[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
激動する現代 戦争と平和

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL



12757.「7月参院選は違憲で無効」 一票の格差で高裁支部 返信  引用 
名前:伊豆利彦転載    日付:2013/11/29(金) 15:38
朝日 2013年11月28日13時16分

 【岡本玄、長谷川健】「一票の格差」が最大で4・77倍になった7月の参院選は法の下の平等を定めた憲法に違反するとして、弁護士グループらが選挙の無効を求めた2件の訴訟の判決が28日、広島高裁岡山支部であった。片野悟好(のりよし)裁判長は「投票価値の不平等は甚だ顕著だ。国会には選挙制度を抜本的に改革する責務があった」と述べて裁判の対象となった岡山選挙区の選挙を違憲・即時無効とする判決を言い渡した。

以下全文

http://digital.asahi.com/articles/OSK201311280004.html?iref=comkiji_redirect
ntkngw576002.kngw.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp (116.82.51.2)



12758.国会の怠慢断罪 小手先の是正認めず 参院選、高裁岡山判決
名前:伊豆利彦転載    日付:2013/11/29(金) 15:48
朝日 2013年11月29日05時00分
以下全文

 国会の「怠慢」に、しびれを切らしたかのような指摘が並んだ、28日の広島高裁岡山支部の判決。「投票価値の平等は憲法の要請」として違憲判断を導いた内容に、「一票の格差」訴訟に取り組む弁護士らは「完璧な判決」と気勢を上げる。ただ、最高裁のハードルは高そうだ。一方、次期参院選をにらんで法改正を議論中の国会だが、「見通しは甚だ不透明」とする判決の見方通り、与野党の思惑は一致しない。

http://digital.asahi.com/articles/TKY201311280559.html?iref=comkiji_redirect ntkngw576002.kngw.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp (116.82.51.2)

12753.日々通信 第318号 いま、新しく開かれる漱石の世界 返信  引用 
名前:伊豆利彦    日付:2013/11/29(金) 11:42
日日通信」を更新しました。

古い日本を取り返すという安倍内閣は、戦争に備えると称して、戦争のための政治を進めている。秘密保護法案はあの戦争時代の悲惨な記憶を切実に思い起こさせる。日本は亡びるのではないか。戦争の時代を生き、戦争の時代に死んだ漱石の生涯と文学が、死を間近に控え、迫ってくる戦争の足音を感じる私にはますます切実な意味を開示する。、

本文URL

http://tizu.cocolog-nifty.com/heiwa/2013/11/318-7497.html
ntkngw576002.kngw.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp (116.82.51.2)

12744.特定秘密保護法案、強行採決で衆院委通過 維新は退席 返信  引用 
名前:伊豆利彦転載    日付:2013/11/26(火) 14:08
朝日 2013年11月26日11時41分

 自民、公明両与党は26日午前の衆院国家安全保障特別委員会で、みんなの党と日本維新の会とまとめた特定秘密保護法の4党修正案の採決を強行し、自民、公明、みんなの賛成多数で可決した。修正案は同日午後の衆院本会議で緊急上程され、衆院通過する見通し。25日の同委の地方公聴会での意見を踏まえず、修正案の審議もほとんどしない中での採決で、法案に反対する野党の反発は必至だ。

秘密保護法案特集ページ

以下全文

http://digital.asahi.com/articles/TKY201311260090.html?iref=comkiji_redirect&ref=com_top6_1st
ntkngw576002.kngw.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp (116.82.51.2)



12749.何が秘密かわからない「秘密保護法」、民意は
名前:伊豆利彦転載    日付:2013/11/27(水) 13:39
神奈川 2013年11月27日

 恣意的な秘密の指定、何が秘密なのか知らされず、しかも永久に秘密のままな恐れ、厳罰化による市民社会の萎縮−。数々の懸念を置き去りにしたまま、特定秘密保護法案が衆院を通過した。自民、公明の与党は数の力を頼りに採決を強行し、修正協議で合意したみんなの党、日本維新の会の野党はその補完勢力にすぎないと自ら示した。「審議が不十分」「民意を軽視している」。法案の中身だけでなく、そのプロセスが浮き彫りにした民主主義の危機に市民の反発は高まった。

 「当初は法案について知らない市民も多かったが、次第に危機感を持つ市民が増え、反対の声が増えていった。与党が採決を急いだのは、世論の高まりを恐れてのことではないか」

 社会問題を考える市民グループ「時を見つめる会」の中西綾子さん=横浜市青葉区=は、そう憤る。

以下全文

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1311270014/ ntkngw576002.kngw.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp (116.82.51.2)


12750.冤罪生んだ権力の乱用、横浜事件元被告の遺族らが訴え
名前:伊豆利彦    日付:2013/11/27(水) 13:48
神奈川 2013年11月26日

 戦時下最大の言論弾圧とされる「横浜事件」で治安維持法違反に問われ、有罪判決を受けた元被告の遺族らが、特定秘密保護法案に反対している。秘密の範囲が曖昧なため、治安維持法がそうであったように権力の乱用を招く恐れを抱いているからだ。あの時代の再来を許してはならない−。歴史を踏まえ、法案に潜む危険性を訴える。

 父の無実が証明された再審裁判から3年余り、斎藤信子さん=横浜市中区=は、再びあの母の姿を思い出すことになるとは考えてもいなかった。

 「母は『怒りで目から火が出た』と言っていた」

 第1次再審請求を退ける通知が裁判所から届き、体を震わせた母の小野貞さん。その姿に権力が内在する暴力性を知る。「再審裁判が終わってほっとしていたところだったのに…。母をずっと見てきた身として、黙ってはいられなかった」。特定秘密保護法案の審議が進むなか、反対の声を上げようと決めた。

以下全文

http://news.kanaloco.jp/localnews/article/1311260002/ ntkngw576002.kngw.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp (116.82.51.2)


12751.疑問、参院で追及を 高見勝利さん、大田昌秀さん 秘密保護法案、衆院通過
名前:伊豆利彦    日付:2013/11/28(木) 02:24
2013年11月27日05時00分

 ■「再考の府」務めを 上智大教授(憲法)・高見勝利さん

 二院制のもとで、参院には「再考の府」としての役割があります。第一院である衆院から来た法案に問題がある場合、しっかりとしたセカンドオピニオンを出して再考を促すのです。

 同時に、二院制には拙速を避けるという機能もあります。英国の第二院である上院は「遅延の府」と呼ばれる。法案の成立を約1年遅らせることも可能で、法案の問題点を徹底的に議論し、国民の不安の解消に努めるのです。

 法案への疑念が深まれば廃案になるし、疑問が解消されれば一定の修正で成立することもある。日本の参院にも、国民世論と対話する役割が期待されます。

以下全文

http://digital.asahi.com/articles/TKY201311260757.html?iref=comkiji_redirect ntkngw576002.kngw.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp (116.82.51.2)

12745.国立大教員に年俸制 文科省、競争を導入・退職金廃止 返信  引用 
名前:真理子転載    日付:2013/11/26(火) 22:09
朝日 2013年11月26日20時02分

 【村上宣雄】国立大学の教員の給与について、文部科学省は、年功序列を改めて退職金を廃止し、業績を反映させる年俸制への転換を進める方針を決めた。「競争がなく、ぬるま湯体質だ」との批判もある国立大の組織全体の活性化を進めるのが狙いで、26日にまとめた「改革プラン」で示した。当面の目標として、理工系を中心に2015年度末までに1万人を年俸制に切り替えるとしている。

http://www.asahi.com/articles/TKY201311260158.html?ref=com_top6
27-141-90-41.rev.home.ne.jp (27.141.90.41)



12747.Re: 国立大教員に年俸制 文科省、競争を導入・退職金廃止
名前:伊豆利彦    日付:2013/11/27(水) 05:32
業績中心の年俸制で、科学者の研究意欲意欲を高めるのが狙いだというが、その評価は誰がするのか。基本的研究費を削減し、金の力で科学者の研究を国家や企業の要求に従属させようとするものだ。その危険は原発開発に果たした科学者の役割で明らかだ。原発の危険を解いた科学者の業績は評価されず、科学者が全面的に企業と国家に支配された結果、日本の原子力研究を偏向させ、悲惨な結果を招いた。今もなお、適切な対策をたてられず、被害を拡大させている。戦争中も戦争を推進し、する軍事力強化する研究ばかりが評価され、その結果があの悲惨な戦争だった。
http://digital.asahi.com/articles/TKY201311260740.html?iref=comkiji_redirect&ref=com_top6_1st ntkngw576002.kngw.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp (116.82.51.2)


12748.Re: 国立大教員に年俸制 文科省、競争を導入・退職金廃止
名前:真理子    日付:2013/11/27(水) 06:39
流行の研究だけがもてはやされ、数学や人文科学は衰退の一途をたどるのではないか。大学内が混乱し、次第に学問の自由もなくなるのではないか。政府に追従している官僚はいったい何を考えているのか。 27-141-90-41.rev.home.ne.jp (27.141.90.41)

12746.WTO交渉、合意断念 部分妥結も困難に 返信  引用 
名前:伊豆利彦転載    日付:2013/11/27(水) 04:59
朝日 2013年11月27日02時35分

 【ジュネーブ=前川浩之、ロンドン=星野真三雄】世界貿易機関(WTO)のアゼベド事務局長は26日の記者会見で、2001年に始まった多角的貿易交渉(ドーハ・ラウンド)について、「意見の収束は見られなかった」と述べた。一部分野での合意をめざしていたが、事実上断念することになった。

以下全文

http://digital.asahi.com/articles/TKY201311260740.html?iref=comkiji_redirect&ref=com_top6_1st
ntkngw576002.kngw.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp (116.82.51.2)

12743.秘密保護法 外交文書 さらに国民から遠のく 返信  引用 
名前:伊豆利彦転載    日付:2013/11/26(火) 13:56
11月26日(火)信濃毎日社説


 ただでさえ、十分に開示されていない外交文書が、ますます国民から遠ざかる。特定秘密保護法で危ぶまれることの一つだ。

 特定秘密に指定されたものは半永久的に隠されかねない。修正合意で期間を最長60年とする一方、7項目の例外を設けるとしている。「これらに挙げる情報に準ずるもので、政令で定める重要な情報」も含まれる。これでは歯止めにならない。

 情報開示に後ろ向きな政府の姿勢を端的に示すのが、1972年の外務省機密漏えい事件だ。沖縄返還に伴い、米軍用地の原状回復補償費400万ドルを日本側が肩代わりする―との密約情報を入手した新聞記者の西山太吉さんが逮捕され、有罪が確定した。


[JCJふらっしゅ]2013/11/26 2324号による 

以下全文

http://www.shinmai.co.jp/news/20131126/KT131125ETI090002000.php
ntkngw576002.kngw.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp (116.82.51.2)

12738.特定秘密保護法案 成立ありき 与党拙速 修正案提出前に採決要求 返信  引用 
名前:伊豆利彦転載    日付:2013/11/24(日) 08:35
東京 2013年11月24日 朝刊

 機密を漏らした公務員らへの罰則を強化する特定秘密保護法案について、自民、公明の与党は、日本維新の会、みんなの党と修正合意した。ところが合意を条文化した修正案は、まだ国会に提出されていない。それなのに、与党は今国会成立に間に合わせようと二十六日の衆院通過にこだわり、衆院での審議をほとんど素通りしようとしている。 

以下全文

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013112402000099.html
ntkngw576002.kngw.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp (116.82.51.2)



12739.「軍事情報はやばい」その雰囲気が恐い 基地監視団体
名前:伊豆利彦転載    日付:2013/11/24(日) 08:45
朝日 2013年11月23日23時23分
http://digital.asahi.com/articles/TKY201311230175.html?iref=comkiji_redirect&ref=com_top6

 【其山史晃】「追跡!在日米軍」を掲げ、17年間にわたり全国の米軍基地の動きをウオッチし、インターネットで発信し続けてきた市民団体がある。メンバーは、特定秘密保護法案の行方を不安な思いで見守っている。「軍事=秘密」という風潮を招かないか――。

以下全文

http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013112402000099.html ntkngw576002.kngw.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp (116.82.51.2)


12740.Re: 特定秘密保護法案 成立ありき 与党拙速 修正案提出前に採決要求
名前:伊豆利彦転載    日付:2013/11/24(日) 09:10
浦賀にある私の家から浦賀水道がよく見える。原子力空母の出入りも見守ることができる。戦時中はこの辺は山林で、家を建てることも、ヌ闇に立ち入ることもできなかった。山陽本線を汽車で通ると、所々で海よりの窓を遮蔽させられた。ちょっとした雑談の片端が秘密漏洩としてとがめられた。戦争はたしかに多くの軍事秘密を作り出す。古い日本を取り戻すと主張する安倍内閣が成立してから、戦争時代の日本を思い出させる法律が次々に提案されるが国民の抵抗は強く、かえって政府を追いつめる事態を生み出している。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013112402000099.html ntkngw576002.kngw.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp (116.82.51.2)


12741.あなたが狙われる 廃案しかない秘密保護法案 この怖さ
名前:伊豆利彦転載    日付:2013/11/24(日) 09:23
しんぶん赤旗 2013年11月23日(土)

 国会で審議中の秘密保護法案への不安や懸念が今、国民のあいだに急速に広がっています。それは、法案が国民の目、耳、口をふさぎ、憲法が保障する基本的人権をじゅうりんする「新しい治安維持法」(日本共産党の志位和夫委員長)であることが明らかになってきたからです。矛先は国民全体に向けられています。与党は26日にも採決を狙いますが、法案はきっぱり廃案にする以外にありません。

以下全文

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-11-23/2013112301_01_1.html ntkngw576002.kngw.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp (116.82.51.2)


12742.(秘密保護法案)時代にそぐわぬ物騒さ 菅原文太さん
名前:伊豆利彦転載    日付:2013/11/26(火) 10:30
朝日 2013年11月25日22時38分

 なんとも言えない違和感をおぼえています。「特定秘密保護」という物騒な言葉に。戦争を知らない世代は、そうは感じないのでしょうか。

 小学生の時に太平洋戦争が始まり、やがて負け戦になっていくと世の中の雰囲気が変わったのを覚えています。腕章を着けた憲兵が街を歩き、大人たちはものを言わない時代でした。

 いろんな問題はありますが、今の日本はまだ平和です。国内に不穏な動きがあるわけでもないのに、何の必要があって時代にそぐわない法案が出てきたのか。

以下全文

http://digital.asahi.com/articles/TKY201311250467.html?iref=comkiji_redirect ntkngw576002.kngw.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp (116.82.51.2)

12735.一票の格差 しっかりしろ、最高裁 返信  引用 
名前:伊豆利彦転載    日付:2013/11/21(木) 12:33
中日【社説】2013年11月21日

 こんな理屈に合わない判決はない。一人別枠方式という“病根”が解消されないのに、最高裁は昨年の衆院選を「違憲状態」とした。一票の格差は続く。「憲法の番人」たりうるだろうか。

 一人別枠方式とは、あらかじめ四十七都道府県に一議席ずつ配分する、地方配慮の選挙制度である。これが一票の格差をもらたす原因だと指摘したのは、二〇一一年の最高裁大法廷である。“病根”のありかを具体的に明示したわけだ。

 国会は判決から一年八カ月も経過した、昨年の解散間際に規定の削除はした。そして、〇増五減法を決めた。これは目くらましの手法だ。同方式を実質的に温存した制度だからだ。

以下全文
http://www.chunichi.co.jp/article/column/editorial/CK2013112102000106.html
ntkngw576002.kngw.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp (116.82.51.2)



12737.Re: 一票の格差 しっかりしろ、最高裁
名前:伊豆利彦転載    日付:2013/11/22(金) 14:41
国会は違憲状態の判決が4度も出たのに、膏薬張りのごまかしをするだけで、本格的な対策を立てようとしない。違憲状態の国会が違憲臭い秘密保護法案を作って、国民の知る権利を奪おう賭している。これで人権を尊重する民主国家とは驚きだ。この秘密保護法はこの違憲状態国会が目指す集団自衛権と不可分だ。こうして憲法改正をせずにこの違憲状態国会は、国民が反対する憲法改正を実質的に実現しようとしている。ナチスに学べという麻生副首相の発言はこうして実現される。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131121-00000034-rcdc-cn ntkngw576002.kngw.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp (116.82.51.2)

12736.日中衝突を海外メディアが懸念、日本が中国の強硬姿勢に強い不満―中国紙 返信  引用 
名前:伊豆利彦転載    日付:2013/11/21(木) 21:52
Record China 11月21日(木)20時40分配信

2013年11月20日、環球時報によると、日本の大企業トップで構成される日中経済協会の訪中団が19日、北京で中国の汪洋(ワン・ヤン)副首相との会談を実現させたが、習近平(シー・ジンピン)国家主席との会見はかなわず、日中関係について中国側は依然として態度を軟化させていない。

世界社会主義者ウェブサイト(WSWS)は米国のアジアを軸とする外交戦略が世界第2・第3の経済大国を衝突に向かわせていると指摘し、日中両国政府間の挑発的な言動の背景には大規模な軍事演習があると伝えた。

以下全文
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131121-00000034-rcdc-cn
ntkngw576002.kngw.nt.ftth.ppp.infoweb.ne.jp (116.82.51.2)


ページ: |< << 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 >> >| 

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb