[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
あしアト do_On!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
E-mail
内容
投稿KEY タグ有効
 



2742.秋の月 > 枝垂れ梅・・・“ 梅の香の 競う花びら 露に濡れ 宴の季の 散るよ哀し ” ( 2016/03/14(月) 18:35 )

2741.秋の月 > 枝垂れ梅・・・今年の梅は気温の加減でか長く咲いて里や野原は満開の色とりどりに咲いて、私のお気に入り風景を楽しみました。昨日は山友の案内で三草山新道(T新道)から登り朝光寺に山越えして(発見者不明)良く整備された山道はアングルの違う風光明媚な山歩きを楽しむことが出来ました。帰りは、国宝朝光寺を参拝して野原散策…色とりどりの梅の花が美しい季節の春でした。。。 ( 2016/03/14(月) 10:09 )

2740.秋の月 > 梅一輪 一輪ほどの 暖かさ・・・あまりにも有名な俳句…江戸時代に詠まれていたのですね。梅は咲いたか 桜はまだか…と暖かい春を待つ風情が偲ばれますが…今朝からの雨が冷たいですね。 ( 2016/03/09(水) 11:53 )

2739.秋の月 > 早春の儚い命(スプリングエフェメラル)・・・画像の花、節分草も、雪割一華も、何て美しいのでしょう。待ち侘びた早春の花達は清楚で逞しく野山を飾る。当地に咲く「雪割一華」は、花びらがやや丸みを帯び全開して花開くことは無い。しかも、セピア色をしている。その容姿は、優雅な貴婦人を想わせます。又「節分草」は花芯のブルーが色濃くその鮮やかさは、清らかな乙女か聖少女なのかと想ってしまう…。 “ 春よ春 野山の調べの 風に揺れ 触れてみるかな 愛しき汝に ” ( 2016/03/09(水) 08:03 )

2738.秋の月 > 早春の白い妖精芹葉黄蓮(セリバオーレン)・・・世界卓球女子の試合を観ていたら…blogに咲いた小さな白い妖精芹葉黄蓮の花キラキラとして美しいです。花言葉は「揺れる心」だそうですが…私は「気丈な心、健気な心」寒さに震えながら咲くこの花が愛おしく感じます。戦う女子卓球選手達も、白い妖精…とても美しいです…。 ( 2016/02/29(月) 23:13 )

2737.秋の月 > ♪♪もうすぐ春ですよ〜・・・雨上がりの日曜日、何時もの山歩きに出掛けました。木々が芽吹く、沢の流れは春の音、小鳥が唱う…私は心地良い太陽を浴びて元気を貰う‼︎ それが一番嬉しい。。。畦道を歩いていたら何時ものように春の花が咲いている…そんな風景が好きだった…。最近やたら目につく「太陽光発電装置」良いのかどうか疑問に思いながら…失われてゆくであろう田園風景を感じたのです。。。 ( 2016/02/22(月) 14:25 )

2736.秋の月 > 子守唄が聞こえる・・・日本の子守唄には「悲哀」がある。悲しさ、哀れさ、惨めさ、さまざまに入り混じった切なさ…がある。幼い子供が、奉公先で、子守りをする。赤児も子守りも切ない子守唄。。。作今のニュースには、その子守唄が無い。子守唄とは、親子の絆の始まりであり、母を想い出し、人の心や、涙、勇気や、希望、優しさ、夢を育むものである。。。古くから伝わる日本の子守唄には「悲哀」がある事も忘れてはならない。虐待、虐め、少子化の問題等など…スピード化した現代…そんなに急いでどうするの…今や、子守唄を唄いながら「憲法」を考えるべき…西部ゼミ先生の一言、然りであります。。。 ( 2016/02/10(水) 14:13 )

2735.秋の月 > ふりかえれば未来・・・小出裕章氏のメッセージは国民の誰もが、痛感する問題であります。私達の過去には、戦争と原子爆弾、その終戦後の日本、国民は、どうして立ち直ろうか…⁈ と路頭に迷った時代であった。経済発展と共に豊かになった日本、しかし、今、電気が止まったら…どうする事も出来無い。昨日福井県高浜原子力発電所のスイッチが入ったのである…。人は、無常の明日に向かって生きる、生きてきた。。。私が歩く三草山には15〜20基の炭焼き窯跡がある。そのどれもが崩れ落ちていますが、木炭の歴史は30万年前で有り、備長炭は、江戸時代弘法大師空海が、中国で学び日本へ広めたそうです。。。炭の歴史であったのです。。。 ( 2016/01/30(土) 21:53 )

2734.秋の月 > 初雪のあさがきた・・・私は空を見る…白銀の風景は、幾つになっても童心に返る。お日様もまだ…暫く眺めていたら「おお寒む〜」初雪だった。この週末も寒波襲来の予報…適確に天気予報は伝わる時代になった。その人間の叡智と自然界の法則が上手く絡み合い、そして、春を待ちましょう。。。♪♪ 野に咲く花のように 生きてゆけたらすばらしい ♪♪ そんな時こそ野の花の けなげな心を知るのです ♪♪ 二週間もすれば、節分草が咲くのです。。。 ( 2016/01/21(木) 18:22 )

2733.秋の月 > 朝起きたら・・・小林万里子が歌う投げやりの歌、ブルースなのかジャズなのか知らない一応は聴いてみた…彼女の場合朝は、夜なのであろう…。私が朝起きたら…一番に空を見る。朝日が輝いて家々の屋根には、霜が降り、今日も良いお天気「さあ‼︎ 歩こう」である。先日、古道から頂上まで歩いた。懐かしい展望は360度に広がり美しかった…。方位盤は盗難にあったと教えてくれた人がいた。「銅版ですからお金になるんですよ」「そうですか」と愛想のない返事をして三草コースを下山したのはよいけれど可なりの時間をかけてゆっくり慎重に下山した…。トンビが空を舞う、光る海、播州平野、麓の風景が近づいて来る…その何もかもが新鮮で有りました。。。 ( 2016/01/16(土) 19:46 )

2732.秋の月 > 光る海・・・“ 光る海 三草の山の 徒然に 幾度眺めし ふるさとの道 ” ( 2016/01/13(水) 17:17 )

2731.秋の月 > 三草山に魅せられて…昨日も、今日も、古道ビューポイント迄、私が心に呟いた今年の課題は、頂上尾根歩きである。大人の隠れ家から池畔周回を達成出来た嬉しさは、他でもない三回の手術、退院後二ヶ月目であった。頂上尾根歩きを目標に連日のように歩いた。そして昨日、足元を警戒しながら慎重にビューポイント迄歩けたのである。約一年振りの眺めは、遥か彼方まで視界は美しかった…光る海、時折の時雨の、其れらを照らす空に雲、その美しい光景は、只々嬉しかった…。今日もお天気が良かったので同じコースを登り、西池畔周回を歩いて満足感イッパイで有りました。。。 ( 2016/01/08(金) 21:12 )

2730.秋の月 > ウィーンフィル ニューイヤーコンサート2016・・・お正月早々ニューイヤーコンサートが居ながらにして鑑賞出来るなんてハッピーなことです。アップしてくれたTokiraさんに「ありがとう❗️」の拍手👏を送ります。クラシックを聴くことなど無かった私でした。パソコンって便利ですよね。画面を最大にして我が家でニューイヤーコンサート楽しいです。。。 ( 2016/01/05(火) 08:51 )

2729.秋の月 > 沢沿いを下る・・・この沢沿いをお正月二日に歩いた。帰省している息子が私の初歩きに付き合ってくれたのである。何時もの大人の隠れ家で休憩して「さあ〜」どの道を下ろうか?「炭焼き窯跡を見せるわね!お母さんの好きな道だからね」沢沿いの道は自然そのまま、朽ちた倒木、苔蒸した沢、崩れかけた炭焼き窯跡など…感動していましたねぇ〜。「お母さんはこう言う所を歩いていたのか⁉︎」と…。美しい昭和池、大人の隠れ家の風景、沢沿いの道…Tokiraさんの画像に又々感動して…三草古道を再生した縄師Kさんに「ありがとう❗️」ええ山友にめぐり逢えたこと…嬉しさイッパイ…感謝感激でございます。。。 ( 2016/01/04(月) 10:48 )

2728.秋の月 > 明けましておめでとうございます。 健やかで穏やかな年でありますよう祈っています。今年もよろしくお願い申し上げます。今朝は、雲海が出て綺麗でした。明るい年明けです。。。 ( 2016/01/01(金) 08:30 )

2727.秋の月 > いろはみち・・・“ 年の瀬に いろはにほへど 散りぬるを 病さる年 夢ゆめあらむ ” ( 2015/12/31(木) 20:45 )

2726.秋の月 > 山歩きあれこれ・・・今日は雨…天気予報は良く当たる。昨日は晴れ晴れのサンデーだった。ベランダダは太陽がイッパイ !! 冬の太陽は有難い。何時ものリハビリ山歩に出掛けました。昭和池は翡翠色に輝いて…その美しい眺めは心を癒してくれる…落ち葉を踏みしめ歩く…今日は西池畔周回山歩道、満水の池は太陽を浴びてキラキラ光る。何度も歩いているけれど飽きない美しさがある。三草山に魅せられて…色々コースの楽しみ方色々を楽しんで下山した東屋で色々談義に花が咲く…健康は足元に有りを実感するのでした。。。 ( 2015/12/21(月) 14:21 )

2725.秋の月 > 修復されていた案内板・・・♪♪ 幸せなら手をたたこう ♪ 幸せなら態度でしめそうよ ♪ さあ皆んなで手をたたこう♪♪ 今日も歩いた三草山…。善意の人がいる…笑顔で過ごせる時がある…悲しい思いをする時がある…どうせなら笑顔になりたい…今日はそんな日。。。懐かしい坂本 九ちゃんの歌を唄いながら…足取り軽くね。。。 ( 2015/12/19(土) 16:55 )

2724.秋の月 > サクマのドロップ・・・このドロップにはカンカン入りと、五円玉の様に穴の空いたフルーツ味を紙で包装した物、これは、飴が溶けてくるので好ましくありませんでした。後に缶入りが普及してきた記憶があります。カラカラと音のする蓋をスブーンで開けると、フルーツの味が漂い何味が出てくるかワクワクしたものです…ハツカ味は嫌いだったけど…贅沢なおやつの懐かしさが有ります。今も懐かしく…時々はカバンの中に入れていますねぇ〜。 ( 2015/12/16(水) 12:07 )

2723.秋の月 > 今日、炭焼き窯跡を歩いた・・・私のリハビリ山歩は日増しに元気を取り戻してくれるようです。何時もの様に、大人の隠れ家で休憩して、気になる炭焼き窯跡コースを下山した。1年以上も歩いていないこのコースは、2日前の雨嵐の後後でも有り随分荒れて居ました。苔むした森は薄暗く、テープを頼りに増水した沢を右へ左へと渡るスリル満点の沢歩き、椿の花が落ちて咲く…久々に味わう山歩道でした。。。 ( 2015/12/13(日) 19:43 )


ページ: |< << 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb