記をするからでしょう。

だから、本来は全体投影で個人の支援、自立支援の要約筆記要するに情報保障を語るところに矛盾が生じるような気がしているのですが。
支援という視線。要約の筆記、タイピングの技術的なもの。ここの部分を十把一絡げに語ってしまっているところがあるのではないでしょうか。

要約筆記で言われる対人支援と参加の保障を守るということと、全体投影ということに少々のずれがあるような気がします。

4622.2011年10月〜12月期の字幕定期送信リクエスト募集  返信  引用 
名前:totorisu。    日付:2011/09/30(金) 19:07
新クール(2011年10月から12月期)のリクエスト募集を開始いたします。みなさまからのたくさんのリクエストをお待ちいたしております。
リクエスト募集対象番組
  2011年10月〜12月期に放送される番組

リクエスト締め切り日時
  10/7(金)午後10時
 
リクエスト受付場所は下段↓にて承っております。

ご参考:
●日曜日 21:50〜22:40 NHK総合 「サンデースポーツ」
22:00〜23:15 フジテレビ系列 「Mr.サンデー」   
●月曜日
21:00〜21:54 テレビ朝日系列 
       「ビートたけしのTVタックル」
21:54〜23:10 テレビ朝日系列 
       「報道ステーション」
●火曜日
21:54〜23:10 テレビ朝日系列 
       「報道ステーション」

●水曜日
21:54〜23:10 テレビ朝日系列 
       「報道ステーション」

●木曜日
21:54〜23:10 テレビ朝日系列 
       「報道ステーション」
●金曜日
21:54〜23:10 テレビ朝日系列 
       「報道ステーション」
22:00〜23:00 NHK教育 
       「にっぽんの芸能」
●土曜日
21:30〜21:55 NHK教育 
       「グレーテルのかまど」
22:15〜22:45 NHK総合 
       「サタデースポーツ」
22:00〜23:24 TBSテレビ系列 
       「情報7days ニュースキャスター」

なお、随時リクエストについても下記にて受け付けております。
  http://tirc.s5.xrea.com/cgi_bin/zuiji/request.cgi

※ 「随時リクエスト制」とは、4週間以内かつ7日以上後に放映される
   番組についていつでも好きなときにリクエストが可能な制度です。


--
公益財団法人 日本障害者リハビリテーション協会 情報センター
http://www.normanet.ne.jp/~rtcap/
http://tirc.s5.xrea.com/cgi_bin/request/yobi/request.cgi

4620.指導者スキルアップ講座模擬講義 返信  引用 
名前:ponta    日付:2011/08/30(火) 13:02
totoさん、先日はお疲れさまでした。
標記の模擬講義のことで一言感想を。

地元で講師を担当されている方たちばかりで、話し方などは皆さんさすが!という感じでしたね。
しかし、内容まで踏み込むと、検証講師の指摘通りごもっとも、と思われる方も多かったですね。

他の方々の講義は感心して聞きつつも、このように第三者として客観的に見る(聞く)ことができましたが、totoさんの講義の時はいつの間にか引き込まれてしまって、自分自身が受講している感覚になっていました。最大の誉め言葉と思ってくださって結構です(笑)

確かに他の講師とのレベルの差(対象とする受講生や講義技術・ポケットの数など)は歴然としていました。(A木さんの講義はそこそこでしたが)

それなのに講師からの講評ではけっこうダメ出しされましたね。そこまで言うの?という感じ。totoさんもムッとされたのではないでしょうか?
しかしそういう彼女自身、自分が講義時間を過ぎて終わってしまっても、「ごめんね…」っていう気楽な態度で、ほんとにそれでいいの?!と僕の心はブーイング。
講師たるもの、自分が指導することには責任を持つべし!と暗に教えられました(笑)
はっきり言って、講師としての力量は彼女よりtotoさんが上ですね。

totoさんのことはさておき、全体的には厳しいながらも客観的で的確な指摘が多く、今後、講師を担う者には参考になることが多かったです。
totoさんぐらいになると、他の方から指摘されることは少ないと思いますので、totoさんも、今回は良い機会だったと開き直って(笑)指摘は指摘として素直に受け入れられてもいいのではないでしょうか?



4621.Re: 指導者スキルアップ講座模擬講義
名前:totorisu。    日付:2011/09/11(日) 18:37
ごめんなさい、pontaさん、パソコンの故障その他でなかなかいろんなサイトに近づけず、今日やっとここへ。
そしたら、書いてあるじゃないですか!!

ありがとうございます。いえいえ、これはお褒めにではなくて、感想を書いてもらったお礼です。
あの日、totorisu。はかなりへこんでいました。講評に対してではなくて、自分の模擬講義にです。もう、悲しいというか情けないというか。
でもね、普段や地元では、もう少しは内容濃く、もうちょっとましにできているはずなんです。涙

いやいやあれはひどかった、と自分でもちゃーんと思っているから大丈夫ですよ。よい勉強になりました。

こないだ、広島に行った時は、皆さんに喜んで頂けたので(もしかしたらお世辞だったかもしれないけど)ちょっとだけ嬉しかったです。

書き込み、本当に感謝しています。

4615.ところで 返信  引用 
名前:ponta    日付:2011/07/09(土) 22:27
totorisu1。さん、明日はお世話になります。
でも、手書きの方に申し込んじゃいました。
どちらも受講したいです。グスン…。



4618.Re: ところで
名前:totorisu。    日付:2011/08/10(水) 14:47
いえいえ、わざわざ研修のための部屋まで来てくださってありがとうございました。お土産を準備していなかったので、反省しています。
次回はもって行きますね。


ページ: 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb